ソーラーパネルは黒が良い?

Q
お客様からのご質問

最近テレビCMでソーラーパネルは黒が良いという話を聞きますが、なぜソーラーパネルは黒が良いのですか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ソーラーフロンティアの井川遥さんが出演しているCMをご覧になったのですね。「ソーラーパネルは黒」というのは、あくまでもキャッチコピーとして使用されているだけですので、「ソーラーパネルは黒ければ黒いほど性能が良い」というわけではありません。
ソーラーフロンティアのソーラーパネルは黒色を基調とした落ち着いたデザインで、2007年のグッドデザイン賞を受賞しています。自宅の屋根に設置するものですので、デザイン面を重視されるのであれば「黒」というのは良い特徴と言えるかも知れません。ちなみに、単結晶シリコンタイプのソーラーパネルも「黒」または「濃紺」の落ち着いた色合いになります。
ソーラーフロンティアは、CIS太陽電池という化合物系の太陽電池を使用しているため、その素子の色である黒色になっています。化合物系の太陽電池は、発電効率が高くないためかなり大きな屋根でなければ一定の発電量を確保することはできませんが、価格が安いため初期投資を抑えて導入したい方には良いかと思います。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組