太陽光発電の設置費用と価格比較のカラクリを徹底解説

見積もり価格のカラクリ

ご注意ください
「モニター価格」「工事代無料」
「~棟限定のキャンペーン価格」

上記のような魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。
このようなご案内を聞いている方は複数社からのお見積りを比較してみることを強くお勧めします。

価格がお得かは『見た目の金額』だけでは判断できない

いま、ここに2つの会社からの太陽光発電の見積書があります。

どちらのほうが『お買い得』でしょうか?

太陽光発電の価格が152万円と129万円はどちらがお得か

正解は、『これだけの情報ではお買い得かは、わからない』です。

「えっ?なんで総金額だけじゃお買い得かわからないの?」と思ったら、このページを必ず最後までお読みください

太陽光発電の価格は慣れない人にとっては非常にわかりにくいものです。

このページでは、太陽光発電の価格を見るポイントと適正金額を解説しています。
わかりにくい太陽光発電の価格をしっかりと理解して、ぜひ適正な価格で太陽光発電を導入してください。

太陽光発電の見積書は項目ごとの単価を比較できない

太陽光発電の設置費用は、以下の3つに分類できます。

  • 太陽光発電の部材代
    太陽光パネルや架台、パワコン、ケーブルなど
  • 工事代
    設置のための職人さんの人件費や足場代など
  • 諸経費
    システム部材に含まれないコーキング材などの費用

ではこれらの金額が、見積書にどのように記載されているかを見てみましょう。

住宅用太陽光発電の設置費用 見積書の例

5kW太陽光発電の設置費用(198.7万円)
商品名 数量 定価(単価) 金額
太陽電池モジュール 20 168,000円 3,360,000円
パワーコンディショナー 1 290,000円 290,000円
接続箱 1 30,000円 30,000円
ケーブル 3 8,000円 24,000円
発電量モニター 1 95,000円 95,000円
工事費(設置工事・電気工事等) 1式 280,000円 280,000円
諸経費(系統連系立会等) 1式 21,000円 21,000円
合計 4,100,000円
消費税 328,000円
合計(消費税込み) 4,428,000円
値引き額 -2,440,800円
総金額(消費税込み) 1,987,200円

太陽光発電の業者から渡される見積書では、上の表の「値引き額」のように、合計価格からまとめて値引きされていることがほとんどです。
まとめて値引きされているために各項目がいくらなのかがわかりにくく、複数の業者の見積書を比較したくても比較できないことが多いのです。

kWキロワット単価は太陽光発電の『価値』の単価

太陽光発電の見積もり価格が適正かどうかを考えるときには、1kWあたりの価格を表すkWキロワット単価』という考え方で価格を見ることが一般的です。

なぜなら、 太陽光発電は設置容量(kW)が大きいほど発電量(kWh)が多くなります。
また、発電量(kWh)が多いほど電気代削減や売電収入(収入)が増えます。
つまり、太陽光発電は設置容量(kW)が大きければ大きいほど価値(収入)が高くなるのです。

太陽光発電に限らず、価値の高いものをなるべく安い金額で手に入れたほうがお買い得ということになります。
太陽光発電がお買い得かどうかを一番わかりやすく判断できるのが、kW単価という考え方なのです。

kW単価=総金額÷kW数で計算できる

kW単価の計算方法

kW単価は、先ほど挙げた太陽光発電の費用(部材代工事代諸費用)すべて含めた金額を、そのシステムの設置容量(kW数)で割って算出します。
このとき、足場代や特別値引、消費税などもすべて太陽光発電の費用に含んで計算します。

自治体からの補助金は総金額から除く

ただ、自治体から補助金だけは特別で、太陽光発電の費用には含めずに計算します。
なぜかというと、自治体の補助金は現在はボーナス的な位置づけになっており、「補助金が出るから高くしよう」ということは慣習としてほとんど無くなっているからです。

kW単価を比較:A社38万円/kW B社43万円/kW

では最初に挙げた例をkW数と一緒に表示して、kW単価を計算してみます。

A社の提案は、4kWで152万円なので、152÷4=38でkW単価は38万円です。
一方、B社の提案は、3kWで129万円なので、129÷3=43でkW単価は43万円です。

つまり、太陽光発電の金額だけで見るとB社の方が安く見えますが、実はA社の方がkW単価が安くお買い得なのです。

蓄電池や床暖房は見積書を分けてもらう

もし太陽光発電以外の商品も一緒に提案されている場合には、太陽光発電単体の価格も提示してもらってから、kW単価の計算をしましょう。

太陽光発電以外の商品: 蓄電池・オール電化・エコキュート・IH・屋根塗装・床暖房など

平成25年度(2014年3月)まではまだシステム価格が高かった為、国から補助金が出ていました。
平成26年度からはシステム価格が十分に普及価格まで下がったという判断のもと、廃止されました。
補助金がまだあった時にその条件として「kW単価50万円以下」という基準がありました。

  • 「kW単価が2万円を超えて41万円以下の場合、1kW当たり2万円の補助金」
  • 「kW単価が41万円を超えて50万円以下の場合、1kW当たり1万5千円の補助金」

価格制限を設けていたのは、悪質な販売会社が不当に高い価格で販売する事を防止するためです。
現在では、特殊工事などがない限り、kW単価50万円以下で購入できることが一般的となっています。

2018年の太陽光発電相場価格は161.0万円

お買い得の指標『kW単価』が分かったところで、2018年の太陽光発電の相場価格を見てみましょう。

太陽光発電 2018年の相場価格 (住宅用)
設置容量設置費用kW単価
5.00kW 161.0万円 32.2万円/kW

※こちらの数値は 調達価格等算定委員会|経済産業省の配布資料から算出しました。

この相場価格は経済産業省が把握している日本全国の太陽光発電の相場価格です。

経済産業省の資料では、日本全国の平均kW単価は32.2万円/kWとなっています。

太陽光発電はオーダーメイド商品ですので、本来であれば設置場所の大きさや屋根材、メーカーによって価格が大きく変わりますので、一概には言えませんが、おおよその参考にはなると思います。

ソーラーパートナーズでは無料の価格相談も可能です

「見積依頼をするほどではないけれど、価格が妥当かどうか見てほしい」という場合のご相談を無料で承っています。

お持ちの見積もりの評価を知りたい場合は、こちらからお申し込みください。

価格相談を依頼した結果は以下のページでアドバイザーのコメントと共に一覧で確認できます。

価格の妥当性相談の結果 solar-partners.jp

人気の太陽光メーカーで設置したときの価格と収入

先ほどの経済産業省のデータでは特定のメーカーだといくらになるのかはわかりませんでした。
そこでより具体的に、ソーラーパートナーズに加盟している工事会社から一番人気のメーカーを購入した場合、どれくらいの発電量や収入、回収年数になるのか見てみましょう。

愛知県で太陽光発電を設置した場合の収支シミュレーション

電気代削減(年間) 売電収入(年間) 導入メリット(年間)
21,394円 180,836円 202,230円

収支シミュレーション(万円)

設置費用がどのように回収されるかを示したグラフです。

年数費用導入メリットメリット(累計)
0年目170.8万円(設置費用)0.0万円0.0万円
1年目-20.2万円20.2万円
2年目-20.2万円40.4万円
3年目-20.1万円60.5万円
4年目-20.1万円80.6万円
5年目-20.0万円100.6万円
6年目-20.0万円120.5万円
7年目-19.9万円140.4万円
8年目2万円(点検費用) 19.8万円158.3万円
9年目(設置費用の回収完了) 19.8万円178.1万円
10年目-19.7万円197.8万円
11年目-9.6万円207.4万円
12年目-9.5万円216.9万円
13年目-9.5万円226.4万円
14年目-9.5万円235.9万円
15年目-9.5万円245.4万円
16年目2万円(点検費用) 9.5万円252.8万円
17年目20万円(パワコン交換) 9.4万円242.3万円
18年目-9.4万円251.7万円
19年目-9.4万円261.0万円
20年目-9.4万円270.4万円
(20年目以降もメリットは出続けます)
・設置費用は相場価格(2018年12月改定)をもとに算出。
・回収年数=設置費用÷導入メリット
・売電価格:26円/kWh(2018年度中に設置の場合)
・11年目以降の売電価格:11円/kWhと仮定。
・買電価格:26円/kWhを仮定(一般的な家庭の買電価格)
・8年ごとに訪問点検費用2万円を計上
・17年目にパワコン交換費用20万円を計上(20万円/台×1台)
・毎年0.27%ずつ発電量が劣化していくと仮定。
実際の発電量や設置費用は、屋根の方角や勾配、屋根材などによって変わります。
正確な発電量シミュレーションが必要でしたら見積り依頼をしてください。

ポイントは、太陽光発電の設置費用が回収できていることです。
そしてもう一つのポイントは、メンテナンス費用を差し引いても利益が残っていることです。
つまり太陽光発電は、費用が回収できるだけではなく、将来の家計を支えてくれる商品なのです。

ソーラーローンで設置しても利益が残る

ちなみに太陽光発電専用のローン『ソーラーローン』を使って設置をすると、初期費用0円・ローン支払い無しで設置することも可能です。

愛知県で太陽光発電をローンで設置した場合の収支シミュレーション

電気代削減(年間) 売電収入(年間) 導入メリット(年間)
21,394円 180,836円 202,230円
導入メリット(月間)(~10年目) ローン支払い(月間) ローン差し引き収支(月間)
16,853円 11,347円 5,505円
1年あたり収支(~10年目) 1年あたり収支(11~15年目) 1年あたり収支(16年目~)
66,064円 95,619円 94,501円

収支シミュレーション(万円)

設置費用がどのように回収されるかを示したグラフです。

年数費用導入メリットローン支払収支(累計)
0年目0円0円0円0円
1年目-20.2万円13.6万円6.6万円
2年目-20.2万円13.6万円13.2万円
3年目-20.1万円13.6万円19.7万円
4年目-20.1万円13.6万円26.1万円
5年目-20.0万円13.6万円32.5万円
6年目-20.0万円13.6万円38.8万円
7年目-19.9万円13.6万円45.1万円
8年目2万円(点検費用)19.8万円13.6万円49.3万円
9年目-19.8万円13.6万円55.5万円
10年目-19.7万円13.6万円61.6万円
11年目-9.6万円13.6万円57.6万円
12年目-9.5万円13.6万円53.5万円
13年目-9.5万円13.6万円49.4万円
14年目-9.5万円13.6万円45.3万円
15年目-9.5万円13.6万円41.1万円
16年目2万円(点検費用)9.5万円-48.6万円
17年目20万円(パワコン交換)9.4万円-38.0万円
18年目-9.4万円-47.4万円
19年目-9.4万円-56.8万円
20年目-9.4万円-66.2万円
(20年目以降もメリットは出続けます)
・設置費用は相場価格(2018年12月改定)をもとに算出。
・回収年数=設置費用÷導入メリット
・売電価格:26円/kWh(2018年度中に設置の場合)
・11年目以降の売電価格:11円/kWhと仮定。
・買電価格:26円/kWhを仮定(一般的な家庭の買電価格)
・ローン金利:2.45%を仮定
・8年ごとに訪問点検費用2万円を計上
・17年目にパワコン交換費用20万円を計上(20万円/台×1台)
・毎年0.27%ずつ発電量が劣化していくと仮定。
実際の発電量や設置費用は、屋根の方角や勾配、屋根材などによって変わります。
正確な発電量シミュレーションが必要でしたら見積り依頼をしてください。

ポイントは、ローンで購入してもローン支払いより金銭メリットが上回り、収支がマイナスになっていないことです。
もちろんローンでも必ず収支がプラスになるわけではないのですが、初期費用がかからず、ローンの支払いを金銭メリットでまかなえる可能性が高いことは、ぜひ知っておいてください。

太陽光発電の業者選びは価格以上に重要

100万円以上する太陽光発電ですが、いざ設置するとなると価格以上に重要なのがどの業者から買うかという問題です。

太陽光発電は家電製品とは違い、屋根に穴を空ける建築工事を行って設置する商品です。
そのため、業者がきちんとした提案や工事を行わないと、太陽光発電がきちんと発電しなかったり、雨漏りにつながってしまうリスクがあります。

つまり、太陽光発電の設置が成功するかどうかは、良い業者と出会えるかに強く関係しているのです。

ソーラーパートナーズはどのように業者を選定しているか

アフターメンテナンスや、万が一のトラブルのときの対応など、太陽光発電は設置して終わりの商品ではありません。
ソーラーパートナーズでは「太陽光発電を設置してよかった」と思っていただけるように、7つの加盟基準をクリアした「ソーラーパートナーズ認定企業」だけを、お客様にご紹介しています。

厳しい7つの審査基準

販売から施工、アフターフォローまで自社で一貫施工
複数メーカー(3メーカー以上)で提案できる
施工実績が100棟以上
メーカー保証・工事保障に対応
建築関連法規、消費者契約法などの処罰実績がない
現場経験5年以上の現場監督が在籍している
第2種電気工事士以上の資格保持者が在籍している

もし、7つの審査基準を全て満たしていても、経営状況や会社の姿勢などの問題がある施工会社は、お客様にご紹介することはありません。

審査基準1
販売から施工、アフターフォローまで自社で一貫施工

無責任な『下請けに丸投げ』の業者は紹介いたしません

ソーラーパートナーズでは、お客様に紹介する企業を、施工まで一貫して対応できる工事会社に限定しており、工事を下請けに丸投げする企業は加盟をお断りしています。
なぜ外注施工の企業の加盟をお断りしているかというと、工事品質の管理を行き届かせるのが難しい上、万が一のトラブルが起きた場合に責任の所在があいまいになってしまうリスクがあるためです。
また外注施工の場合、販売店と工事会社の中間マージンによって割高なご提案になってしまうことが多いというデメリットもあります。
「安心面」「価格面」のどちらをとっても「自社施工」の工事会社と直接契約をするのが太陽光発電の賢い買い方です。

審査基準2
複数メーカー(3メーカー以上)から提案できる

『ご自宅に最適なメーカー』が必ず見つかります
太陽光発電のメーカーは1社で比較するべし

太陽光発電はメーカーによってパネルの形や性能、施工ルールが全く異なります。
そのため、最適なメーカーを選ぶためには複数のメーカーの中からお客様のご希望や設置環境に適したメーカーを選択できることが重要です。

太陽光発電の業者の中には、販売したい特定の1メーカーしか提案しない企業も多く、複数社で比較してもそれぞれの会社が得意なメーカーを推してくるため、どれが最適なメーカーなのか混乱してしまうことが多く起こっています。

ソーラーパートナーズでは特定メーカーに偏らず、3メーカー以上を提案できる企業しか加盟していませんので、最適なメーカーをお選びいただくことが可能です。

審査基準3
施工実績が100棟以上

『販売実績』ではなく『施工実績』100棟以上が条件です
太陽光発電の工事は屋根に穴を空ける

経験に乏しい太陽光発電業者の中には、素人同然の担当者がずさんな工事を行っているケースも見受けられます。
ずさんな工事は雨漏り等、お客様自身が損害を受けるばかりではなく、配線ミスによる火災など近隣の方にご迷惑をかけてしまう可能性もあります。
経験不足による工事トラブルを起こさないために、ソーラーパートナーズではご紹介企業を施工実績100棟以上の工事会社に限定しています。

審査基準4
工事保険加入業者である

『工事保険証書』の提出を義務付けています
工事保険証

太陽光発電業者なら加入していて当然の工事保険ですが、販売のみを行う営業会社の中には工事保険に未加入の業者もあります。
ソーラーパートナーズでは加盟審査にあたって、工事会社に工事保険証書を提出することを義務付けています
工事保険の適用によって、万が一の工事トラブルの際にもお客様の被害を最小限に抑えます。

審査基準5
建築関連法規、消費者契約法等の処罰実績がない

『誠実』な会社だけを紹介します
不誠実な会社は加盟不可

当たり前のことではありますが、建築関連法規、消費者契約法の処罰実績がある会社は加盟をお断りしています。
そのため無茶な工事や、押し売りのような営業をすることはありませんのでご安心ください。
「良心のある『誠実な』工事会社だけをご紹介したい」というソーラーパートナーズの考えです。

審査基準6
現場経験5年以上の現場監督が在籍している

工事品質のカギを握る経験豊富な現場監督の存在
太陽光発電の現場監督

屋根上、配管、電気工事と多岐に渡る太陽光発電の工事の品質管理には、経験豊富な現場監督の存在が欠かせません。
ソーラーパートナーズでは現場経験5年以上の経験ある現場監督が在籍していることを加盟の条件としています。

審査基準7
第2種電気工事士以上の資格保持者が在籍している

電気工事士法を遵守します
第二種電気工事士

太陽光発電に限った話ではありませんが、無資格者による電気工事を黙認している電気工事士法違反の業者が数多く存在します。
無資格者による電気工事は法律違反であるだけでなく、配線不備による火災などの原因になる可能性があります。
そのため、ソーラーパートナーズでは第二種電気工事士以上の資格保持者が在籍していることを加盟の必須条件としています。

選りすぐりの全国約280社

280/5,665

帝国データバンクの2014年の調査よると、全国の太陽光発電システム販売・施工の業者数は5,665社とされています。
そのうち、ソーラーパートナーズがお客様にご紹介する企業は全体のおおよそ5%の約280社。1都道府県につきおよそ5社が加盟している計算になります。

2015年に太陽光発電サイトとして依頼者数No.1になって以降、多くの業者から加盟希望をいただいていますが、お客様にご紹介する工事会社選びに妥協するつもりは全くありません。

徹底した顧客アンケートで企業の対応品質を確認

アンケートではぜひ率直な意見をお聞かせください
お客様アンケート

ソーラーパートナーズでは紹介する工事会社の対応品質向上のため、 全てのお客様にアンケートをお願いしております。
アンケートで厳しいご意見をいただいた場合には、すぐに本部スタッフが企業への指導を行います。
また、改善が見られない認定企業については、お客様へのご紹介を完全にストップしています。

万が一ご紹介企業の対応にご満足いただけないことがあれば遠慮なくご連絡ください。

お客様の声をご紹介時の会社選定に反映

アンケート結果の優れた企業を優先的に紹介します

お客様にご紹介する認定企業は、ソーラーパートナーズ本部が様々な指標をもとに選定していますが、選定基準の中で最も重視するのがお客様から頂くアンケート結果です。

アンケート結果が悪いと紹介が少なくなる仕組みのため、どの工事会社もお客様にご満足いただけるように対応の改善に努めています。

ご利用の流れ

ステップ1 入力1分で見積り依頼

見積り依頼フォームから、ご連絡先と設置場所の住所をご入力ください。フォーム内で「質問したいこと」も選択できます。

ステップ2 設置場所を衛星写真から確認

入力情報をもとに、太陽光発電に精通したソーラーアドバイザーが設置費用・発電量などの大体の見積りをお答え

ステップ3 ご希望の場合のみ正式見積

アドバイザーに正式見積を依頼すると、ご要望に合わせて1~3社の認定企業が訪問調査の上で正式見積をお出しします。

ステップ4 見積りを比較・検討

保証やアフターフォローも含め、じっくりご検討下さい。業者に聞きづらいことはアドバイザーに相談!

ステップ5 ご納得いただけたらご契約

訪問後でも本当に納得した場合のみ購入すればOK!まずは気軽に見積り依頼をしてください。

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング



お客様の声
実際どれくらいお得なの?

神奈川県座間市 J.A様

業者さん同士の相見積もり、メーカーごとの相見積もり、それ…

神奈川県座間市 J.A様

大阪府 INA様

価格や業者選びで悩んだときに相談できたので、とても頼もし…

大阪府 INA様

北海道札幌市 T.H様

色々と比較、検討し、実際に話を聞いてみるのが一番だと思い…

北海道札幌市 T.H様

神奈川県横浜市 Y.Y様

他の見積もりサイトを利用することはありませんでしたが、ソ…

神奈川県横浜市 Y.Y様

奈良県上牧町 M.O様

太陽光発電の設置を考えているなら、見積依頼をするといいと…

奈良県上牧町 M.O様

千葉県 CSP様

相見積もりも含め、色々な業者さんから話を聞くのは、混乱す…

千葉県 CSP様

 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2018年12月10日更新)

2018年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電