太陽光発電の価格はどのくらい?設置費用・見積価格を見るコツ ~kW単価という考え方~

かんたんに言うと…
  • 一般的な太陽光発電4.7kWの価格は総額174.4万円(税込)
  • お得な価格かどうかは総額ではなくkW単価で判断する
  • kW単価=設置費用の総額÷kW数
つまり一般的な太陽光発電のkW単価は37.1万円/kWと理解しておけば大丈夫です。

あわせて読まれている記事

太陽光発電メリットまとめ。意外な第6のメリットまで徹底解説

太陽光発電のメリットについて、簡単に解説します。

なぜ今、太陽光発電なのか?

太陽光発電が増えている背景とは?

人気記事ランキング

太陽光発電の価格はどのくらい?設置費用・見積価格を見るコツ ~kW単価という考え方~

価格がお得かは『見た目の金額』だけでは判断できない

いまここに2つの会社からの太陽光発電の提案があります。

どちらのほうがいい提案でしょうか?

正解は、『これだけの情報ではわからない』です。

「えっ?なんで総額だけじゃ良い提案かわからないの?」と思ったら、このページを必ず最後までお読みください

太陽光発電の価格は慣れない人にとっては非常にわかりにくいものです。

このページでは、太陽光発電の価格を見るコツと適正金額を解説しています。
わかりにくい太陽光発電の価格をしっかりと理解して、ぜひ適正な価格で太陽光発電を導入してください。

なぜ太陽光発電の価格は『見た目の金額』だけで判断できないのか?

太陽光発電の費用は、さまざまなもので構成されています。大きくは以下の3つです。

  • 太陽光発電システムの部材代
    太陽光パネルや架台、パワコン、ケーブルなど
  • 工事代
    設置のための職人さんの人件費や足場代など
  • 諸経費
    システム部材に含まれないコーキング材などの費用

ではこれらの金額が見積書にどのように記載されているかを見てみましょう

太陽光発電の価格 見積書の例

5kW太陽光発電システム価格(198.7万円)
商品名 数量 定価(単価) 金額
太陽電池モジュール 20 168,000円 3,360,000円
パワーコンディショナー 1 290,000円 290,000円
接続箱 1 30,000円 30,000円
ケーブル 3 8,000円 24,000円
発電量モニター 1 95,000円 95,000円
工事費(設置工事・電気工事等) 1式 280,000円 280,000円
諸経費(系統連系立会等) 1式 21,000円 21,000円
合計 4,100,000円
消費税 328,000円
合計(消費税込み) 4,428,000円
値引き額 -2,440,800円
総額(消費税込み) 1,987,200円

このように、太陽光発電の業者から渡される見積書では太陽光発電の合計価格からまとめて値引きされていることがほとんどです。
そのため、それぞれの項目がいくらなのかが見えにくく、各項目を複数社間で比較しようとしても複雑で簡単に比較できないことが多くあります。

そこで太陽光発電の価格が適正かどうかを考えるときには、1kWあたりの価格を表すkWキロワット単価』という考え方で価格を見ることが一般的です。

太陽光発電の価格をkWキロワット単価で見る理由

太陽光発電が生み出す金銭メリットに大きくかかわるのが、太陽光発電の『価値・性能』の部分にあたる設置容量(kW数)です。

つまり、kW数は大きければ大きいほど太陽光発電システムの価値は高くなります。

少し話が外れますが、最近になって太陽光発電が話題になり購入する方が増えている一番の理由は、『売電』と『電気代削減』による『金銭メリット』があるからです。

太陽光発電に限らず、価値の高いものをなるべく安い金額で手に入れたほうがお買い得ということになります。
提案されている太陽光発電システムがお買い得かどうかを一番わかりやすく判断できるのが、kW単価という考え方なのです。

kW単価の計算方法

kW単価は、先ほど上げた太陽光発電システムの費用をすべて含めた金額を、そのシステムの発電量(kW数)で割って算出します。
kW単価の計算方法

例えば、最初に挙げた例をkW数と一緒に表示して、kW単価を計算してみます。 A社の提案は、4kWで152万円なので、kW単価は38万円です。
一方、B社の提案は、3kWで129万円なので、kW単価は43万円です。

太陽光発電システム全体の価格だけで見るとB社の方が安く見えますが、kW単価で見ると、実はA社の方がお買い得であることがわかります。
太陽光発電システムの価格を見るときには、この「kW単価」を使うことで価格の比較が行いやすくなるのです。

適正価格を考える際の上限kW単価という考え方

平成25年度(2014年3月)まではまだシステム価格が高かった為、国から補助金が出ていました。
平成26年度からはシステム価格が十分に普及価格まで下がったという判断のもと、廃止されました。
補助金がまだあった時にその条件として「kW単価50万円以下」という基準がありました。

  • 「kW単価が2万円を超えて41万円以下の場合、1kW当たり2万円の補助金」
  • 「kW単価が41万円を超えて50万円以下の場合、1kW当たり1万5千円の補助金」

価格制限を設けていたのは、悪質な販売会社が不当に高い価格で販売する事を防止するためです。
現在では、特殊工事などがない限り、kW単価50万円以下で購入できることが一般的となっています。

ソーラーパートナーズは太陽光発電を低価格で提供しています

ソーラーパートナーズは、全国280社の工事会社で協力して、太陽光パネルなどの一括大量購入を行っています。
一括大量購入によって仕入れ価格を下げることで低価格な太陽光発電を提供しています。

比較材料としての相見積りでも全く構いません。
低価格の太陽光発電をご希望でしたら、ソーラーパートナーズまでお問い合わせください。

太陽光発電の相場価格

太陽光発電 全国平均の相場価格

設置容量システム価格1kWあたり価格
4.7kW174.4万円37.1万円/kW

※JPEA(太陽光発電協会)年報データ 2015年10月~12月の契約金額より算出

この価格は日本全国に設置された太陽光発電の相場価格です。
性能の良いメーカー、低コストメーカーを全部まとめて平均したものです。

太陽光発電はオーダーメイド商品ですので、設置場所の大きさや屋根材、メーカーによって価格が大きく変わりますので、一概には言えません。
ですが、おおよその参考にはなると思います。

太陽光発電 メーカー別 相場価格一覧

太陽光発電はメーカーとkW数がわかっていれば相場価格は大体決まってきます。
その大体の相場価格を表にして掲載しています。

この相場価格は、屋根形状、屋根材の種類など様々な条件の価格を平均したものですので、少し高めの金額になっています。

(2017年2月改定)
メーカー
(型式)
変換効率設置容量
(パネル枚数)
相場価格
(税込)
相場kW単価
(税込)
収支
パナソニック(HIT)
Panasonic

(VBHN245SJ33)
19.1% 5.15kW (21枚)180.7万円35.1万円/kW 収支を確認 »
4.41kW (18枚)158.0万円35.8万円/kW 収支を確認 »
3.43kW (14枚)129.0万円37.6万円/kW 収支を確認 »
シャープ(ブラックソーラー)
SHARP

(NQ-220AE)
19.1% 5.28kW (24枚)184.1万円34.9万円/kW 収支を確認 »
4.40kW (20枚)156.5万円35.6万円/kW 収支を確認 »
3.08kW (14枚)115.0万円37.4万円/kW 収支を確認 »
シャープ(標準タイプ)
SHARP

(NU-215AE)
16.2% 5.16kW (24枚)168.8万円32.7万円/kW 収支を確認 »
4.30kW (20枚)143.5万円33.4万円/kW 収支を確認 »
3.01kW (14枚)105.5万円35.0万円/kW 収支を確認 »
長州産業(Bシリーズ)
CIC

(CS-234B51S)
17.1% 5.15kW (22枚)171.7万円33.3万円/kW 収支を確認 »
4.21kW (18枚)143.4万円34.1万円/kW 収支を確認 »
3.28kW (14枚)117.1万円35.7万円/kW 収支を確認 »
長州産業(Gシリーズ)
CIC

(CS-320G31)
19.5% 5.12kW (16枚)180.6万円35.3万円/kW 収支を確認 »
4.48kW (14枚)161.3万円36.0万円/kW 収支を確認 »
3.20kW (10枚)120.9万円37.8万円/kW 収支を確認 »
長州産業(HIT)
CIC

(CS-N245SJ03)
19.1% 5.15kW (21枚)180.2万円35.0万円/kW 収支を確認 »
4.41kW (18枚)157.6万円35.7万円/kW 収支を確認 »
3.43kW (14枚)128.7万円37.5万円/kW 収支を確認 »
ソーラーフロンティア(標準タイプ)
SOLAR FRONTIER

(SF170-S)
13.8% 5.10kW (30枚)156.9万円30.8万円/kW 収支を確認 »
4.08kW (24枚)128.1万円31.4万円/kW 収支を確認 »
3.06kW (18枚)100.9万円33.0万円/kW 収支を確認 »
ソーラーフロンティア(高出力タイプ)
SOLAR FRONTIER

(SF175-S)
14.2% 5.25kW (30枚)164.5万円31.3万円/kW 収支を確認 »
4.20kW (24枚)134.3万円32.0万円/kW 収支を確認 »
3.15kW (18枚)105.8万円33.6万円/kW 収支を確認 »
京セラ(エコノルーツ)
Kyocera

(KJ220P-3MRCG)
16.2% 5.28kW (24枚)181.6万円34.4万円/kW 収支を確認 »
4.40kW (20枚)154.4万円35.1万円/kW 収支を確認 »
3.08kW (14枚)113.5万円36.9万円/kW 収支を確認 »
京セラ(ルーフレックス)
Kyocera

(KJ260P-MPTCG)
17.9% 5.15kW (-枚)179.2万円34.8万円/kW 収支を確認 »
4.15kW (-枚)147.3万円35.5万円/kW 収支を確認 »
3.20kW (-枚)119.3万円37.3万円/kW 収支を確認 »
京セラ(サムライ)
Kyocera

(KJ80P-3CSCA)
13.7% 5.02kW (-枚)186.3万円37.1万円/kW 収支を確認 »
4.24kW (-枚)160.6万円37.9万円/kW 収支を確認 »
3.60kW (-枚)143.2万円39.8万円/kW 収支を確認 »
カナディアンソーラー(QUINTECH)
Canadian Solar

(CS6V-245MS)
18.1% 5.15kW (21枚)154.2万円29.9万円/kW 収支を確認 »
4.41kW (18枚)134.9万円30.6万円/kW 収支を確認 »
3.43kW (14枚)110.1万円32.1万円/kW 収支を確認 »
三菱電機(標準タイプ)
MITSUBISHI

(PV-MA2250M-1)
15.8% 5.40kW (24枚)170.5万円31.6万円/kW 収支を確認 »
4.05kW (18枚)130.5万円32.2万円/kW 収支を確認 »
3.15kW (14枚)106.6万円33.8万円/kW 収支を確認 »
三菱電機(マルチルーフ)
MITSUBISHI

(PV-MA2450M-1)
17.2% 5.15kW (21枚)176.0万円34.2万円/kW 収支を確認 »
4.41kW (18枚)154.0万円34.9万円/kW 収支を確認 »
3.43kW (14枚)125.7万円36.7万円/kW 収支を確認 »
東芝(Sシリーズ大型)
TOSHIBA

(SPR-X21-345)
21.2% 5.18kW (15枚)183.6万円35.4万円/kW 収支を確認 »
4.14kW (12枚)149.9万円36.2万円/kW 収支を確認 »
3.11kW (9枚)118.0万円38.0万円/kW 収支を確認 »
東芝(Sシリーズ標準)
TOSHIBA

(SPR-253NX-WHT-J)
20.3% 5.06kW (20枚)178.9万円35.4万円/kW 収支を確認 »
4.05kW (16枚)146.1万円36.1万円/kW 収支を確認 »
3.04kW (12枚)115.0万円37.8万円/kW 収支を確認 »
東芝(Jシリーズ)
TOSHIBA

(TJM-240PP-WHT-J)
18.5% 5.04kW (21枚)155.0万円30.8万円/kW 収支を確認 »
4.32kW (18枚)135.6万円31.4万円/kW 収支を確認 »
3.36kW (14枚)110.7万円33.0万円/kW 収支を確認 »
Qセルズ(Q.PLUSシリーズ)
Q.cells

(Q.PLUS-G4.1 275)
16.5% 5.50kW (20枚)169.3万円30.8万円/kW 収支を確認 »
4.13kW (15枚)126.9万円30.7万円/kW 収支を確認 »
3.30kW (12枚)101.6万円30.8万円/kW 収支を確認 »

太陽光発電 メーカー別相場価格・性能マップ

良コスパメーカー 王道メーカー 景観重視メーカー
(上の■メーカー名をクリックすると非表示になります)

先ほどの表にあったメーカーの変換効率を縦軸に、4kWの時のkW単価を横軸に取ったグラフです。
このグラフを見ていただくと、変換効率が高いメーカーは価格が高くなっているのがお分かり頂けると思います。

またこのマップには記載されていませんが、システム容量(kW数)が大きくなるほど、価格は安くなるという傾向もあります。

つまり、メーカーと容量(kW数)が決まれば、おおよその金額を予想することができるのです

さらに以下の条件にあてはまる場合は、安くなったり高くなったりします。

価格が安くなるケース
  • 屋根材がスレート
  • 屋根勾配が20~30度
  • 設置屋根面が1面
価格が高くなるケース
  • 屋根材が瓦屋根
  • 屋根形状が陸屋根
  • 設置する屋根面が3面以上
  • 積雪地域

ソーラーパートナーズは太陽光発電を低価格で提供しています

ソーラーパートナーズは、全国280社の工事会社で協力して、太陽光パネルなどの一括大量購入を行っています。
一括大量購入によって仕入れ価格を下げることで低価格な太陽光発電を提供しています。

比較材料としての相見積りでも全く構いません。
低価格の太陽光発電をご希望でしたら、ソーラーパートナーズまでお問い合わせください。

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

 
 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2017年2月27日更新)

2017年 要チェック記事

マンガでわかる太陽光発電

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ