10kW以上の太陽光発電システムの設置にあたって注意点はありますか?

Q
お客様からのご質問

10kW以上のシステムの設置を考えておりますが、業者の選択にあたり、特に留意する事項はございますか?
検討中の販売業者は手続きが煩雑であるとして、電力申請等事務手数料を5万円として見積もりを出してきております。
また、国等から補助金がでないことは承知しておりますが、その他に設置において不利益になるような事項はあるのでしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問ありがとうございます。
「10kW以上の太陽光発電システムの設置にあたっての注意点」
についてのご質問ですね。

10kW以上の太陽光発電システムと書かれているところから察するに、ご自宅への設置検討で非常に屋根が大きい方であること。
そのため10kW以上にすることができたので、全量買取を検討していらっしゃる方と推測致します。

10kW以上の太陽光発電システムを設置するにあたり一番注意するべきなのは、いざ電力会社に申請をした際にトランスの交換費用等が数十万円発生してしまうかもしれないという点だと思います。
ただこれは発生するかしないか、したとしてもどの位の費用になるのかは申請してみないとわかりませんし、販売会社云々の話とはまた別の話です。

では、10kW以上の太陽光発電システムの設置検討の際の販売会社に対する注意点は何かという事ですが、5kWの太陽光発電システムを設置検討する際と変わらないと思います。

  • 工事実績はあるのか
  • 工事の知識はあるのか
  • 保証体制はどうなっているのか
  • 自然災害補償はついているのか
  • 会社自体の存続性はどうか

などです。

あとはこれも販売会社選びとは関係ありませんが、10kW以上となるとパワコンを2台つける事になりますのでその設置スペースがちゃんと確保されているかどうかも注意点の1つです。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組