【2022年(令和4年)】東京都の蓄電池補助金は前代未聞!最大80万円!太陽光もセットだとさらにプラス。もらい方など詳しく解説

地元の太陽光業者を探す
▼ 都道府県を選択 ▼
▼ 検討しているのは? ▼

本記事では、
東京都は蓄電池の補助金があるって聞いたけど本当?
東京都在住の方で、太陽光発電を検討しているけど、蓄電池も導入しようか迷っている。
という疑問にお答えします。

補助金情報は自分で調べても専門用語が多く、わかりづらいので東京都が発表している最新情報を以下3点を中心に出来る限り分かりやすく解説しています。

・2022年(令和4年)の東京都の蓄電池補助金はいくらもらえるのか
・太陽光発電をこれから購入する人が補助金をもらう方法
・東京都の補助金をもらい損ねないようにするための注意点

太陽光発電・蓄電池の専門アドバイザー相談してみませんか?

2022年(令和4年)東京都の蓄電池補助金は最大80万円

東京都は以前から蓄電池の設置導入には前向きで毎年補助金を出してくれています。

昨年度はkWhあたり7万円、最大42万円という他では考えられない高額の補助金を出してくれていました。
ところが今年度はなんとさらに増額されて一昨年度と同じkWhあたり10万円、最大80万円の補助金を出してくれることになりました。

昨年度のおよそ倍額の補助金額となりましたので当然ながら凄い早さで、予算消化が進むことが予想されます。焦って契約することはダメですが、検討を早く始めることは強くお勧めします。

※既に太陽光発電システムが設置済みの方は上記のように最大80万円ですが、これから太陽光発電と蓄電池をセットで導入するという方については、また条件が変わってきますので以下でご説明します。

2022年(令和4年)東京都の太陽光補助金が復活!条件は蓄電池セット導入

東京都は10年前太陽光発電に対して他県がうらやましがるほどの超大型補助金(kWあたり10万円)を出してくれていました。

国の施策通りに太陽光発電システムの価格は順調に安くなっていったので、その役割を終え補助金はなくなったのですが、2022年度(令和4年度)に条件付きですがまさかの太陽光発電の補助金が復活しました。

そしてあろうことか当時より太陽光発電システムの価格は半減以下になっているにも関わらず、10年前よりも多く補助金がもらえるという大盤振る舞いです。
その補助金額はまさかのkWあたり12万円(3kW以下の場合はkWあたり15万円)です。※新築はkWあたり10万円(3kW以下の場合はkWあたり12万円)

以前と違うのは条件が、蓄電池とセットで購入した場合に限るということ。しかし1つ上に書いたように蓄電池には蓄電池で最大80万円の補助金を出してもらえます。

東京都で太陽光発電の導入検討している人が、蓄電池セットで購入する場合、蓄電池への補助金と合わせると100万円をゆうに超える金額が東京都からもらえるということです。
業界のものからすると考えられない金額です。数年前に同じ東京都で太陽光と蓄電池を設置した身からすると羨ましさを通り越して、若干憤りすら感じる金額です。

今から東京都で太陽光を検討する方は、この千載一遇のチャンスを逃すことがないように、焦らず、しかし予算切れにならないうちに検討を進めるようにしてください。

2022年(令和4年)東京都の太陽光発電・蓄電池補助金の詳細

2022年6月22日より申請受付が開始されます。

今回の東京都の補助金の正式名称は、(令和4年度予算及び補正予算)災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業です。

   
補助対象 補助率等 上限額 想定件数
太陽光発電設備 新築住宅10万円/kW(3kW以下の場合12万円/kW)ただし3kWを超え3.6kW未満の場合一律36万円 実質なし 11,853件
既存住宅12万円/kW(3kW以下の場合15万円/kW)ただし3kWを超え3.75kW未満の場合は一律45万円 実質なし
蓄電池 太陽光4kW未満の場合、10万円/kWh 80万円 9,000件
太陽光4kW以上の場合、10万円/kWhは変わらず。
※太陽光の容量(kW)に20万円を乗じた金額と比較し小さい方の額を補助 
※計算例:太陽光4.5kW蓄電池9.8kWhの場合
9.8kWh×10万円=98万円 4.5kW×20万円=90万円 90万円の方が小さいので補助金額は90万円。
1000万円
V2H 太陽光とEV・PHVが両方揃っていない場合(例:太陽光は設置済だが、EVを所有していない場合等) 50万円 900件
太陽光とEV・PHVが両方ともある場合 100万円

(令和4年度予算及び補正予算)災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業

※太陽光発電設備は、断熱改修又は蓄電池、V2Hもしくはエコキュートのいずれかを設置した場合の上乗せ補助となります。

最新情報が入り次第、随時内容を更新していきます。

2022年(令和4年)東京都の太陽光発電・蓄電池補助金の太陽光容量別・蓄電池容量別ケース例

補助金詳細は上記の通りなのですが、結構複雑なのででは実際自分の家ではいくら補助金がもらえるのかを計算するのが難しくなっています。

ですので以下にいくつかの代表的な例で、実際に補助金額はいくらになるのか計算した表を作りましたのでご確認ください。※既築の場合です。

                                                 
太陽光発電容量 太陽光補助金額 蓄電池容量 蓄電池補助金額合計補助金額
3.0kW 45万円 6.5kWh 65万円110万円
3.5kW 45万円 6.5kWh 65万円110万円
3.5kW 45万円 9.8kWh 80万円125万円
4.0kW 48万円 6.5kWh 65万円113万円
4.0kW 48万円 9.8kWh 80万円128万円
4.5kW 54万円 6.5kWh 65万円119万円
4.5kW 54万円 9.8kWh 90万円144万円
5.0kW 60万円 6.5kWh 65万円125万円
5.0kW 60万円 9.8kWh 98万円158万円
閉じる
ソーラーパートナーズ
お問い合わせ先