ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電を買うときに遠い会社は危なくて、近い会社は安心?

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

長野県の方からの太陽光発電の相談でした。

人が複雑な事象を判断するのに、単純化して思考をする事がよくあります。
よくあるのが、『高いものは良いもの』という判断基準。
値下げしても売れなったものが、値上げした途端に売れるというのは良くある話です。

今回のご相談者は訪問販売の会社が何度も何度も訪問してきていたのですが、訪問販売会社は全く信用しておらず全て警戒して断ってきた方でした。

そんな方がさらっと契約をしてしまったのだが、念のため確認という事でその奥様からのご相談でした。

なぜその方が今回は安心して買ったのかというと、『近いから』という事に尽きます。

たまたまその会社の営業所が家の近くだったので、急に警戒心が解けあれよあれよと契約をしてしまったという事でした。

これは、「訪問販売=遠い所から訪問する=遠い会社は危険」という図式がこの方の中にできていて今回「遠い会社は危険→近い会社は安心」という図式が発展形として出来上がったのだと思います。

ところがどっこいとんでもない契約内容で、
シャープ 5.94kW  エコキュートセットで512万円(税込)というとんでもない値段でした。

どう計算しても150万円高いです。

久々の100万超えでしたので、ものすごい感謝されその日一日良い気分でした。

「営業マンが熱心で丁寧だから・・・」これも良く言われるフレーズです。

物事を単純化しすぎるのも考えものです。
クーリングオフ期間中に、もしくは契約前にご相談下さい。