太陽光発電メーカーの選び方!2つの基準でかんたん解決

太陽光発電はどのように選ぶべき?

太陽光発電のメーカーは様々ですが、最終的には1つのメーカーしか選べませんので、失敗しないよう最適な選択をしたいものです。
一体、何を基準に選ぶのがベストなのでしょうか?

太陽光発電のメーカー選びには、色々な判断基準があります。

  • 費用
    • システム総額
    • 工事代
    • 割引金額
    • kW単価
  • 太陽光パネル
    • 大きさ
    • 出力
    • 変換効率
    • 種類(単結晶・多結晶・CIS等)
    • 耐久性(耐雪・塩害対応)
    • 国内メーカー/海外メーカー
  • システム全体
    • システム保証
    • 出力保証
  • 設置工事
    • 固定箇所(野地板固定/垂木固定)
    • 施工方法(支持瓦工法・アンカー工法等)

これだけたくさんある判断基準の中で特に重要な「影響が大きく、メーカーごとの差が大きい基準」は、変換効率kW単価です。
他の基準は、細かい違いやメーカー選びの最後の大詰めの時に使う事はありますが、最初はまず「変換効率」と「kW単価」を基準にして、メーカーを選ぶことが重要です。

「変換効率」と「kW単価」を使う事で、太陽光発電メーカーは以下の3つの型に分けることが出来ます。

  • 発電量重視型
  • 早期回収型
  • 初期費用節約型

これら3つの型の中から自分に一番しっくりくる提案を選ぶことがメーカー選び成功のポイントです。
まずは「変換効率」と「kW単価」について説明します。

太陽光発電を選ぶ基準1:太陽光パネルの変換効率

変換効率は「面積あたりの発電量」を表します。
同じ面積で比較すると、変換効率が1.5倍ならば、発電量は1.5倍になります。

→詳しくは変換効率の解説ページをご覧ください。

太陽光発電を選ぶ基準2:太陽光発電システムのkW単価

お買い得かどうかは、「kW単価」で判断できます。
支払い総額をkW数(システム容量)で割った「kW単価」が安いほど、お得な太陽光発電です。
kW数で割る前の「支払い総額」で比較してしまうと、正しく判断できませんので、注意してください。

→kW単価についての詳しい計算は、kW単価の解説ページをご覧ください。

変換効率とkW単価で選ぶ太陽光発電の王道メーカー

売電収入を表す変換効率と、お得さを表すkW単価のバランスで、最適なメーカーが分かります。
横軸をkW単価、縦軸を変換効率にとってグラフを作ると、以下のようになります。

太陽光発電 メーカー相場価格・性能マップ

メーカーによって、価格が高く高効率、効率は低いが価格が安い、等さまざまありますが、大きく3つのタイプに分けることが出来ます。

  • 王道メーカー
  • お買い得メーカー
  • 特殊性能を持つ高額メーカー

変換効率とkW単価のバランスが良い「王道メーカー」

王道メーカーはグラフの左下から右上にかけて「薄い赤に塗られた帯」の範囲にあるメーカーです。
ばらつきがありますが、中心に近いメーカーが、より王道と言えます。
変換効率No.1の東芝が帯の中で少し右寄りですが、王道の中でも発電量重視のメーカーだということが分かります。

お買い得メーカーは、王道メーカーのラインより左

帯から左に外れたメーカーが、変換効率が高いわりにkW単価が安い、お買い得メーカーです。
グラフ中ですと海外メーカーのカナディアンソーラーがお買い得メーカーという事になります。

王道メーカーの右側のメーカーは、お高め

帯から右に外れているメーカーは高額メーカーです。
グラフ中では、京セラのサムライが該当します。
京セラのサムライは、発電量のわりに価格が高いのですが、「見た目が良い」という点で差別化しています。

太陽光発電を効率で選ぶ ~高効率メーカーと普通効率メーカー~

グラフを見ると、19%以上のメーカーと、19%以下のメーカーで2つに分かれていることが分かります。
19.0%以上のメーカーが高効率メーカーで、それ以外が普通効率メーカーと言えます。

高効率グループのお買い得太陽光メーカー

高効率グループでは、一番左にあるパナソニックがお買い得です。

普通効率グループのお買い得太陽光メーカー

一番左にあるメーカーが、変換効率のわりにkW単価が安いメーカーです。
普通効率グループでは、カナディアンソーラーがお買い得だということが分かります。

太陽光発電の最適な選び方は設置する人の要望で変わる

メーカーごとに、変換効率とkW単価で分けることが出来ましたが、実際にシミュレーションをすると、それぞれのメーカーの特徴が見えてきます。
設置する人の要望によって、最適なメーカーは変わります。

比較するメーカーの性能一覧

今回比較するのは、特徴の異なる以下の3メーカーです。

メーカー 出力 変換効率 特徴
東芝(250W)
TOSHIBA
250W 20.1% 変換効率No.1
カナディアンソーラー
Canadian Solar
225W 16.7% いち早く日本に参入した海外メーカー。
低価格。
ソーラーフロンティア
SOLAR FRONTIER
170W 13.8% 化合物系というジャンルで、
国内メーカーでも低価格

太陽光発電の選び方:3つのタイプ

東芝 カナディアンソーラー ソーラーフロンティア
kW数 6kW 5.5kW 4.4kW
発電量 6,600kWh 5,500kWh 4,840kWh
初期費用 230万円 175万円 160万円
回収期間 10年半 9年 10年
メーカーの特徴 発電量重視型 早期回収型 初期費用節約型

<条件>
月間電気代:月10,000円
日中電気使用割合:20%
売電価格:(10年間)35円/kWh (11年後以降)25円/kWh
1kWあたりの年間発電量:1,000kWh/kW(カナディアン)、1,100kWh/kW(東芝・ソーラーフロンティア)
電気代基本料金:1,166円

売電量重視で選ぶ場合は、東芝が最適です。
予算と相談にはなりますが、変換効率の高いパネルを選択していただくのが良いでしょう。

早く投資回収を終えてしまいたい、という場合は、早期回収型のカナディアンソーラーが最適です。
ただ、海外メーカーに抵抗のある方は、国内メーカーの中でも割安の三菱電機もおすすめです。

初期費用節約型の代表格は、国産で高性能なのに低価格のソーラーフロンティアです。
今ある貯蓄に手を付けたくないという場合におすすめです。

1つの太陽光業者から複数メーカーの見積をとるべし

複数メーカーで見比べたほうが良いとお伝えしましたが、見積りの取り方には注意してください。
ポイントは複数メーカーの取り扱いのある会社に見積り依頼をして、その1社から複数メーカーの見積りを出してもらうことです。

「いろんなメーカーを比較しよう」と思って、東芝の見積りは東芝を得意とするA社、パナソニックの見積りはパナソニックの得意なB社・・・とバラバラに見積りを取ってしまうと、混乱する可能性が高いです。
なぜなら、得意メーカーのはっきりしている業者は、不得意なメーカーの事はよくわかっていなかったり、業者によっては自分の所から買ってもらうために他メーカーの悪口を言う事もあり、比較するのが難しくなってしまうからです。
そのため、複数メーカーの工事実績がまんべんなくある会社から見積りを取るようにしてください。

まとめ

太陽光発電はメーカーごとに特徴があるので、「あなたが何を重視するか」によって、最適な太陽光発電の選び方は変わります。
最適なメーカーを選ぶために、変換効率とkW単価という2つの基準から、各メーカーの特徴を正しく把握しましょう。

最適メーカーは屋根条件によって変わってきますので、まずはあなたのご自宅の屋根で、メーカーごとにどのようなシミュレーションになるのかを確認することが重要です。

必ず3種類以上のメーカーを取扱っています

お客様に最適な太陽光メーカーを選択していただくために、ソーラーパートナーズに加盟している太陽光業者は複数メーカーが提案可能な会社のみに限定しています。
『3メーカー以上の取扱い』という厳しい審査基準をあえて設けることで、太陽光発電に精通している業者しか加盟できないようにしています。

1つの太陽光業者の複数メーカーの提案を比較する事で、お客様はご自身に一番合った太陽光メーカーを選ぶことが出来ます。
複数メーカーの見積り希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

あわせて読まれている記事

太陽光発電の売電ってなに?売電の仕組みをわかりやすく解説

なぜ金銭メリットがあるのか、費用は誰が負担しているのか、解説します。

太陽光発電メーカー比較ランキング

主要メーカーを様々な角度からランキング付けしました

人気記事ランキング

人気記事ランキング

(2017年2月20日更新)

2017年 要チェック記事

マンガでわかる太陽光発電

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ