ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

将来的に太陽光発電にリチウムイオン蓄電池を繋げることは可能ですか?

Q
お客様からのご質問

大震災以降、リチウムイオン蓄電池の早期製品化のニュースをよく耳にしますが、これが製品化された後に、現在使用中の太陽光発電システムに繋いで使用することは可能でしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

太陽光発電システムを設置済みのご家庭で蓄電池を接続して利用することは可能です。蓄電池の仕様にもよりますが、家庭用コンセントから充電を行うことで昼間発電した電力を蓄電池に蓄えておくことができます。ただし、通常太陽光発電システムは系統連系していますので、太陽光発電で発電した電力だけを蓄えるわけではなく、電力会社から買う電力も一緒に蓄えることになります。
将来的には電気自動車の駆動用バッテリーを住宅用蓄電池として使用し、太陽光発電で発電した電力を蓄える仕組みを開発したことを、2011年2月にシャープが発表しました。実用化はこれからですが、非常に楽しみな技術といえます。