ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

陸屋根と南向き片流れを比較するとどっちの方が太陽光発電向きでしょうか

Q
お客様からのご質問

新築工事を検討しています。
屋根なのですが、工事としては陸屋根が安いのですが、南向き片流れの屋根にしてそこに太陽光を載せるのと陸屋根に防水加工をして架台を設置して太陽光をつけるのでは、現時点の工事費だけでなく将来的なメンテナンスも含めてどちらが良いでしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
「新築で陸屋根で陸屋根架台を使用するのと、南向き陸屋根架台で設置するのと、長い目で見てどちらが良いか」
とのご質問ですね。

陸屋根の方が工事代が安くて、且つ南向き片流れも選択できるという事ですので木造の家ではないかと推測致します。
もし仮にコンクリート造であった場合は、太陽光発電の工事費は南向き片流れよりも陸屋根の場合の方が高くなります。
架台を固定するための基礎の作成や、角度をつけるための架台も必要になってくるからです。

次に木造であった場合、木造の陸屋根に太陽光発電を設置する場合は通常のメーカー指定の工法ではできません。
屋根に穴を開けて固定をしますので、角度が無い屋根ですと架台固定部分に雨水がたまってしまい雨漏りの原因になってしまうからです。
ですので木造であれば南向き片流れをお勧め致します。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?