ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

東芝のSシリーズ標準(SPR-253NX-WHT-J)の性能は?高温にも強い高性能パネル

東芝のSシリーズ(SPR-253NX-WHT-J)の性能は?

東芝のSシリーズは、アメリカのサンパワー社からOEMしている高性能なパネルです。

今回は、東芝のSシリーズ(SPR-253NX-WHT-J)をご紹介いたします。
東芝やもう一つのSシリーズ大型、Jシリーズについては、以下の記事をご覧ください。

関連記事
東芝 太陽光発電の相場価格・特徴
関連記事
東芝Sシリーズ大型(SPR-X21-345)の性能は?東芝で一番高性能な大型パネル
関連記事
東芝のJシリーズ(TJM-240PP-WHT-J)の性能とは?東芝の標準パネル
Sシリーズ(SPR-253NX-WHT-J) Sシリーズ(SPR-253NX-WHT-J) | 東芝

(2017年8月時点)
東芝 2016年10月モデル
型番 SPR-253NX-WHT-J
小売価格 184,800円+税
公称最大出力 253W
モジュール変換効率 20.3%
公称最大出力動作電圧 42.8V
公称最大出力動作電流 5.91A
公称開放電圧 51.0V
公称短絡電流 6.39A
質量 15.0kg
寸法 横1,559×縦798×厚さ46mm
発売日 2016年10月11日(火)

変換効率20.3%の高性能パネル

Sシリーズがどれくらいの性能なのか、国内メーカーと比較してみました。

各メーカーのkW単価比較
メーカー
(型式)
変換効率 設置容量
(パネル枚数)
相場価格
(税込)
相場kW単価
(税込)
東芝(Sシリーズ標準)
TOSHIBA

(SPR-253NX-WHT-J)
20.3% 4.05kW(16枚) 150.9万円 37.3万円/kW
シャープ(ブラックソーラー)
SHARP

(NQ-256AF)
19.6% 4.10kW(16枚) 145.3万円 35.4万円/kW
長州産業(Gシリーズ)
CIC

(CS-320G31)
19.5% 4.48kW(14枚) 161.4万円 36.0万円/kW
パナソニック(HIT)
Panasonic
(VBHN245SJ33)
19.1% 4.41kW(18枚) 157.0万円 35.6万円/kW

こうしてみると、他のメーカーと比べて変換効率が高いことがわかります。
価格面では、やはり相場のkW単価がそれなりにします。

Sシリーズの特徴はバックコンタクト方式

Sシリーズが高性能である理由は、バックコンタクト方式を採用しているためです。

従来の単結晶パネルでは構造上電極があったため、電極がある部分は太陽光を受け取ることができませんでした。
バックコンタクト方式にすることで、表面の電極をなくして、以下の図のようにN電極とP電極を交互に配置し、太陽光をより取り入れることが可能となりました。

バックコンタクト方式 Sシリーズ(SPR-253NX-WHT-J) | 東芝

バックコンタクト方式にした効果その1~
曇りの日でも発電する

朝や夕方、曇りや雨の日等の日射量が少ない時でも発電ができます。

わずかな光でも発電する Sシリーズ(SPR-253NX-WHT-J) | 東芝

バックコンタクト方式にした効果その2~
夏の高温時でも発電する

太陽光パネルは、高温に弱く発電性能が低下してしまうという特徴があるのですが、バックコンタクト方式によって、温度による発電ロスが抑えることが可能となりました。

暑さに強い発電性能 Sシリーズ(SPR-253NX-WHT-J) | 東芝

ここで、他メーカーとの温度による発電ロスを比較してみました。

各種パネルの温度ロスの比較
メーカー パネル
種別
春・秋
(4月~5月)
(10月~11月)

(6月~9月)

(12月~3月)
東芝
(Sシリーズ標準)
バックコンタクト方式 4.6%
(3~5月、9~11月)
7.4%
(6~8月)
1.7%
(12~2月)
ソーラーフロンティア CIS太陽電池 7% 10% 5%
パナソニック
(HIT)
HIT 7.74% 10.32% 5.16%

比較してみると、東芝のSシリーズがパナソニックのHITを抑えて、高温に対して強いパネルだということがわかります。

Sシリーズその他の特徴
太陽光の反射を抑えるARコート

Sシリーズの特徴はバックコンタクト方式だけではなく、「ARコート」「反射防止膜」「反射膜」の3つを採用しています。
これにより、太陽光をより取り入れることができ、尚且つ反射した光を発電させることができます。

ARコート、反射防止膜、反射膜 Sシリーズ(SPR-253NX-WHT-J) | 東芝

以上から、発電性能を重視する方は東芝のSシリーズ(SPR-253NX-WHT-J)がおすすめです。
逆に価格重視の方には、同じ東芝のJシリーズやカナディアンソーラー、ソーラーフロンティアがおすすめです。
詳しくは以下をご覧ください。

関連記事
東芝Sシリーズ大型(SPR-X21-345)の性能は?東芝で一番高性能な大型パネル
関連記事
東芝のJシリーズ(TJM-240PP-WHT-J)の性能とは?東芝の標準パネル
関連記事
カナディアンソーラー(CS6V-245MS)の性能は?価格が安く性能がいい太陽光パネル
関連記事
ソーラーフロンティア(SF175-S)の性能とは?安価で発電量が多く得られるパネル

併せてこちらの記事もご参考ください。
メーカー選びに悩んでいる方は、ぜひソーラーパートナーズにご相談ください!

関連記事
太陽光発電の設置費用が安くなる? 2019年のメーカー別相場価格大公開 費用対効果シミュレーションも!
関連記事
太陽光発電メーカー比較ランキング 最新2019年 ズバリおすすめメーカーはこれだ!
関連記事
太陽光発電効率比較ランキング!変換効率ってなに?