ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

余剰電力の系統連系を低圧電力(200V)にすることは可能ですか?

Q
お客様からのご質問

倉庫兼住居の屋根に余剰電力での設置を考えています。
余剰電力を関電の低圧電力(200V)に連結することは可能でしょうか?

可能な場合、従量電灯系の系統に繋ぐのに比べて工事料金などで違ってくることはありますか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問ありがとうございます。
「余剰電力の系統連系を低圧電力(200V)にすることは可能か?」とのご質問ですね。
低圧電力(200V)いわゆる動力電源ですね。

結論からいいますと、できるものとできないものがございます。
住宅用で使用されるパワーコンディショナー(5.5kWや4.0kW)は単相3線式にしか対応しておりませんので、三相3線式の低圧電力(200V)の動力には繋ぐことはできません。

10kW以上の産業用で使用されております大型のパワーコンディショナ―(10kWなど)は三相3線式に対応しているものがございますので繋ぐことが可能です。

今回余剰電力での設置検討とのことですので、10kW未満の太陽光発電システムと推測致します。
どうしても低圧電力(200V)に繋ぎたいのであれば住宅用の太陽光発電システムを使わずに10kWパワコンを使ってシステムを組むことはできます。
ただ通常つくメーカーの10年保証はつかなくなると思います。

工事代の違いは特に発生しないと思います。

他にも、こんなお悩みはありませんか?
  • 太陽光発電ってどうやって選べばいいの?
  • この見積りは妥当な値段なの?
  • 結局どのメーカーがいいの?
  • 本当に契約しても大丈夫?
  • ○○と△△はどっちがお得なの?
このようなお悩みがありましたら、お気軽にソーラーパートナーズにご相談ください。
※お見積りではなくても、随時ご相談を承っております。
お急ぎでしたら電話(無料)でどうぞ!
受付時間
10:00~20:30
土日祝日OK
受付時間:10:00~20:30 土日祝日OK
電話番号をタップすると電話をかけられます。

NHKの取材を受けました

NHK放送画像2

NHKの取材を受け、太陽光発電の専門家として太陽光発電選びのポイントなどを説明しました。
全国の設置検討中の方から寄せられるご相談に電話で回答する様子も放送されました。

取材の様子はこちら »

フジテレビ『とくダネ』で紹介されました

フジテレビとくダネ放送画像

フジテレビ『とくダネ』で、ソーラーパートナーズの『太陽光発電 契約時の注意点』が紹介されました。

番組の内容はこちら »

太陽光発電 契約時の注意点

以下にあてはまる場合は注意が必要です。

  • 値段:相場と比べて異常に安い・高い
  • 施工業者:書面を残さない、契約を焦っている
  • 前金で全額を支払わない
太陽光発電に詳しい別の業者のセカンドオピニオンを持つことが重要
依頼件数ランキング1位

太陽光を検討する方は必ずご利用頂いています


\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?