ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電を住宅ローンで購入した場合はローン控除で税金を安くすることができますか?

Q
お客様からのご質問

太陽光発電システムの購入を住宅ローンを利用して現在申請中です。

自宅屋根と新設カーポートで10kW以上全量買取です。
437万円を住宅12年ローンで計画しています。

その場合は、年末調整で住宅ローン控除で税金が戻ってきますか?
また、いくらくらい戻ってきますか?
補助金は一切受けておりません。

よろしくお願いします。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
masaaki-nakajima.gif
回答者
中嶋正明

ご質問ありがとうございます。
「太陽光発電システム購入を住宅ローンを利用した場合はローン控除で税金を安くすることが出来ますか?」と言うご質問ですね

結論から申しますと、ご質問者様の条件では所得控除を受けることはできません

太陽光発電システムに関する所得控除は2種類あり、新築の場合と既築の場合に分かれます。

  • 新築および住宅購入の場合:住宅借入金等特別控除
  • 既築の場合:住宅特定改修特別税額控除

新築および住宅購入の場合:住宅借入金等特別控除

住宅借入金等特別控除は、以下の2つの場合に利用できます。

  • 住宅ローンを利用して家屋の新築や改修を行い、その一環として太陽光発電システムを設置した場合
  • 太陽光システムがすでに取りつけられている住宅を住宅ローンを利用して購入した場合

既築の場合:住宅特定改修特別税額控除

住宅特定改修特別税額控除は、指定された省エネ改修工事(一般断熱改修工事)等を行い、同時に太陽光発電システムの設置を行った場合に利用できます。

ご質問者様の工事内容は、「カーポートを新設し、自宅屋根とカーポートの屋根に太陽光発電システムを設置した(一般断熱改修工事は、していない)」と言う内容だと思いますので、条件に当てはまりません。

そのため、所得控除は受けられません。