ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • V2H
  • »
  • ニチコンが39.8万円のV2Hを発表  EVパワー・ステーション「VCG-663CN3」「VCG-666CN7」

ニチコンが39.8万円のV2Hを発表  EVパワー・ステーション「VCG-663CN3」「VCG-666CN7」

ニチコンがお手頃価格のV2H2機種を発表

2018年9月27日、ニチコンはV2Hシステム「EVパワー・ステーション」の新機種を2種類同時に発表しました。

この2製品の最大の特徴は何より非常にリーズナブルということです。

  • VCG-663CN3 ¥398,000(消費税・設置工事費別)
  • VCG-666CN7 ¥798,000(消費税・設置工事費別)

2019年問題対策としても非常に有効なV2Hがこの価格なのは革命的な出来事です。

とにかく魅力的な価格のこの製品、仕様や特長についても詳しく見てみましょう。

V2Hとはクルマに蓄えた電気を家で使う仕組み

まずはじめにV2Hとは何なのか、確認しておきましょう。

V2Hとは「ビークル・トゥ・ホーム」の略で、その名前の通り電気自動車に蓄えた電気を家で使う仕組みのことです。

EV充電用の屋外コンセントがあれば電気自動車に充電することは可能ですが、
貯めた電気を家庭に戻すためには、今回紹介する「EVパワー・ステーション」のようなV2Hが必要となります。

関連記事
太陽光発電とV2Hをうまく組み合わせるメリット ZEHの実現に向けて

発表された2機種がもたらすメリット

それでは、具体的に「EVパワー・ステーション」を導入するとどのようなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

ニチコンのHPにも製品の特長が記載されていますが、まずは2機種に共通の特徴について「経済メリット」と「経済以外のメリット」に分けて解説します。

経済メリット

  1. 太陽光発電の自家消費比率を高めて2019年問題対策に
  2. 深夜電力を活用できる

経済効果以外のメリット

  1. 停電時に太陽光発電でつくった電気を使える
  2. 倍速充電が可能

経済メリット

経済メリット1.
太陽光発電の自家消費比率を高めて2019年問題対策に

img-75744-tamerutukau
EVパワー・ステーション|ニチコン

EVパワー・ステーションに限らずV2H全般に言えることではありますが、V2Hがあれば太陽光発電でつくった電気を売電せずに電気自動車に貯めて、太陽光発電が発電しない時間帯に自宅で使用することが可能です。

2019年問題が大きな話題になっているように、固定買取期間終了後は電力会社から購入する電気よりも売電価格の方が安くなることが確実です。

そのため、太陽光発電で作った電気を売電するよりも、「つくった電気を電気自動車に貯めて、ご家庭で自家消費する」という使い方が経済的にお得です。

関連記事
【誰でもわかる】太陽光発電2019年問題とは結局なにが問題なのか?
関連記事
"どうする?ソーラー"は経済産業省の2019年問題対策!買取期間 満了後お得な選択肢は?
関連記事
これからの家庭用太陽光発電は「自家消費の時代」に。自家消費に欠かせない三種の神器とは

経済メリット2.
深夜電力を活用できる

img-75744-midnight
EVパワー・ステーション|ニチコン

まだ太陽光発電の固定買取期間が残っていて、買電金額よりも高い金額で売電をしているという場合にも、深夜電力の活用で経済メリットを生むことが可能です。

どういった仕組みかというと、電気料金のプランを日中が割高、夜間が割安のいわゆる「深夜電力」のプランにして、夜間の電気代が安い時間帯に電気自動車に電気を貯めて、電気代が割高な時間帯に給電することで、電気代の差額分が経済メリットとなります。

VCG-663CN3、VCG-666CN7なら太陽光発電と電気自動車の電気を同時に使える

従来の機種では電気自動車から家に給電している間は太陽光発電の電気は使えず、すべて売電するしかありませんでした。
そのため、「ダブル発電」の対象となり太陽光発電の売電価格が下がってしまっていました。
しかし、VCG-663CN3、VCG-666CN7では電気自動車から給電中に、併せて太陽光発電が発電している電気を自家消費することも可能になるため、「ダブル発電」の対象とならず売電価格が下がりません。

関連記事
ダブル発電は「太陽光発電のみ」より損になる!?

経済効果以外のメリット

経済効果以外のメリット1.
停電時に太陽光発電でつくった電気を使える

img-75744-teiden
EVパワー・ステーション|ニチコン

EVパワー・ステーションのメリットは経済効果だけではありません。

近頃、西日本や北海道で大規模な停電が発生しましたが、EVパワー・ステーションは停電対策としても非常に役に立ってくれます。

従来の機種では、停電時には太陽光発電でつくった電気は貯めることができませんでしたが、今回発表されたVCG-663CN3、VCG-666CN7の2機種では停電時に太陽光発電でつくった電気を電気自動車に貯められる仕様になっています。

また、電気自動車に貯めた太陽光発電でつくった電気を家に給電することができますので災害時の大きな安心につながります。

蓄電容量は家庭用蓄電池より電気自動車の方が大きい

電気自動車に搭載されている蓄電池は、住宅に設置する家庭用蓄電池よりも大容量です。

家庭用蓄電池の平均的な容量はおおよそ6kWh前後なのに対して、例えば、最新型日産リーフの場合、蓄電池容量は40kWhです。

電気自動車が不在のときは電気を使えないという欠点はありますが、V2Hがあれば家庭用蓄電池よりも停電時に多くの電気を活用することができます。

経済効果以外のメリット2.
倍速充電が可能

img-75744-baisoku
EVパワー・ステーション|ニチコン

EVパワー・ステーションは200V普通充電設備の半分の時間で電気自動車の充電が可能です。

充電に時間がかかるのは電気自動車の最大のネックともいえる部分なので、倍速充電ができるのは魅力的です。

VCG-663CN3とVCG-666CN7の違いは

EVパワー・ステーションのVCG-663CN3とVCG-666CN7の違いについてもまとめます。

希望小売価格には以下のような違いがありますので、性能の違いにどれほどの魅力を感じるかで判断するといいでしょう。

  • VCG-663CN3 ¥398,000(消費税・設置工事費別)
  • VCG-666CN7 ¥798,000(消費税・設置工事費別)

VCG-666CN7がVCG-663CN3より優れているポイント

  • ECHONET Liteをサポートしているので将来的にVPPにも対応可能
  • 保証期間が5年間(VCG-663CN3は2年間)
  • スマホアプリで遠隔操作が可能
  • 自立運転(停電時)の給電能力が6kVA(VCG-663CN3は3kVA)

個人的にはVCG-663CN3の¥398,000(消費税・設置工事費別)という価格があまりに魅力的なので、VCG-663CN3を選んでしまうと思います。

トライブリッド蓄電システムとの主な違いは蓄電池の有無

img-75744-tribrid
トライブリッド蓄電システム|ニチコン

ニチコンにはトライブリッド蓄電システムという製品があります。

トライブリッド蓄電システムはV2Hにさらに蓄電池がセットになった製品です。

蓄電池がセットになっていることで、日中の時間帯に車を利用している場合にも、太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めて、貯めた電気をさらに電気自動車に流すということが可能になります。

しかし、トライブリッド蓄電システムは希望小売価格でトライブリッド蓄電システムは約310万円です。

経済効果を重視して考えるのであればEVパワー・ステーションを選ぶほうが賢明でしょう。

トライブリッド蓄電システムの希望小売価格はニチコンHPに掲載されている以下の条件から算出。
トライブリッドパワコン®ESS-T1 1,100,000円
V2HスタンドESS-V1 1,100,000円
蓄電池ユニットESS-BS 900,000円

まとめ

ニチコンのEVパワー・ステーションの導入によって得られるメリットは以下の通りです。

経済メリット

  1. 太陽光発電の自家消費比率を高めて2019年問題対策に
  2. 深夜電力を活用できる

経済効果以外のメリット

  1. 停電時に太陽光発電でつくった電気を使える
  2. 倍速充電が可能

非常に魅力的な価格の製品ですが、価格が安いだけでなく、停電時にも太陽光発電の電気を貯めることができるなど、痒い所に手が届く製品です。

2019年問題対策の現実的な選択肢として、爆発的に普及する可能性があると思います。

ソーラーパートナーズではV2Hの提案にも対応しておりますので、ご希望の方はお気軽にご依頼ください。