カナディアンソーラー(CS6V-245MS)の性能は?価格が安く性能がいい太陽光パネル

2019年6月12日の日経・NHKへの解説はこちら solar-partners.jp
カテゴリ: 売電

カナディアンソーラー(CS6V-245MS)の性能は?

カナディアンソーラーはカナダのメーカーになります。
一言で言うなら、とにかく日本のメーカーよりも安いことが特徴です。
今回は、カナディアンソーラー(CS6V-245MS)をご紹介いたします。

カナディアンソーラーについてはこちらの記事をご覧ください。

関連記事 solar-partners.jp
カテゴリ: メーカー
CS6V-245MS

CS6V-245MSの製品ページ | CanadianSolar

(2017年7月時点)
カナディアンソーラー 2016年7月モデル
型番 CS6V-245MS
公称最大出力 245W
モジュール変換効率 18.11%
公称最大出力動作電圧 26.8V
公称最大出力動作電流 9.15A
公称開放電圧 32.9V
公称短絡電流 9.75A
質量 16.0kg
寸法 横1,638×縦826×厚さ40mm
発売日 2016年7月29日(月)

カナディアンソーラーは安価で性能がいい

先ほどカナディアンソーラーは安いと述べましたが、他のメーカーと比べてどれくらい価格差があるのでしょうか。

同じくらいの性能(変換効率)で比較してみました。

(2017年7月時点)
メーカー
(型式)
変換効率 設置容量
(パネル枚数)
相場価格
(税込)
相場kW単価
(税込)
東芝(Jシリーズ)
TOSHIBA

(TJM-240PP-WHT-J)
18.5% 4.32kW (18枚) 135.6万円 31.4万円/kW
カナディアンソーラー(QUINTECH)
Canadian Solar

(CS6V-245MS)
18.1% 4.41kW (18枚) 126.9万円 28.8万円/kW
京セラ(ルーフレックス)
Kyocera

(KJ260P-MPTCG)
17.9% 4.15kW (-枚) 146.8万円 35.4万円/kW
三菱電機(マルチルーフ)
MITSUBISHI

(PV-MA2450M-1)
17.2% 4.41kW (18枚) 154.0万円 34.9万円/kW

東芝のJシリーズは海外パネルのOEMのため、国内メーカーのなかでも比較的安価ではありますが、それでもカナディアンソーラーのほうが設置費用が10万円近く安くなっています。

純国産メーカーの京セラや三菱と比べると、カナディアンソーラーのほうが設置費用が20~30万円近く安く、いかに安価かということが良く分かります。

Qセルズよりも変換効率が高い

また、同じ海外メーカーのQセルズと比べると、価格帯こそ同じくらいですが、変換効率面で大きく差がついています。

メーカー
(型式)
変換効率設置容量
(パネル枚数)
相場価格
(税込)
相場kW単価
(税込)
カナディアンソーラー(QUINTECH)
Canadian Solar

(CS6V-245MS)
18.1% 4.41kW (18枚)126.9万円28.8万円/kW
Qセルズ(Q.PLUSシリーズ)
Q.cells

(Q.PLUS-G4.1 275)
16.5% 4.13kW (15枚)120.5万円29.2万円/kW

こうして見ると、カナディアンソーラーが他のメーカーよりもkW単価が安く、しかも性能(変換効率)が高いことがよくわかります。

最新の相場価格や変換効率についてはこちらのページをご覧ください。

関連記事 solar-partners.jp

カナディアンソーラー(CS6V-245MS)が高性能のワケ

電気への変換効率を上げるために、2つの技術を取り入れています。

電気の抵抗をなくして発電量アップ~5本バスパー構造

太陽光パネルのセルから作った電気を流す電極をバスパー電極と呼ぶのですが、以前のセルは、2~4本バスパー電極が配線されており、電気の抵抗あるため発電量が低下していました。
それを、バスパー電線を5本に増やすことで、電気抵抗を少なくして発電量の低下を抑えました。

CS6V-245MS

CS6V-245MSの製品ページ | CanadianSolar

セルPERC(Passivated Emitter and Rear Cell)新技術

従来の太陽光パネルは、パネルが浴びた太陽光をそのまま電気に変換していました。 PERC技術を取り入れることによって、パッシベーション膜というのが作られ、取り入れた太陽光をパッシベーション膜に反射させてさらに発電量を増やすことが可能となりました。

CS6V-245MS

CS6V-245MSの製品ページ | CanadianSolar

まとめ

カナディアンソーラーは価格が安いわりには、他メーカーの単結晶の中でも電気へと変える変換効率は高い、という点が特徴のパネルです。
性能重視の方ですと、国内メーカーのシャープのブラックソーラー、パナソニックのHITなどがありますが、価格重視の方には、カナディアンソーラーのような海外メーカーがおすすめです。

他メーカーについては以下の記事をご参考ください。

関連記事 solar-partners.jp
カテゴリ: シャープ
カテゴリ: パナソニック

カナディアンソーラーに関連する記事

人気記事ランキング


 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2019年4月19日更新)

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電