ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

50kW未満の太陽光発電の場合パワコンは家庭用と業務用どちらにすべきですか

Q
お客様からのご質問

50KW未満の低圧で考えいますが、パワコン家庭用8台と業務用5台の設置はどちらが良いのでしょうか?
家庭用で台数増やすと電圧が上がり電気が送れなくなるのでしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

「住宅用パワコン8台と業務用パワコン5台ではどちらの方がいいのでしょうか」
という質問についてですが、まず前提として、住宅用のシステムには住宅用のパワコン、業務用のシステムには業務用のパワコンを設置する必要があります。

住宅用パワコンが一般家庭で用いられる単相3線式という電気方式を採用しているのに対して、業務用パワコンは工場の動力用電熱器といった大容量に用いられる、三相3線式という電気方式を採用しているからです。

その上で、お客様が家庭用パワコンと業務用パワコンを選べる状況で、かつ、それぞれのパワコンの変換効率が同じ場合、電力のロスに関しては、家庭用8台と業務用5台の設置で優劣はありません。

パワコン自体の性能や金額、設置場所などを考慮して選ばれるのがいいかと思います。

次に、
「家庭用で台数増やすと電圧が上がり電気が送れなくなるのでしょうか?」
というご質問についてですが、パワコンの台数を増やした場合、電圧が上がるということはありませんので、問題なく電気を送る事ができます。

パワコンを複数台設置したときの電気の流れは、パワコン内部で直流から交流に変換しその交流に変換された電気を複数のパワコンから並列に流すイメージとなります。