ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
  • 太陽光発電
  • »
  • 蓄電池
  • »
  • 東芝の蓄電池はないの?撤退してしまった東芝の住宅用太陽光発電システム設置者向けに解説

東芝の蓄電池はないの?撤退してしまった東芝の住宅用太陽光発電システム設置者向けに解説

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

本記事では、
東芝って住宅用の太陽光発電から撤退したけど、蓄電池はどうしたらいいの?
東芝は家庭用蓄電池を作っているのかな?
東芝の太陽光発電を設置して10年経ったけどどうしたらいいの?
という疑問にお答えします。

東芝の太陽光発電を設置済みの方は不安なことも多いでしょうが、本記事では、以下3点を出来る限り分かりやすく解説しています。

・東芝の太陽光発電におすすめの蓄電池
・東芝の太陽光発電に合う蓄電池のタイプについて
・蓄電池で後悔しないおすすめの買い方

太陽光発電・蓄電池の専門アドバイザー相談してみませんか?

東芝は蓄電池製造・販売から撤退

東芝は2019年3月をもって、家庭用蓄電池の製造・販売から撤退しました。

東芝が製造・販売していたエネグーンという蓄電池は他社と比べて非常に性能が高く、卒FITユーザー向けに期待されていたにも関わらず、現在のこの蓄電池市場の盛り上がりを見ることなく終息となってしまいました。

際立って性能が良かっただけに非常に惜しまれますが、東芝全体の事業戦略の中での撤退なので仕方ありません。
確かに少し高額ではありましたが、それでもとにかく高寿命で性能が良いものをという需要は一定数あったと思いますので残念です。

東芝は住宅用太陽光発電システムの販売からも撤退

東芝は住宅用太陽光発電システムの販売からも蓄電池を追うように2021年3月をもって撤退しています。

蓄電池のエネグーンと合わせて、太陽光発電システムは超高性能のサンパワー社製のパネルを採用することで、どちらもとにかく高性能という独自のポジションを確立していただけに惜しまれます。

2010年に太陽光発電には参入していますので、約10年での事業撤退となってしまいました。
当然会社としてのサポートは継続されていますので、既に設置済みの方も不安になることはありません。サポート窓口の対応は非常に親切で素晴らしいです。

東芝の太陽光発電システムと蓄電池

東芝は2010年参入ですので、一番早く購入された方は既に設置から10年が経ち卒FITを迎えています。
東芝の太陽光発電システムの人気は2013年に最盛期を迎えていますので、これから続々と太陽光発電システムを設置して10年経ち、固定買取期間が終わるため売電単価が大幅に安くなる方達が出てきます。

もちろんそのまま売電し続けることもできますが、メリットが落ちてしまっているのでそれを補完するために蓄電池を購入するという動きが今は活発になっています。

同じく太陽光発電の販売から撤退した三菱(蓄電池は元々製造はなし)と東芝の太陽光発電システムを設置した方だけ、現在宙ぶらりんの状態になってしまっています。

東芝の太陽光発電システムに合う蓄電池タイプ

では東芝の太陽光発電システムを設置している方は蓄電池の導入ができないのかというと、全くそんなことはありません。

いくつかの注意点がありますが、東芝以外の蓄電池を設置することで、メリットを生み出すことができます。

設置して10以上経っている方

設置して10年以上経っている方

太陽光発電システムの中で唯一壊れやすいのが、発電した電気を自宅で使える交流電気に切り替えているパワーコンディショナーです。
設置して10年以上経っているかたはメーカーの10年保証も切れてしまっていますので、この後パワーコンディショナーが故障してしまった場合は有償での修理・交換となります。

太陽光発電と同じように蓄電池にもパワーコンディショナーが必要なのですが、ハイブリッド型蓄電池と呼ばれる太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナーを1台でまかなえるタイプの蓄電池を導入すると、いま設置されている太陽光発電用のパワーコンディショナーを取り外して、新しいハイブリッド型パワーコンディショナーを設置することになります。
将来やってくるパワーコンディショナーの交換費用を内包することができるので今一番主流の蓄電池となっています。

ハイブリッド型蓄電池を導入する場合の注意点

東芝ではないメーカーのハイブリッド型蓄電池を導入することは問題ないのですが、1点だけ気を付けなければならないことがあります。
それは太陽光発電システムの回路設計がわかる業者に頼むことです。

太陽光発電システムはパネル何枚かをひとくくりとして回路が組まれているのですが、仮に5枚をひとくくりにして4回路の計20枚の東芝の太陽光発電システムに、3回路までしか対応できないハイブリッド型蓄電池を設置してしまった場合、1回路が繋ぐことができず発電量が4分の3に減ってしまうことになってしまいます。

設置してまだ数年しか経っていない方

設置してまだ数年しか経っていない方

東芝の太陽光発電システムを設置してまだ数年しか経っていない方はメーカー保証の年数が残っています。
ですのでパワーコンディショナーの交換を必要とするハイブリッド型蓄電池の設置はもったいないのでオススメしません。

代わりに単機能型蓄電池ならば、既設の太陽光発電システムをいじらずに連携させることができるのでお勧めです。

単機能型蓄電池を導入する場合の注意点

既設の太陽光発電システムをそのままに設置ができるので、太陽光発電システムの知識がなくても営業が可能です。
ですので新規参入の販売会社がかなり訪問販売で売り上げを稼いでいます。これ自体は別に構わないのですが、結果としてかなり高額で勢いにまかせて契約してしまっている方の相談を多く受けるようになりました。

少なくとも相見積もりは取って冷静に比較するようにしてください。

東芝の太陽光発電システムにおすすめの蓄電池

長州産業のスマートPVマルチ

長州産業のスマートPVマルチはオムロンが製造ており、蓄電池容量を6.5kWh、9.8kWh、16.4kWhの3つから選べること、
停電時に家じゅうの電気を賄えるタイプの全負荷型と、特定の電源だけ使うことができる特定負荷型も選べることが特徴です。

東芝の太陽光発電を設置して10年経過する方これから続々と出てきますので、単機能型とハイブリッド型を選ぶことができるのもメリットです。
また東芝の太陽光発電システムは主にオムロン製のパワーコンディショナーを採用していましたので、その点でも違和感なく導入できることもポイントです。

いわゆるスマートスター

設置して数年しか経っていない方には単機能型蓄電池がお勧めですので、それならば単機能型ではトップシェアのスマートスターLをお勧めします。
スマートスターLは伊藤忠商事が売り主ですが、OEMで同じ蓄電池がネクストエナジーからはiedenchiとして、DMMからも発売されていますのでこれらのどれかであれば良いと思います。

後悔しない蓄電池の買い方・選び方

太陽光発電への理解度が高く、工事も良く分かっている複数の会社から話を聞いて比較して検討することです。そのためのお手伝いをソーラーパートナーズはしております。

自宅に合った蓄電池を選ぶためには、

・太陽光発電はどのようなシステム設計になっているか
・停電時にどのような使い方をしたいと思っているか
・特定負荷型・全負荷型のどちらのタイプにするか
・単機能型・ハイブリッド型のどちらにするか
・エアコンなどの200V電源は使えるようにするのか
・予算はどのくらいか
・蓄電池の容量はどのくらいにするか
・東芝太陽光発電との相性は問題ないか

などなど様々なことを考えて検討する必要があります。そしてさらにこれらを考えつつも、より良い、より安い、より安心な会社を比較して選ばなければなりません。

気軽に相談できる専門のアドバイザーもおりますので、ご利用をお待ちしております。