太陽光発電の優良工事会社ネットワーク ソーラーパートナーズ

お電話での見積り依頼・ご相談は0120-87-0130

東芝 太陽光発電システムの特徴

東芝太陽光発電システムの特徴主要製品 SPR-250NE-WHT-Jの特徴

長くシャープ、京セラ、三菱、三洋電機の4社が寡占してきた市場に中国メーカーの参入があり、そして2010年より東芝が参入しました。自社での太陽光パネルの生産を行わない東芝が提携先として選んだのは世界7位のアメリカのサンパワー社。サンパワー社は単結晶シリコンの太陽光パネルの生産に優れ高い変換効率を実現していた為、狭い日本の住宅事情にもマッチしたパネルとして採用しています。

2012年12月に同じくサンパワーのパネルを採用したシャープと、どのように差別化を図っていくかが気になるところです。
2013年3月から始まった「パワフル保証」は、有償ではありますがシステム保証も15年に延長できるため、魅力的です(モジュールは20年まで延長可能)。

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

発電効率世界最高の20.1%!

これは発電量が多いという事とは違います。
仮に全メーカー5kWぴったりの設置をした際に一番必要な面積が少ないという事です。
屋根面積が限定される家に最適で、都市部などどうしても屋根面積が限定されるエリアでは同じく発電効率が高いパナソニックと2社で相当のシェアを取っています。

発電量もナンバー1

仮に全メーカー5kWぴったりの設置をした際に年間の発電量が一番多くなるのが東芝です。
(ランキングはこの下に書いてありますので見てください)メーカー公表の数値では、温度上昇による損失が低い事になっておりその部分の他社との差が発電量の差に寄与しておりますが、パナソニックのHITと違い温度に強いという特性があるわけでは実はありません。
これはバックコンタクト方式による受光面積の増加が寄与していると思われます。

一番聞かれる質問:アメリカのサンパワー社製なんですよね?

東芝を検討している方から一番聞かれるのが上の質問です。
東芝は主要メーカーでは最後発のメーカーで自社でのシステム製造は行っておりません。
パワコンはオムロン。太陽光パネルはアメリカのサンパワーから購入しています。
(200Wパネルは中国か台湾のメーカーからと聞いています)
東芝を検討する方は同時にパナソニックも検討する方が多いですが、パナソニックは自社製という違いがありこの部分がひっかかるようです。
ただ元々は日本のSANYOとアメリカのサンパワーが高性能勝負を繰り広げていて、SANYOがパナソニックになり、サンパワーと東芝が提携したという形です。
正直個人的にはこの2社は好き嫌いで選んで良いレベルであると考えています。

URLをメールで送信
このエントリーをはてなブックマークに追加

じつは、危険な太陽光発電。購入前必見!
無料小冊子『実録!太陽光発電6つの地獄と回避のポイント』

あなたは太陽光発電でどのようなトラブルが起こるかを調べたことがありますか?

太陽光発電はご自宅に設置した後少なくとも10年、長ければ20年、もしかしたら30年使い続ける商品です。

これがトラブルに巻き込まれると、10年どころか5年で使えなくなってしまう上、ご自宅にも被害が出る可能性があります。

この冊子には世間で意外と知られていない、太陽光発電でトラブルに巻き込まれた方の相談事例とそのトラブルを回避するためのポイントを、わかりやすくまとめました。

買った後で後悔しないように、これらの事例を参考にしながら、太陽光発電についての知識を深めていただきたいと思います。

見積もりボタン
見積もりボタン
見積もりボタン
屋根の形状を選んでください

※一番近い形状をお選びください。
※屋根の形によって適したソーラーパネルが異なります。

屋根の大きさを選んでください

メーカー希望を選んでください

重視する点を選んでください

都道府県を選んでください