ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電を屋根ではなく壁面に設置した場合の発電量は?

太陽光&エコ情報あれこれ

北海道の一戸建て住宅会社が太陽光発電パネルを屋根ではなく壁面に設置する提案を始めるそうです。
冬季にパネルに雪が積もって発電できるなくなるのを防ぐ事が目的で、日射角度がかわるので発電効率は落ちるが雪がつもりにくく通年で発電するため、年間発電量は屋根に設置する場合とほぼ同水準との事です。
正直北海道に住んだ事がないので、雪下ろしの大変さや頻度も知らないので何とも言えませんが、雪下ろしを適宜行うのであればさすがに屋根設置の方が発電量は多くなるのは間違いありません。
あと北海道ですと、前の建物の影が壁面にかかるという事は起きないのでしょうか?もし影が定時でかかってしまうという事であればやはり屋根に設置する必要がでてくると思います。
新築用のパッケージ商品なので現状既築用のものは発表されておりません。