ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

3kWの太陽光発電付き中古住宅を購入予定ですが2kWの増設はすべきでしょうか?

Q
お客様からのご質問

築13年の太陽光発電(3kW位)付中古住宅を買います。
屋根にまだスペースがあり現在のパワコン(1台)で足りるので2kW追加したいと思ってますがどうでしょうか、思い切って5kWに総取替がよいでしょうか

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
築13年の中古住宅という事ですのでこの太陽光発電システムが設置をしてから何年経っているのかを知りたいところです。

増設をしますと今設置済みの太陽光発電システムの売電期間が基準となります。
例えば2009年11月以前に設置をしているのであれば、2009年11月から余剰電力買取制度が始まってますのでここから売電価格48円、買取期間10年がスタートしています。
仮に今から増設をしますと、その増設した分の太陽光発電システムは48円で買取期間6年となってしまいます。
そうなるとあまりお勧めはできません。
仮に昨年設置の太陽光発電システムという事であれば売電価格42円の買取期間9年となりますので検討の余地は出てくると思います。