家庭用蓄電池と太陽光発電を組み合わせるメリットとデメリットは?

2019年5月より家庭用蓄電池の補助金「平成31年度『災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金』」の受付がスタートします。
上限金額は60万円の大型補助金です。
補助金の予算は38.5億円、件数にしておおよそ15,000件程度が見込まれています。

2019年度中に固定価格買取期間が終了する56万人のほとんどが蓄電池の導入を検討するであろうことを考えると、この補助金が争奪戦になることは確実です。

補助金は先着順ですので、蓄電池をご検討中の方はお早目にご依頼ください。

2019年度蓄電池の補助金について詳しく solar-partners.jp
カテゴリ: 蓄電池

太陽光発電の設置を検討している方、もしくは既に太陽光発電を設置している方なら、必ず一度は家庭用蓄電池を導入すべきか迷ったのではないでしょうか。
太陽光発電について当社にご相談いただく方も、ほぼ全員が「家庭用蓄電池もセットで導入するべきか?」という点を悩んでいます。

なぜ誰もが家庭用蓄電池を設置すべきか迷っているのかというと、その製品のメリットがわかりにくいからです。
太陽光発電であれば、「太陽光で電気を作って使ったり売ったりできる」というわかりやすいメリットがあります。
しかし、家庭用蓄電池は、「電気を貯めることができるもの」という漠然とした認識しかもたれていないことが多く、そのメリットをはっきり理解している人はほとんどいません。

この記事では家庭用蓄電池の導入を迷っている方が損をすることがないように、知っておくべき内容をまとめました。

現在太陽光発電を検討中の方も、既に太陽光発電を設置している方も、後悔することのないように読んでみてください。

家庭用蓄電池とは

まずは家庭用蓄電池とは何なのか、ということから説明したいと思います。

家庭用蓄電池とは電力会社から買った電気や、太陽光発電が作った電気を貯めて、使いたいときに放電することができる機器です。

パナソニックのエネループのような、充電式の乾電池とほとんど同じ役割です。
ただ、当たり前ですが乾電池と家庭用蓄電池が違うのはその規模です。

乾電池はせいぜい懐中電灯ぐらいのしか動かすことができませんが、家庭用蓄電池は大量の電気を貯めることができ、放電するときには冷蔵庫など消費電力の大きな機器を含め、同時にいくつもの電化製品を動かすことができます。

この蓄電池については、国も「経済産業省 蓄電池戦略プロジェクトチーム」を立ち上げるほど力を入れていますし、新聞などのメディアも頻繁に取り上げており、非常に注目を集めています。

家庭用蓄電池が注目されている理由

家庭用蓄電池が注目されているのには大きく3つの理由があります。

家庭用蓄電池が注目されている理由1.
太陽光発電が普及したこと

家庭用蓄電池に注目が集まっている一番大きな理由は「太陽光発電が普及したこと」です。

蓄電池は急速に普及が進んでいる太陽光発電の弱点を補ってくれる製品として注目を集めています。

太陽光発電は屋根や土地に設置をしておくだけで日中に発電をしてくれますが、その反面、夜間や雨の日には電気を生み出すことができません。

つまり、太陽光発電には発電量に波があり、コントロールできないという弱点があります。

しかし、蓄電池があれば、晴れている日の日中に太陽光発電が発電した電気を貯めておいて、夜間や雨の日に放電することができるので電気の供給量のコントロールが可能になります。

蓄電池は再生可能エネルギーの主力である太陽光発電の弱点を補ってくれるので、これほどまでに注目されているのです。

家庭用蓄電池が注目されている理由2.
自然災害による停電が発生したこと

家庭用蓄電池にこれだけ注目が集まった背景には、ここ数年の間に日本各地で自然災害による停電が数多く発生したということもあります。

特に2018年9月6日に発生した平成30年北海道胆振東部地震では北海道全域が停電に陥る「ブラックアウト」に至ったため、災害時にも電気を貯めておいて使うことができる蓄電池の安心面に注目が集まる大きなきっかけになりました。

家庭用蓄電池が注目されている理由3.
2019年問題

家庭用蓄電池が注目されている理由として、最後に挙げるのが2019年問題です。

2019年問題とは2019年に約56万件の太陽光発電の固定価格買取期間が終了することを指しています。

固定価格買取期間が終了した後には売電価格の大幅な引き下げが予想されているため、電気を売らずに貯めて、自家消費したほうがお得になります。

そこで、蓄電池があれば、太陽光発電がつくった電気を貯めて、家庭で自家消費することができるので検討する人が非常に増えているのです。

2019年問題について詳しく solar-partners.jp

ズバリ、家庭用蓄電池は買った方がいいのか?

太陽光発電を検討していて「蓄電池もセットで買うか、それとも後付けするか」と迷っている方は多いと思います。

結論を言うと、予算が確保できるのあれば太陽光発電とセットで蓄電池も購入した方がいいです。

それは、蓄電池には後で紹介するメリットがあるため、すぐに設置をしなかったとしても後付けする可能性が高いからです。

それであれば、蓄電池は太陽光発電と同じタイミングで設置してしまった方が設置費用が割安になるのでお得です。

なぜ太陽光発電と同じタイミングで設置してしまった方が設置費用が割安になるかというと「工事が一回で済むので工事代が割安になる」「パワーコンディショナーが一台にまとめられる」という理由があるからです。

予算の事情がないのであれば、蓄電池もセットで検討をするのがおすすめです。

太陽光発電・蓄電池は複数社の比較が基本

太陽光発電・蓄電池をご検討するときには複数社の提案を比較するのが基本です。

ソーラーパートナーズでは、太陽光発電と蓄電池いずれのご提案にも対応している業者を最大3社ご紹介することができます。
審査を通過した優良企業だけをご紹介しますので、安心しておまかせください。

家庭用蓄電池のメリット

蓄電池の主なメリットは以下の通りです。

家庭用蓄電池の主なメリット
  1. 停電時に電気が使える
  2. 太陽光発電の電気を自家消費できる
  3. 深夜の割安な電気を貯められる

それぞれ詳しく解説します。

メリット1.
停電時に電気が使える

停電蓄電池があれば、停電が起きたときにも太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めて、必要な時に使うことができます。
例えば、蓄電容量7.2kWhの蓄電池がフル充電の状態であれば、以下の電子機器を12時間使用し続けることができます
(フル充電は3時間程度で完了します。)

7.2kWhの蓄電池で同時に12時間使い続けられる電子機器

停電時に電気を使えないとどれぐらい困るのかというのはなかなかイメージしにくいと思いますが、電気が使えないとどんなことが起こるでしょうか。

例えば冷蔵庫が使えずに食品が全て腐ってしまうかもしれませんし、携帯電話の充電ができずに連絡が途絶えてしまうかもしれません。

赤ちゃんのいる家庭であれば、お湯を沸かすことができずにミルクが作れないということも考えられます。

実際に北海道のブラックアウトを経験した方の中には、蓄電池の必要性を強く感じ、すぐに蓄電池を購入した方もいました。

実際に災害が起こる前に蓄電池を導入しておくのは賢明な判断と言えるはずです。

メリット2.
太陽光発電の電気を自家消費できる

蓄電池があれば、太陽光発電の固定価格買取期間終了後も電気の自家消費比率を増やすことで、経済メリットを大きくすることができます。

太陽光発電でつくった電気を高額で売電できる「固定価格買取期間」は10年間(10kW以上は20年間)と決められており、11年目以降は売電価格が大幅に引き下げられます。

具体的な売電価格は各電力会社がそれぞれに設定した金額となりますが、経産省の想定では11円/kWh程度とされています。

一方、電力会社から購入している電気料金は25円/kWh程度です。

つまり、11円で売るはずだった太陽光発電がつくった電気が、蓄電池に貯めてご家庭で消費すれば25円の価値を持つということです。

これから固定買取期間が終了する方が、急いで蓄電池の検討を進めているのはこれが理由です。

自家消費のメリットについて詳しく solar-partners.jp

メリット3
深夜の割安な電気を貯められる

contents_img08

大容量&高出力で、安心も大きい
ハイブリッド蓄電システム|ニチコン

深夜の割安な電気を貯めて日中に使うことができるのも、蓄電池のメリットの一つです。

一般的に、蓄電池を導入すると、電力会社との契約を深夜が安く、日中が高い料金プランに変更します。
オール電化を導入済みの方は既にそのような料金プランになっているかもしれません。

そして、深夜帯の安い電気を蓄電池に貯めて、貯めておいた電気を日中の電気代が高い時間帯に使うことができます。

深夜の割安な電気代と、日中の割高な電気代の差額分が経済メリットとなります。

このように蓄電池には、安心面、経済面それぞれにメリットがありますので導入する方が非常に増えているのです。

家庭用蓄電池のデメリット

しかし、家庭用蓄電池にもデメリットがないわけではありません。

家庭用蓄電池のデメリットについても確認しておきましょう。

デメリット1.
初期投資費用が必要になる

やはり家庭用蓄電池を導入する上で最もネックになるのが初期投資費用が必要になるという点です。

蓄電池の導入によって経済効果が生まれるとはいっても、一時的に手元のキャッシュがなくなってしまうのはデメリットと言えます。

初期投資の負担を軽減するためにはローンを活用するという方法があります。

これから太陽光発電を購入する方は、太陽光発電と一緒にローンに組むことができますし、太陽光発電を既に設置済みの方は、蓄電池単体でもローンを組むことは可能です。

蓄電池が経済メリットを生んでくれますので、実質的にはわずかな負担で導入することが可能です。

デメリット2
蓄電池は徐々に劣化する

家庭用蓄電池のデメリットとして、次に挙げるのが、蓄電池の劣化です。

蓄電池は性質上、充放電を繰り返すごとに蓄電可能容量が減っていくという特性があります。

劣化のしやすさはメーカーによって異なりますので、メーカー選びの際の一つの判断材料にしましょう。

デメリット3.
設置スペースが必要になる

img_dim_kp-bu65-a_a

太陽光発電用 ハイブリッド蓄電システム KP55Sシリーズ|オムロン

蓄電池を検討するときについ忘れがちなのが設置スペースが必要になるということです。

10年以上設置をする蓄電池ですので、設置スペースを確保できるかも考えて検討するようにしましょう。

屋内に蓄電池の設置スペースがない場合には、屋外に設置できるタイプの蓄電池を選ぶという選択肢もあります。

例えば、高寿命の蓄電池として紹介した東芝エネグーンは、屋外設置タイプの蓄電池です。

また、屋内用の蓄電池でもコンパクトなサイズの製品を選ぶという選択肢もあります。

例えばオムロンの蓄電池KP-BU65-Aは横452mm×高さ656mm×奥行き120mmと非常にコンパクトです。

家庭用蓄電池の価格

家庭用蓄電池の価格は複合的な要因によって上下するため、相場をお伝えすることができないのですが、以前に比べてかなり価格が安くなっています。

以下にソーラーパートナーズを利用して、太陽光発電と蓄電池を設置したお客様の設置費用例を掲載しますので是非参考にしてみてください。

広島県のお客様 太陽光発電と蓄電池の設置費用
メーカー 太陽光発電容量 蓄電池容量 設置費用
パナソニック 6.375kW 5.6kWh 3,078,500円
大阪府のお客様 太陽光発電と蓄電池の設置費用
メーカー 太陽光発電容量 蓄電池容量 設置費用
シャープ 5.460kW 6.5kWh 2,214,000円
北海道のお客様 太陽光発電と蓄電池の設置費用
メーカー 太陽光発電容量 蓄電池容量 設置費用
Qセルズ 4.85kW 6.5kWh 2,484,000円

ソーラーパートナーズは共同購入制度で低価格を実現

ソーラーパートナーズでは全国の認定企業の仕入れを束ねる「共同購入制度」で、全国トップクラスの低価格での仕入れを実現していますので低価格で提案が可能です。

また、契約内容は全件本部がチェックしますので、登録企業が割高な契約を結ぶことを許しません。

実際に、2018年度のデータではソーラーパートナーズ認定企業の契約価格は全国平均をおおよそ30万円下回っています。(太陽光発電が5kWの場合)

低価格で提案してくれる業者をお探しでしたらお気軽にご依頼ください。

家庭用蓄電池の補助金

2019年5月から、2019年度の家庭用蓄電池の補助金「平成31年度『災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金』」の受付がスタートします。
上限金額は60万円の大型補助金です。
補助金の予算は38.5億円、件数にしておおよそ15,000件程度が見込まれています。

2019年度中に固定価格買取期間が終了する56万人のほとんどが蓄電池の導入を検討するであろうことを考えると、この補助金が争奪戦になることは確実です。

詳しくは以下の記事にまとめてあります。

2019年度蓄電池の補助金について詳しく solar-partners.jp
カテゴリ: 蓄電池

また、国の他に地方自治体も高額な補助金を支給しています。

例えば、東京都は蓄電池に対して、1戸あたり最大で60万円の補助金を支給しています。

蓄電池補助金にも対応できる業者を紹介できます

2019年度家庭用蓄電池の補助金は、補助金制度を通じて「蓄電池の価格低減を促進する」という狙いもあります。

そのため、現在の相場価格よりもかなり安い価格で契約した場合のみ、補助金が支給されるという、業者にとってはシビアな仕組みになっています。

しかし、ソーラーパートナーズ認定企業に確認したところ、ほとんどの認定企業から、補助金の受給条件を満たすことは可能との回答をもらっています。

額が大きく、争奪戦になることが予想される補助金ですので、蓄電池の導入をご検討されている方はお早目にご依頼ください。

家庭用蓄電池のメーカー選びはどうするべきか

いざ蓄電池を検討しようと思うと、次に考える必要があるのがメーカー・機種選びです。

家庭用蓄電池は価格以外にもメーカーや機種ごとに以下のような違いがあります。

家庭用蓄電池 メーカー・機種選びのポイント
  1. 太陽光発電と連携可orスタンドアローンタイプ
  2. 蓄電容量
  3. サイクル寿命
  4. 特定負荷型or全負荷型

メーカー選びのポイント1.
太陽光発電と連携可orスタンドアローンタイプ

蓄電池には太陽光発電と連携できるタイプの製品と、太陽光発電とは連携せずに電力会社から供給される電気だけを蓄電できるスタンドアローンタイプの製品があります。

太陽光発電を導入する方は太陽光発電と連携できるタイプの製品を選ぶ方がほとんどですが、マンションなど太陽光発電を設置するのが難しい環境なのであればスタンドアローンタイプを導入するという選択肢もあります。

メーカー選びのポイント2.
蓄電容量

家庭用蓄電池の電気を貯めることができる容量はメーカー・機種ごとに異なります。

平均的な容量は5~7kWh程度ですが、大型のタイプでは10kWhを上回る機種もあります。

どれぐらいの容量を選ぶかについては、災害時にどれぐらい電化製品を使いたいかによって判断します。

当然、蓄電容量が多い機種ほど設置費用が高くなる傾向がありますので、費用対効果を考えて機種選定をしてください。

メーカー選びのポイント3.
サイクル寿命

メーカーや機種によって大きく異なるのがサイクル寿命です。

蓄電池は充放電を繰り返すことで徐々に蓄電可能容量が少なくなっていきます。
これをサイクル寿命と言います。

例えば、シャープのクラウド蓄電池システムの場合、約12,000回の充放電を繰り返しても初期の約70%の容量を維持できるとされています。

スマートフォンを使っている方なら、スマートフォンの充電の「持ち」が徐々に悪くなることを実感しているのではないかと思います。これはまさにサイクル寿命が減っているということです。

サイクル寿命はメーカーや機種によって異なりますので、選ぶ際の一つのポイントとなります。

住宅用「クラウド蓄電池システム※2」を発売|シャープ

メーカー選びのポイント4.
特定負荷型or全負荷型

メーカー・機種選びのポイントとして、あまりよく知られていないのが特定負荷型と全負荷型の違いです。

特定負荷型とは停電時にあらかじめ選んでおいた回路に限定をして電気が使える蓄電池です。

例えば、一階の照明や冷蔵庫を選んでおいたとすると、停電時に一階の照明や冷蔵庫を使うことはできるものの、二階のパソコンは使えない、といった具合です。

一方の全負荷型の場合には、停電時にも原則的に全ての電化製品を使うことが可能です。

現在市場に流通している蓄電池の大半は特定負荷型ですが、伊藤忠商事のSmartStarLや、4Rエナジーのエネハンドといった製品は全負荷型です。

特定負荷型に比べて全負荷型は高額になりますので、停電時の安心をどこまで求めるかでご判断ください。

蓄電池後付けの注意点

2019年問題対象者の方など、既に太陽光発電設置済みで蓄電池を後付けする場合には、いくつか注意しなければいけないポイントがあります。

例えば、既に設置している太陽光発電と異なるメーカーの蓄電池を設置する場合、太陽光発電の保証が切れてしまう可能性があります。

その逆に、同一メーカーの蓄電池をつけることで、太陽光発電の保証期間を延長するという戦略をとるメーカーもでてくるかもしれません。

いずれにしても蓄電池を後付けするときには保証面の配慮が必要です。

また、蓄電池と既存の太陽光発電に互換性があるかどうかも確かめる必要があります。

蓄電池後付けの機種選びはかなりややこしく、全てのメーカーの蓄電池が無条件に選べるわけではありません。
ご検討中の方はソーラーパートナーズまでご相談いただければ、蓄電池に精通したアドバイザーが無料でアドバイスします。

電気自動車との連系(トライブリッド蓄電システム)

蓄電池の中には電気自動車との連携ができる「トライブリッド蓄電システム」という製品もあります。

トライブリッド蓄電システムとは、「太陽光発電でつくった電気を一時的に蓄電池に貯めておき、電気自動車がご自宅に戻ってきてから、貯めておいた電気を電気自動車に移すことができる」という機器です。

電気自動車をお持ちのご家庭であればトライブリッド蓄電システムも一度検討してみるといいと思います。

トライブリッド蓄電システムについては以下の記事で解説していますので気になる方は読んでみてください。

トライブリッド蓄電システムについて詳しく solar-partners.jp
カテゴリ: 蓄電池

蓄電池の種類

最後に予備知識として、蓄電池の種類について簡単に紹介します。
興味のある方は読んでみてください。

蓄電池の種類1.リチウムイオン電池

現在、ほとんどの家庭用蓄電池はリチウムイオン電池を採用しています。

リチウムイオン電池はスマートフォンやノートPCにも使われる現在主流の電池です。

リチウムイオン電池のメリットはエネルギー効率が高く長寿命という点です。
また、他の種類の電池と違って「メモリー効果」が発生しないという点も優れた特徴です。
メモリー効果とは、完全に放電しない状態で継ぎ足し充電をすると容量が減少したように見えてしまう現象です。
リチウムイオン電池は継ぎ足し充電をしてもほとんど容量の減少が起こらないという特徴があります。

逆にリチウムイオン蓄電池には過充電・過放電に弱いというデメリットもあります。
このデメリットを防ぐために、ほとんどの家庭用蓄電池には過充電・過放電が発生しないような仕組みが採用されています。

蓄電池の種類2.鉛蓄電池

鉛蓄電池は主に自動車のバッテリーで使われてる電池です。

鉛を使用しているため非常に重いですが、大電流での放電など激しい使い方をしても安定した性能があるという優れた特徴があります。

また、リチウムイオン電池と比べると安価だという点も特徴です。

蓄電池の種類3.全個体電池

最後に紹介するのが全個体電池です。

全個体電池とは、今後実用化が期待されている、新技術による蓄電池です。

全個体電池は、現在主流のリチウムイオン電池の電解液部分を個体にしたもので、安全性、エネルギー密度が高く、急速充電も可能と非常に期待されています。

自動車のトヨタが近い将来の実用化に向けて開発に力を入れています。

家庭用蓄電池として世間に普及するのはだいぶ先の話になると思いますが、今後に期待したいと思います。

まとめ

この記事では太陽光発電とセットで蓄電池を導入するべきかどうか、という点について書かせていただきました。

予算に余裕があるのであれば蓄電池を導入したほうが良いのは間違いありませんが、メーカーや機種選びが非常に難しいのが蓄電池です。

業者に勧められるがままに決めてしまうと損してしまうことも十分考えられます。

ソーラーパートナーズでは蓄電池について詳しい知識をもったアドバイザーが在籍していますので、蓄電池を検討しているという方はお気軽にご相談ください。

蓄電池に関連する記事

蓄電池に関連するQ&A

人気記事ランキング


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電