2世帯住宅に太陽光発電を設置の場合

今日の太陽光発電相談事例

神奈川の方から太陽光発電の相談を頂きました。

最近この内容の相談がなぜか多いのでここで共有させて頂きます。

二世帯住宅の方からのご相談で、電気契約もご両親世帯と自分たちのと2つされているパターンの方々の場合に、ほとんどの方が、当初それぞれに発電した電気を分けるように計画をされています。

たしかに屋根は1つしかなく、世帯が2つあるわけですので屋根を共有しており、その屋根に載せる太陽光発電システムの恩恵も共有するというのが至極妥当な発想だと思います。

ただやはり現在の住宅用の太陽光発電システムは発電した電気量から自宅で使用した電気量を差し引いた余剰電気にだけ高額な買取価格が適用されます。
つまり余る電気がどれだけ多くなるかというのが一番大きなポイントになります。

仮に5kWのシステムで、

年間予想発電量が5,000kWh
親世帯の日中電気使用量が2,000kWh
本人世帯の日中電気使用量が1,500kWh

以上のようなご家庭だった場合、2つに分けた時のシミュレーションは以下の様になります。
(※売電価格は42円、買電単価は24円で計算)

【親世帯】  2,500kWh – 2,000kWh = 500kWh
安くなる電気代  2,000kWh×24円 = 48,000円
売電収入      500kWh×42円 = 21,000円

小計69,000円

【本人世帯】 2,500kWh – 1500kWh = 1,000kWh
安くなる電気代 1,500kWh × 24円 = 36,000円
売電収入    1,000kWh × 42円 = 42,000円

小計78,000円

つまり、2世帯の合計導入メリットは年間で

69,000円+78,000円 = 147,000円

合計147,000円

となります。

そしてこれを2つに分けず、本人世帯にだけ適用した場合は以下の様になります。

【本人世帯】 5,000kWh – 1500kWh = 3,500kWh
安くなる電気代 1,500kWh × 24円 = 36,000円
売電収入    3,500kWh × 42円 = 147,000円

合計183,000円

本人世帯のみで使用した場合と、2世帯に分けて利用した場合のメリットの差は

183,000円 – 147,000円 = 36,000円

つまり、2世帯に分けないで導入した方が、年間で36,000円お得になります。
ちなみに10年間では360,000円お得です。

2世帯に分けるという事は2つのシステムを導入するという事です。
パワコンも接続箱もモニターも全部2つずつ必要になりますので、そもそものシステム一式の価格も設置工事代も高くなります。

よほどの理由がない限りは、当然1つの世帯にのみ導入することをお勧め致します。

メリットデメリットに関連する記事

メリットデメリットに関連するQ&A

人気記事ランキング

コメントをどうぞ

▶入力欄を開く▼入力欄を閉じる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電