10.22kWの太陽光を設置する場合4.6kWのパワコンでは不足でしょうか?

Q
お客様からのご質問

パナソニックで10.22kW設置予定です、見積もりにはパワコンが屋外用5.9kWのものが提示されていますが屋外用4.6kWのものでは能力不足なんでしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問ありがとうございます。
太陽光パネルの出力とパワコンの出力の兼ね合いの質問ですね。
おそらく5.9kWパワコンが2台での提示になっているのを、5.9kWと4.6kWの1台ずつでは駄目なのかという事かと思います。

確かに5.9kWパワコン2台ですと11.8kWと太陽光パネル10.22kWと比べてだいぶ余裕があります。5.9kWと4.6kWであれば、10.5kWとちょうど良い感じがします。

ただやはりこれは5.9kWを2台にしなければならないと思います。
そうしないとおそらく、せっかく10.22kW設置しているにも関わらず、全量買取の買取期間20年にはならず、余剰買取の買取期間10年になってしまうからです。

10.22kWのパナソニックの太陽光発電システムがどのようなパネルの枚数組み合わせなのかわからないのですが…(うまくぴったりになりません)。
仮に244Wのパネル40枚、120Wのハーフパネル4枚の合計10.24kWであると仮定して話を進めます。

電力会社が何をもって10kW以上か10kW未満かを判断しているかというと、太陽光パネルの出力合計(今回であれば10.22kW)ではありません。
その際に太陽光発電パネルの最大出力の合計とパワーコンディショナ(パワコン)の定格出力の小さい方の数値を記載します。
例:太陽光パネルの最大出力合計 6.0kW  パワコン定格出力 5.5kW の場合5.5kW

同様の質問はこちら。
サニックスを施工した後、電力会社からのご案内で容量が減っていました

もし今回244Wパネル20枚、120Wハーフパネル2枚の合計5.12kWのシステムが2システムで合計10.24kWという事で、5.9kWパワコンと4.6kWパワコンにしてしまっていると下の計算のように10kWを割り込んでしまいます。
システム1
太陽光パネルの出力合計 5.12kW  パワコン定格出力 5.9kW →採用出力5.12kW
システム2
太陽光パネルの出力合計 5.12kW  パワコン定格出力 4.6kW →採用出力4.6kW
合計5.12kW+4.6kW =9.72kW

おそらくこちらの理由からパワコン選定がなされていると思います。
2つの太陽光発電システムがそれぞれ出力合計がいくつになっているかを確認してみて下さい。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組