太陽光発電は夜も発電しないし蓄電もできない!太陽光発電のデメリットを考察

ご注意ください
「モニター価格」「工事代無料」
「~棟限定のキャンペーン価格」

上記のような魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。
このようなご案内を聞いている方は複数社からのお見積りを比較してみることを強くお勧めします。

Lunar Panels by Curtis Perry, on Flickr

「夜は発電せず蓄電もできない」ことは太陽光発電のデメリットなのか?

もともと、「夜は発電せず蓄電もできない」というデメリットは、メリットである「非常用電源として使用できる」に対するデメリットとして、
「非常時に夜間に使えて蓄電もできると勘違いしているとショックを受けるよね」
という意味合いでデメリット項目に載せていました。

ですが「夜は発電せず、蓄電もできない」という事が「デメリット」というのは言葉が相応しくないと思います。
夜も発電すれば嬉しいですが、できないからと言ってデメリットと言うにはかわいそうです。
(車が空を飛べないからと言ってデメリットとは言わないですよね。)

ただ確かに太陽光発電は夜発電しませんので、この事実を『太陽光発電が発電する時間帯と電気を使用する時間帯はどうなっているのか?』という観点から見てみたいと思います。

ちなみに本当に夜は発電しないのか気になる方はこちら。

家庭用の電力消費のピークはいつ?

そもそも家庭で電気を一番使っている時間帯はいつなのでしょうか?
資源エネルギー庁がまとめた資料にそのあたりのことが書いてあります。
1日のうちに家庭の電気がどの時間帯で多く使われているのかが良くわかります。

引用:夏期最大電力使用日の需要構造推計(東京電力管内) p.4|資源エネルギー庁 経済産業省
家族が帰ってきて照明がつき、テレビをつけという事で夜の20時が電力消費のピークとなっています。

この電力消費ピークの時に発電してくれたらピークカットに貢献しますので非常にメリットになると思いますが、さすがに20時ともなるとどの季節でも太陽は沈んでいます。
太陽が沈んでしまうと当然、太陽光発電システムは発電しません。

全体の電力の消費ピークはいつ?

ただ、電気は家庭だけで使用するわけではありません。
全体で見ると電力の消費ピークはいつになるのでしょうか?

引用:夏期最大電力使用日の需要構造推計(東京電力管内) p.7|資源エネルギー庁 経済産業省
全体の電力消費量から見れば、家庭での消費量は全体のたった3割に過ぎません。
そして業務用、産業用の電力消費を合わせるとやはり電力消費のピークは昼間の14時となっています
昼間は太陽光発電システムがフル稼働している時間帯ですので、やはり太陽光発電システムはピークカットに貢献をしているのです。

太陽光発電も蓄電ができたら最高なのに...

あとは「太陽光発電は蓄電ができない」という部分ですがこちらも機能が無いという話ですのでデメリットという言葉は同じく相応しくありません。
「太陽光発電は蓄電ができない」という部分は、蓄電池を購入することでカバーすることができます。
蓄電池の詳しい説明はこちら。

蓄電池はまだまだ高価ですので普及には一定の国の補助が必要です。
今後の補助制度がどのようになるのか注視していきたいと思います。

まとめ

住宅用太陽光発電システムの良い点は、余剰電力買取制度により創エネと省エネが同時に叶えられる事です

そして太陽光発電を導入したご家庭は電気の使用に対する意識が変わるため、昼のみではなく夜間の電力消費も少なくなります。
「太陽光発電は夜間発電できないが、夜間の電気の使用を抑えるというメリットがある」と言っても言い過ぎではないと思うのですがいかがでしょうか。

余談ですが、東日本大震災以降、節電意識が高くなってきて全体の電気使用量は減少し、特に最大電力需要期間である夏場の節電は素晴らしいものがあります。 データー引用元:電力需要実績|電気事業連合会
夏の節電意識が高まった結果、節電の意識が緩む冬場の方が電気使用が多くなるという状態になっています。

太陽光発電のメリットデメリット

[PR]【特別企画】メーカーインタビュー

太陽光発電メーカーの「気になる事情」を消費者目線で洗い出し、メーカーに直接質問する特別企画『ソーラーパートナーズメーカーインタビュー』

第5回は東芝エネルギーシステムズ株式会社の太陽光発電事業におけるキーマン勢揃いのインタビューです。

「東芝は太陽光発電事業を継続するのか」といった聞きにくいことから「世界最高の変換効率の新製品」についてなど盛りだくさんの内容を語っていただきました。

東芝インタビュー#00 solar-partners.jp

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング

コメントをどうぞ

▶入力欄を開く▼入力欄を閉じる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。



お客様の声
実際どれくらいお得なの?

愛知県半田市 S.I様

実績があり信頼性の高い業者さんを選んで頂けます。丁寧に進…

愛知県半田市 S.I様

三重県松阪市 T.O様

複数の業者さんからの提案があり、安心して話を進めることが…

三重県松阪市 T.O様

富山県 Jun様

第三者の立場から良いアドバイスをしてくれました。1社のみ…

富山県 Jun様

大阪府寝屋川市 N.S様

信頼できる業者の中から価格やサービスを比較し、よりよい選…

大阪府寝屋川市 N.S様

栃木県鹿沼市 有様

絶対にお勧めです。他の見積もりサイトも利用しましたが、全…

栃木県鹿沼市 有様

千葉県鎌ケ谷市 N.K様

無料で見積もりを取ることができるので、一度は利用した方が…

千葉県鎌ケ谷市 N.K様

 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

[PR]メーカーインタビュー

/img-bbd-toshiba_interview_banner.jpg

人気記事ランキング

(2018年7月16日更新)

2018年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電