ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

蓄電池と太陽光発電を併用すると売電価格と売電期間はどうなりますか?

Q
お客様からのご質問

お世話様になります。
またまた疑問点がありまして、まことに勝手ながらご連絡させていただきました。

蓄電池と太陽光を併用すると

  • 売電ができない?
  • 売電価格が下がる?
  • 買取期間が10年になってしまう?

等々いろいろと情報がありホントのところどうなのと思ってしまいました。

やりたいことは

  • 10kw以上の太陽光を屋根に載せて20年間の売電収入をもらえる
  • 蓄電池をつけて、深夜電力を買って昼間に使う
  • 買う電気料金が値上がりしてきたら、途中で全量買取から余剰買取へ契約を変更したい

このようなことは可能なのでしょうか?
また前半の蓄電池との併用は実際にいかがなのでしょうか?

大変お手数ですが、またご連絡いただけれ幸いです。
よろしくお願いします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問ありがとうございます。
太陽光発電と蓄電池の併用についてのご質問ですね。

現在の蓄電池は、太陽光発電が稼働しているときは蓄電池の電気を使わないようになっています。
そのためダブル発電にはならず、蓄電池を導入しても太陽光発電の売電価格は変わりません。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
家庭用蓄電池は次世代型へ!太陽光発電連携型蓄電池 »

今回のご希望の1つ目、
10kw以上の太陽光を屋根に載せて20年間の売電収入をもらえる
という事は全量買取ですので発電した電気を全て電線へ流します。
つまり家の分電盤には発電した電気は入らず、自宅の電気使用、買電状況には一切影響がない事になります。

ここで2つ目のご希望が出てきますが
蓄電池をつけて、深夜電力を買って昼間に使う
これはご自宅の電気使用に関係する話ですので、太陽光発電と別で考えて構いません。

ですから1つ目と2つ目の希望は設置面積等条件が合えば何ら問題はありません。

ただ3つ目のご希望
買う電気料金が値上がりしてきたら、途中で全量買取から余剰買取へ契約を変更したい
これはできません。
全量から余剰、余剰から全量への移行はできません。

ですから折衷案としては、10kW以上の太陽光発電システムを設置したとしても全量買取にはせず余剰買取を選択するという事になるかと思います。
(買取期間は余剰買取を選んだ場合も10kW以上であれば20年間になります)