ソーラーパートナーズ独自の取組

「太陽光発電」は7割の人が損をするという週刊新潮の記事について教えてください。

Q
お客様からのご質問

週刊新潮に、「太陽光発電」は7割の人が損をするという記事がありましたが、本当でしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

私も電車広告で衝撃的な見出しを見つけて、週刊新潮の記事を確認してみました。

この記事では、「『太陽光発電』は7割の人が損をする」根拠として、次のような内容が書かれていました。

「太陽光発電はメンテナンスフリーではなく一定の故障率があるにも関わらず、太陽光発電を導入した人のうち3割程度しか毎月の発電量をチェックしていない。
その結果、異常に気付かないまま大損してしまう可能性が、少なくとも7割の人にはある。」

こちらの内容に特におかしな点があるわけではありません。異常にいち早く気付くためにも、毎月発電量をチェックすることはとても大切だと思います。

とは言え、こちらの内容からすると、「『太陽光発電』は7割の人が損をする」という見出しは、ちょっと衝撃的過ぎるような気がします。
週刊誌にとっては、人々の目を引くためにこれくらい衝撃的な見出しをつけなければならないということなのでしょう。