ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • 売電
  • »
  • 2019年度太陽光発電の売電価格確保にはいつまでに申請が必要?各電力会社の申込期限まとめ

2019年度太陽光発電の売電価格確保にはいつまでに申請が必要?各電力会社の申込期限まとめ

2019年度太陽光発電の売電価格確保にはいつまでに申請が必要?各電力会社の申込期限まとめ

2019年度売電申請手続きの締切は10kW未満と以上で違うので注意

経済産業省より、2019年度の売電申請手続き(事業計画認定申請)の締切が既に発表されています。

  • 10kW未満:2020年1月10日(金)
  • 10kW以上:2019年12月20日(金)

10kW以上の太陽光発電システムについては、来年度は現在の売電制度は廃止される可能性が高いですので現在検討している方は締切をしっかりと意識しながら検討を進めるようにして下さい。

関連記事
太陽光発電の売電廃止?住宅用太陽光発電の売電制度は継続!
太陽光発電 2019年度売電価格
区分 2019年度 売電期間
買取価格(10kW未満) 出力制御対応機器設置義務なし 24円/kWh 10年間
出力制御対応機器設置義務あり 26円/kWh 10年間
買取価格(10kW以上) 14円/kWh+税 20年間

売電申請手続きに必要な3つのこと

1.メーカーと容量の決定

2019年度の売電価格を確保するための申請手続きは、正式には「事業計画認定申請手続き」と言います。

その名の通り、太陽光発電の「事業計画」の認定をしてもらうための申請です。

ですからどのような太陽光発電システムを設置しようと考えているかがそもそも決まっていないと申請ができません。

つまり、どのメーカーのどの太陽光パネルを何枚、どこに設置するのか、どのようなメンテナンス計画なのかが決まっていないと申請ができないのです。

2.必要書類の用意

事業計画認定申請手続きには、添付するべき必要書類があり申請期日までに用意できていなければなりません。

10kW未満の場合

  1. 建物の登記事項証明書(土地設置の場合は土地の登記事項証明書)
  2. 接続の同意を証する書類

10kW以上の場合

  1. 土地の登記事項証明書(建物設置の場合は建物の登記事項証明書)
  2. 接続の同意を証する書類
  3. 住民票の写し、もしくは戸籍謄本
  4. パワーコンディショナーの仕様書
  5. 位置図(20kW以上土地設置の場合)
  6. 事業実施体制図
  7. 関係法令手続状況報告書

3.WEB上での申請手続き

太陽光発電の売電申請手続き(事業計画認定申請)は、WEB上で行います。

上記の1と2が揃って入れば短ければ5分WEBでの申請手続きは完了します。

どうしてもWEBでの申請ができない場合は郵送での申請受付もしておりますが、手続きが煩雑になること、訂正作業が大変であることなどから原則はWEB上で行います。

WEB上での申請手続きを締切日までに完了することが、2019年度の売電確保に必要となります。

2019年度売電申請で一番の注意は接続の同意を証する書類

申請手続き自体はWEBでの申請ですから太陽光発電システムの計画さへ決まっていれば簡単で、締切日当日でも可能です。

また10kW未満でも10kW以上でも必要な書類である登記事項証明書も最寄りの法務局で取得できますのでそれほど手間ではありません。

問題は接続の同意を証する書類です。

この書類は各電力会社に別途申込をしてから発行される書類で、おまけに発行までに時間のかかる書類です。

ですから、2019年度の売電価格を確保するための実質的な締切は、事業計画認定申請の締切日までに接続の同意を証する書類が発行されるように管轄の電力会社に申込をすることです。

電力会社別 2019年度売電申請の締切

毎年各電力会社が、売電申請手続き(事業計画認定申請)の締切日に対して、いつまでに申込手続きをしてくれたらその日までには、接続の同意を証する書類を発行しますという期日を発表します。

つまりこの各電力会社の発行期日こそが、実質的な2019年度の売電申請締切です。

各電力会社の発表時期はバラバラなので、発表されたものは確定期日を未発表のところは過去の傾向からの予想を書いていますのでご覧ください。

電力会社別 2019年度売電申込の締切
電力会社 申込期限 特記事項 電力会社のURL 資料PDF 解説記事
北海道電力 2019年11月1日(金) 確定 URL 詳細
東北電力 2019年10月25日(木) 確定 URL 詳細
東京電力 2019年11月8日(金) 確定 PDF 詳細
北陸電力 2019年11月1日(金) 確定 URL 詳細
中部電力 2019年11月8日(金) 確定 PDF 詳細
関西電力 2019年11月28日(木) 確定 PDF 詳細
中国電力 2019年11月8日(金) 確定 URL 詳細
四国電力 2019年11月8日(金) 確定 PDF 詳細
九州電力 2019年11月15日(金) 確定 PDF 詳細
沖縄電力 明示されず お早目に申し込みください。 PDF 詳細

結局いつまでに何をすればいいの?

各電力会社への申し込み期限がわかっても、「いつまでに何をすれば期限に間に合わせられるのかがわからない」という方も多いのではないでしょうか。

申し込み期限までに必要な動きと、いつまでに行えばいいかの目安についてもまとめました。

売電契約までの流れ

太陽光に見積依頼・検討
太陽光業者に見積依頼などをしてメーカー・業者を比較検討。
太陽光業者と契約 【期限目安:売電契約申込期限の一週間前】
メーカー・業者を決定し工事を依頼。
(業者が電力会社に申請をするまでに少し時間が必要になることもあります。電力会社が定める期日より1週間程度余裕をみて契約を済ませておきましょう。)
売電契約申込み 【期限:電力会社による。上記表をご参照ください】
太陽光業者が電力会社に売電契約申込み。
事業計画認定を申請・電力会社との接続同意書類を提出 【期限:1月11日(金)】
太陽光業者が資源エネルギー庁に事業計画認定を申請。
電力会社との接続同意書類も同日までに提出が必須。
2018 年度中の認定申請等にかかる期限日について(お知らせ)| 資源エネルギー庁

事業計画認定申請に必要な書類・手続き

  • 登記事項証明書の取得 (法務局から取得)
  • 事業計画認定申請 (太陽光業者が実施)
  • 「承諾」手続き (設置者が実施)

承諾手続きの方法についてはこちらをご覧ください。

関連記事
2017年度以降の設置者はほぼ全員必須!事業計画認定の申請確認メールの承諾方法
太陽光業者が施工 【期限:売電契約から1年以内】
太陽光業者が太陽光発電の設置工事を実施
連系手続き 【期限:売電契約から1年以内】
電力会社が連系処理を実施。売電開始。

まとめ

その年の売電価格を確保するため駆け込み需要の発生は毎年の恒例行事ですが、年々売電価格確保の為の締め切りが早くなり、2019年度はとうとう10月ごろが駆け込みのピークとなる見込みです。

また今年度は、中三社以外の優遇売電価格(プラス2円)の最後の年ですので、より駆け込みが強くなることが予想されます。

人気の工事会社はこの駆け込み時期はどんどんスケジュールが埋まってきてしまいますし、締切に追われて焦って契約手続きをして驚くほどの高値で契約をしてしまう方は毎年後を絶ちません。

なるべく早め早めに行動し、後悔のない契約になるようにして下さい。

ソーラーパートナーズでは見積もり比較だけでなく、勢いで契約してしまった方の契約内容が適切かどうかの最終チェックも承っておりますのでお気軽に弊社のソーラーアドバイザーまでご相談ください。