ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組

親との共有名義の家でも太陽光発電は設置できますか?

Q
住んでいる家が親との共有名義なのですが、そういった場合でも太陽光発電システムは設置できるのでしょうか?
A
はい、共有名義の家でも設置できます。
ただし、共有名義者の同意書が必要です。
回答者
加藤雅樹

必要な書類は『建造物の【屋根/屋上】の使用に関する同意書』というものです。

太陽光発電システムの設置の同意を、共有名義者から得た証拠として必要となります。

ちなみに…

ちなみにこの同意書のフォーマットは資源エネルギー庁のHPにある「再生可能エネルギー発電事業計画における再生可能エネルギー発電設備の設置場所について」というPDF内よりダウンロードできます。

このフォーマットについていくつか記します。

書き入れる内容は「日付」「依頼人の住所と氏名」「所有者の住所と氏名と捺印」「使用に同意する建造物の所在・家屋番号・種類」です。

そこまで記入に手間取るものではありません。

本文は非常にシンプルで「当方が所有する下記建造物の【屋根/屋上】について、依頼人が再生可能エネルギー発電設備を設置するために使用することに同意し、それを証するため署名押印いたします。」とあります。

必要記載事項に「種類」とありますが、不動産登記法によって定められている建物の種類の事です。

いくつか挙げると「居宅」「店舗」「寄宿舎」「共同住宅」「事務所」「旅館」「料理店」などがあります。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?