【四国電力エリア】2019年度太陽光発電の売電価格と申込期限などを詳しく解説

太陽光発電は現在、改正FIT法のもと運用されています。

住宅用は余剰電力買取制度、産業用は全量買取制度(余剰電力買取を選択してもよし)となっており、固定された価格で一定期間電力会社が買い取ることを義務付けられています。

固定買取期間はどの電力会社も同じですが、買取価格は電力会社ごとに異なります。

またそれ以外にもいくつか電力会社によって異なる部分があります。

この記事では四国電力エリアの

  • 2019年度売電価格
  • 2019年度売電価格の申込期限の予想
  • その他四国電力エリア特有の情報

についてまとめました。

四国電力エリアで太陽光発電を検討中の方はチェックしておいてください。

四国電力エリア 2019年度(平成31年度)売電価格

2019年度(平成31年度)の四国電力エリアの売電価格は以下の通りです。

四国電力エリア 2019年度の売電価格
四国電力エリア
10kW未満 26円/kWh
10kW以上 14円/kWh+消費税

この価格は2019年度(平成31年度)中に申し込み手続きが完了した方が、10kW未満の住宅用であれば10年間、10kW以上の産業用であれば20年間売電が保証される価格です。

売電価格確保の申し込み期限を過ぎてしまわないようにしましょう。

四国電力エリア 2019年度売電価格確保の締切を予想

2019年度の売電価格確保のための申し込み期限はまだ発表されていません。

おそらく10月くらいにならないと発表はされないと思いますので、今はいつくらいが締切になるのかの予想をしておきたいと思います。

四国電力エリアの売電価格確保のための申込期限予想:11月8日(金)

売電価格を確保するためには、電力会社と国への両方に申し込み手続きを取らなければなりません。

  • 電力会社への申込:売電契約申込
  • 国への申込:事業計画認定申請

昨年度以前のそれぞれの締切期限を見てみると以下の通りになっています。

四国電力エリア 2018年度以前の売電契約・事業計画認定申請締切
2018年度 2017年度 2016年度
売電契約申込締切 11月9日 12月22日 2月28日
事業計画認定申請締切 1月11日 1月12日 1月20日

2016年度までは事業計画認定申請の締切が売電契約申込の締切より先に来ていたのが、2017年度からは順序が逆転しています。

ちょうど2017年度から電力会社への申込後に発行される「接続の同意を証する書類」を、事業計画認定申請の際に添付する必要が出てきたため、電力会社への申込みが先になったからです。

しかし2018年度は、さらに一ヶ月ほど売電契約申込みの期限が早まりました。これも理由があります。

2017年度は実は事業計画認定申請の締切は1月12日でしたが、「接続の同意を証する書類」はあとから2月16日までに添付をすれば良しとされていたのが、そうではなくなってしまったからです。

2018年度の事業計画認定申請の締切は1月第2週の金曜日までとなっていますので、2019年度の事業計画認定申請の締切は2020年1月10日(金)と予想します。

(2019年5月31日に、2019年度の10kW未満の事業計画認定申請の締め切りが2020年1月10日(金)になる旨が正式に発表されました。)

そして昨年度の四国電力の売電契約の申込締切は11月2週目の金曜日でしたので、2019年度の売電契約の申込締切は2019年11月8日(金)と予想します。

四国電力 2018年度の売電価格申込期限 solar-partners.jp

四国電力エリア 売電価格確保のために必要な手続き

売電契約までの流れ

消費者太陽光業者
見積依頼・検討 (平均30日程度)

消費者太陽光業者
設置工事を依頼 (契約)

太陽光業者電力会社
売電契約申込み

太陽光業者資源エネ庁
事業計画認定申請

太陽光業者消費者
設置工事

売電確保のための四国電力への申込手続きは、四国電力に事前に登録のある太陽光の業者からでないと行うことはできません。

そして四国電力への申込みには、どのようなシステムか、どの屋根に設置するのか、その周辺の電柱はどうなっているかなどかなり詳細な資料を用意する必要があります。

ですから契約する太陽光の業者と設置するメーカー、容量を事前に決定する必要があります。

契約が取り交わされたら、太陽光業者が四国電力への申込み手続きを行いますが、その間に最寄りの法務局出張所にいって、自宅の建物部分の登記事項証明書(謄本)を取得する必要があります。

その後の国への申請である事業計画認定申請に必要だからです。

契約をしてすぐに売電が開始できるわけではありませんので、早め早めに検討を進めるようにしましょう。

四国電力エリア 2020年度の売電価格予想

最初に書いたとおり今年度(2019年度)四国電力エリアの売電価格は住宅用で26円/kWh、産業用で14円/kWhですが、来年度(2020年度)は以下のように予想しています。

四国電力エリア 2020年度の売電価格予想
四国電力エリア 2020年度売電価格(予想)
10kW未満 21円/kWh
10kW以上 11円/kWh+消費税

10kW未満の住宅用が5円引き下げの21円と大幅ダウンを予想していますが、その理由は出力制御対象エリアの売電価格優遇がなくなる見込みだからです。

もともと、東京電力、中部電力、関西電力以外のエリアは、売電価格が2円高く設定されていました。

なぜなら、東京電力、中部電力、関西電力以外のエリアは出力制御対象地域であるため、出力制御に対応した機器を導入しなければならないからです。

出力制御対応機器の分、導入コストが高くなってしまいますので、優遇措置として売電価格を2円高くしてもらっていたのです。

ところが、ここ最近、実際には出力制御対応機器を導入する場合にも、導入コストが高くなっているという事実はないことが判明しました。

データを見ても出力制御対応機器の設置義務があるエリアが中三社(東京電力、中部電力、関西電力)エリアと比べて、導入費用が高くなっているということが起きていなかったのです。

そのため、2020年度から、この売電価格2円アップの優遇措置はやめる方針であることが明言されています。
つまり、四国電力を含む出力制御機器設置義務ありのエリアは売電価格が2円余計に引き下げられ、トータルで5円の引き下げになる可能性が高いということです。

当然ですが、売電価格が5円引き下げとなると経済メリットも大幅に少なくなります。

四国電力エリアの方は、絶対に今年度設置することをおすすめします。

2020年度売電価格について詳しく solar-partners.jp
カテゴリ: 売電

四国電力エリア 出力制御について

四国電力エリアは出力制御対象エリアですので、出力制御は発生する可能性があります。

しかし、現実的に考えると、10kW未満の住宅用が出力制御の対象となることはまず考えにくいです。心配無用です。

低圧太陽光発電の出力制御対象地域
※高圧太陽光発電は全エリアが出力制御対象
出力制御 説明 都道府県
制御対象 この地域は、太陽光発電の売電が一定期間 停止される可能性があります 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、富山県、石川県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
一部対象 この地域は、管轄電力会社によっては太陽光発電の売電が一定期間 停止される可能性があります 福井県、岐阜県、兵庫県
※上記3県でも四国電力、中部電力、四国電力エリアは対象外です。
対象外 この地域では、出力制御は行われません 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県

四国電力管内は、人口も多く、電力需要も大きいため、当面の間は出力制御の対象外となっています。
そのため、出力制御対応機器の設置義務もありません。

出力制御について詳しく solar-partners.jp

四国電力エリア 売電金額、売電量の確認方法

実際に四国電力エリアで太陽光発電を設置して売電がスタートすると、売電契約の申込みの際に登録しておいた銀行口座に毎月売電収入が振り込まれるようになります。

毎月どのくらいの売電量があって、いくら売電収入があるのかは紙での通知かもしくは、「よんでんコンシェルジュ」という四国電力専用の電力見える化サイトから確認することができます。

四国電力は紙での通知の場合は書面発行手数料として月108円(税込)がかかりますので、「よんでんコンシェルジュ」に必ず加入することをおすすめ致します。

・よんでんコンシェルジュ|四国電力(外部サイト)

まとめ

繰り返しになりますが、2019年度の四国電力エリアの売電確保申込み期限を11月8日(金)と予想しましたが、これは太陽光業者と11月8日(金)までに契約をすれば良いというわけではありません。

太陽光業者は申込みの書類準備等もしなければならないので、10月中には契約をしておく必要があります。

太陽光発電の標準的な検討期間は一ヶ月から二ヶ月です。
8月までには検討をスタートさせることを目安に動いていただくと、下手に焦って動いて失敗することも起きないのではないかと思います。

ソーラーパートナーズでは見積もり比較だけでなく、ご契約内容が適切かどうかの最終チェックも承っております。
迷ったときはお気軽に弊社のソーラーアドバイザーまでご相談ください。

売電に関連する記事

売電に関連するQ&A

人気記事ランキング


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!