ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電ってつけるべき?太陽光発電のイメージ調査からわかったこと

太陽光発電に対するイメージを調査しました

再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まって3年以上が経ち、以前と比べて太陽光発電を身近な存在に感じる方が増えたのではないかと思います。
そこで、ソーラーパートナーズでは、太陽光発電に対するイメージ調査を実施してみました。

世間一般のイメージを調査することが目的なので、ソーラーパートナーズの利用者に調査したのではなく、無作為に抽出した一般的なインターネットユーザー554名の方に調査を行いました。 今回は、その調査結果の一部をご紹介したいと思います。

調査方法

今回の調査では、下記に挙げた太陽光発電に対する良いイメージ10項目、悪いイメージ10項目の、計20項目について質問しました。

太陽光発電の良いイメージ

  • 環境に良い
  • 投資メリットがある
  • 電気代を節約できる
  • 電気を売ることができる
  • 節電意識を高める
  • 非常時電源として活用できる
  • 断熱性が良くなる
  • 子供の教育に良い
  • 社会にとって必要だ
  • 漠然と良いイメージがある

太陽光発電の悪いイメージ

  • 投資回収できない
  • 初期投資が高くて買えない
  • 買取制度の先行きが不透明だ
  • 補助制度が弱まった
  • 屋根など建物に悪影響がある
  • メンテナンスが大変だ
  • 廃棄処理が不安だ
  • 周辺住民に迷惑をかける
  • 怪しい会社が販売している
  • 漠然と悪いイメージがある

上記の20項目それぞれについて、下記5つの選択肢から自分の考えに一番近いものを選んでもらいました。

選択肢

  • そう思う
  • ややそう思う
  • どちらともいえない
  • ややそう思わない
  • そう思わない

ここから、太陽光発電に対する世間一般のイメージや考え方が見えてきました。

一番多くの人がもつ太陽光発電のイメージは「環境に良い」

全20項目のうち、「そう思う」「ややそう思う」と回答した人の割合が一番多かった項目は、「環境に良い」です。
実に、8割近い人が「太陽光発電って、環境に良いよね」と考えていることがわかりました。太陽光発電は環境に良いと思いますか?

また、52%の人が「社会にとって必要だ」と考えていることがわかりました。 太陽光発電は社会にとって必要だと思いますか?

さらに、「漠然と良いイメージがある」と考えている人が56%もいるのに対して、「漠然と悪いイメージがある」と考えている人は、わずか12%でした。 太陽光発電に漠然と良いイメージがありますか? 太陽光発電に漠然と悪いイメージがありますか?

このような調査結果から、太陽光発電そのものに対して良いイメージをもっている人の方が多いということが改めて確認できました。

実際に、太陽光発電は二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーですし、これからの世の中に必要なものだと、私も強く信じています。

太陽光発電のメリットはわかっている人が多い

これだけ世の中にとって必要だと考えられている太陽光発電ですが、全体的に見るとまだまだ普及が進んでいるとは言えません。
特に住宅用太陽光発電は、国内にある戸建住宅に対してまだ10%も普及していないのが現状です。

太陽光発電は、社会にとって良いものですし、必要なものですが、購入する個人にとっては、それだけの理由で買うことはなかなかできません。
やはり、買うメリットが明確にあってこそ、実際に購入するところまでいくのだと思います。

それでは、太陽光発電のメリットについて、世間一般のイメージがどうなっているのか見ていきましょう。

太陽光発電の大きなメリットは、電気代を節約できて、しかも余った電気を売ることができることです。
このあたりのメリットについては、みなさんきちんと認識をもっているようです。太陽光発電は電気を節約できると思いますか? 太陽光発電は電気を売ることができると思いますか?

太陽光発電のメリットは投資になるほど大きくない?

電気代を節約できて、余った電気を売ることができると考えている一方で、「太陽光発電には投資メリットがある」と考えている人は、たったの22.7%しかおらず、「太陽光発電は投資回収できない」と考えている人が59.0%もいます。
太陽光発電を買ったらメリットがあるのはわかるものの、導入費用を上回るほどメリットが出ると考えている人は、あまりいないことがわかりました。

太陽光発電には投資メリットがあると思いますか? 太陽光発電は投資回収ができないと思いますか?

こういった調査結果から見えてきた太陽光発電に対する世間一般のイメージは、
「太陽光発電は環境に良いし社会にも必要だと思うけど、うちでわざわざ買うことはないよね。」 というものではないかと思います。

まとめ

せっかくみなさん太陽光発電に対して良いイメージをもっているのに、「太陽光発電は投資メリットが出ない」という誤解をされているのは、非常にもったいないと思います。

太陽光発電は、一度設置すれば20年くらいは十分使えます。
初期費用を10年で回収できて、残りの10年間はずっと利益を生み続けてくれるということが普通です。
つまり、太陽光発電は投資メリットは十分出るんです!

クリーンな電力を生み出してくれてしかも投資メリットもある理想的な商品「太陽光発電」が、誤解されていることで普及が進まないのは本当にもったいないと思います。

こんな誤解がまだまだ残っていることは、私たちのような太陽光発電業界に属する人間の努力不足が原因だと、とても責任を感じてしまいます。

一人でも多くの方に、太陽光発電の魅力に気づいていただけるよう、今後一層の努力をしていきたいと改めて思いました。

「じゃあ、うちなら太陽光発電を付けてどれくらいメリットが出るの?」と気になった方は、ぜひソーラーパートナーズまでお問い合わせください。