定期借地権にて太陽光発電を野立て設置する場合の留意事項

Q
お客様からのご質問

「土地付き太陽光発電」をうたい文句として、設備に対し投資する手法がありますが、土地を20年定期借地権にて投資する場合の留意事項があれば教えてください。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
現在の太陽光発電システムの全量買取制度は買取期間が20年ですのでちょうど良いといえばちょうど良いですね。

20年目以降の買取価格は決まっておりませんのでわかりませんが、買取価格が0円になるという事は想像が付きません。

住宅用の太陽光発電システムは買取期間が10年ですので、11年目以降は通常買電単価と同じ売電単価になると想定してシミュレーションします。

そのように考えた時に、20年目以降に延長契約が可能な定期借地権なのかどうかの確認が必要です。

もし延長契約ができないのでれば太陽光発電システムの撤去費用を計算に入れる事と現状復帰費用が発生するのかどうかの確認が必要だと思われます。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組