ソーラーパートナーズ独自の取組

車庫(カーポート)に10.5kWの太陽光発電を考えていますが価格は妥当ですか?

Q
お客様からのご質問

個人の鉄骨鋼板葺車庫(傾斜)80㎡程に東芝10.5kW全量売電予定で42枚 7列3並×2 パワコン2台表示1接続箱2を設置を考えております。
各部材や、ケーブル、架台、モジュール備付費用、電気工事費等個々にご教授頂けないでしょうか。
ちなみに総額税込400万以内に考えております。
又野立じゃないので少し高くつくのは仕方がないかなとも思っております。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
「車庫設置の場合の、10kW以上の太陽光発電の価格」
についてのご質問ですね

ご自宅の車庫に10kW以上で全量売電とは羨ましいですね。

車庫設置の方が野立てよりも割安になると思います。
(野立ての方が整地費用雑草対策など費用がかかります)

さてシステム詳細を個々にという事でしたが、
各部材、ケーブル、架台まで東芝から一式で卸されてきます。

そして太陽光発電システムの価格は以下の3つの足し算で決まります。

  • システム価格
  • 工事代
  • 利益

そして次にシステム価格の定価はほぼ意味をなさないものとなっているのが現状です。
普通に販売しても定価からの値引き額がかなり大きくなります。
(新商品発売からかなりの割合が引かれた仕入れ額でスタートします)

見積書上で利益をいくらとっているか記載するわけにはいきませんので、

  1. 定価の合計だけ記載して、あとで値引きという金額提示をする会社
  2. なんとか利益をシステム価格と工事代に割り振って金額提示する会社

の2パターンございます。

1.のパターンですと、パネルがいくらでパワコンがいくらという記載はされていません。
2.のパターンですと、パネルがいくら、パワコンがいくらという記載はされていますが、正直各会社で各個別の部材への利益の割り振り方は各々バラバラですので、統一した基準があるわけではありませんので、各社の見積書を見て、こっちはパネルが高い、こっちはパワコンが高いといような比較が実は意味をなしません。

例えば「A社よりもB社の方が工事代が高いからもう少し安くしてほしい」とお願いをしたとしてもB社さんが行うのは利益を削るというだけです。

そうなりますと、システム一式の部材が各社統一されているかを確認したうえで総額の比較をする以外はないと思います。