ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

シャープの太陽光発電の納品が遅れている状況で東芝と同じ245Wを選択を勧めるのは一理あるのでしょうか

Q
お客様からのご質問

 先日はお電話ありがとうございました。
 東芝とパナソニックの単結晶パネルで検討しているものです。

先日、シャープとパナソニック、ソーラーフロンティアを扱っている地元の自社施工業者さんから伺った話ですが、シャープではブラックソーラーの生産が追い付かず、今頼んでも6月くらいになることもとのこと。

東芝が使っているサンパワーの250Wをシャープでも発売し始めたので、同じパネルならパワコンなどの周辺機器はシャープ製もいいですよと勧められました。
一理あるのでしょうか。
ちなみに設置は平成25年度の地元市の補助金申込が始まってからと考えています。

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

ご質問有難うございます。
シャープの納品が大幅に遅れているのは事実です。
ブラックソーラーに限らず多結晶パネルも遅れています。

そのような中、東芝が使用しているサンパワー社の同じパネルをシャープも使うようになりました。

海外調達ですので納品も早く、仰る通り東芝を検討している方は、同じものですので、シャープの245Wを検討するのは良いと思います。

設置は市の補助金申込みが始まってからというのも賢いですね。
売電申請だけは事前に抜かりなく進めておくようにしてください。