オール電化の普及数が増加!オール電化の普及と原発再稼働・2019年問題の関係とは

エコキュート

ご注意ください
「モニター価格」「工事代無料」
「~棟限定のキャンペーン価格」

上記のような魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。
このようなご案内を聞いている方は複数社からのお見積りを比較してみることを強くお勧めします。

オール電化の普及数が再び上昇基調に

11月2日に富士経済が太陽光発電システムとオール電化住宅の地域別の普及状況を調べた「2018年版 住宅エネルギー・サービス・関連機器エリア別普及予測調査 」の結果をまとめて発表しました。

この中で今回注目したいのはオール電化住宅の普及状況です。

東日本大震災以前は毎年40万戸以上の設置が進んでいたオール電化ですが、震災以降は前年割れが続きここ最近は毎年30万戸弱にとどまっておりました。
しかし2017年度に再び上昇に転じ、今年2018年度は31.6万戸が予想されるというものです。

なぜオール電化住宅が再び上昇に転じたのか

オール電化とは、簡単に言えばガスコンロをIHクッキングヒーターに、ガス給湯器をエコキュートに変更する事を指します。

オール電化は主に電力会社が積極的に営業をかけておりました。
なぜなら需要の少ない深夜電力の有効活用もできる上電力需要の底上げにもつながるためです。
原発は昼も夜も常に稼働するため、需要の少ない深夜電力の有効活用ができるエコキュートと相性が良いのです。

エコキュートに加えて調理器をガスからIHにすることでガスの基本料金を払わなくて良くするために深夜電力料金が安くなる時間帯別の電気契約を用意し、オール電化として売り出していたのです。

しかし東日本大震災以降、節電が叫ばれ電力会社はオール電化住宅の販促を自粛しておりました。

ここ最近になり2016年の電力自由化や、九州電力、四国電力、関西電力の原発再稼動によって、また販促活動が活発化していったので再び導入戸数が上昇に転じたのです。

これからさらにオール電化が増える理由

オール電化でコストメリットを生み出しているのは、IHではなくエコキュートです。
IHは単純にガス代が電気代に切り替わるだけと考えて頂いて差支えありません。

ではエコキュートがなぜコストメリットを生み出すのかと言えば、エコキュートはガス給湯器より効率的にお湯を沸かすことができるうえに、深夜の安い電力を使用するからです。
つまりエコキュートは原則として深夜に稼働させる機械です。

ところが2019年より太陽光発電システムを10年以上前に導入した方々の10年間の余剰電力固定価格買取期間が順次終了します。
11年目以降の買取メニューは現在続々と発表されていっていますが、今までのように売電するのではなく余った電気は自宅で消費するという考え方も選択肢として有効です。

その第一候補は蓄電池の導入なのですが、今まで深夜に稼働していたエコキュートをその余剰電力を使って昼間に稼働させてしまうのも非常に効果的な使い方になりますので注目されているのです。

災害時にも活躍するエコキュート

エコキュートはエアコンと同じ仕組み、ヒートポンプでお湯を沸かします。
熱湯の状態でタンクに貯めておき、水で薄めながら使用します。
つまり常にタンクにはお湯が入っている状態ですので、急な災害時には非常用水としてタンクから直接取りだせる仕組みになっています。

ただ非常時に使えるとはいえ、地震の時にエコキュートのタンクが転倒してしまうリスクがあります。
そんな事が起きては本末転倒ですので、設置時にしっかりと転倒防止措置を講じておくことが大事になります。

ですのでこれから新しくエコキュートを導入する場合は、見積もり内容に転倒防止金具などが含まれているかどうか必ず確認するようにしてください。

まとめ

かつてはエコキュートにした場合にはシャワーの水圧が弱いことや、IHにした場合に火力が弱いことなど導入による物理的なデメリットもありました。
しかし今は、メーカー各社の努力のお蔭でシャワーの水圧もIHの火力も全く気にならない、むしろ高いレベルにまで改良されています。

もちろんオール電化はガス代を下げるための商品ですので、現在ガス代が高い方が検討するという事が大前提ですが、検討の際には上にも書いたようにしっかりとした設置工事ができる会社を選ぶようにしてください。

ソーラーパートナーズでは、太陽光発電システムだけでなくオール電化も承っていますので、お気軽にご相談ください。

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング



お客様の声
実際どれくらいお得なの?

神奈川県座間市 J.A様

業者さん同士の相見積もり、メーカーごとの相見積もり、それ…

神奈川県座間市 J.A様

大阪府 INA様

価格や業者選びで悩んだときに相談できたので、とても頼もし…

大阪府 INA様

北海道札幌市 T.H様

色々と比較、検討し、実際に話を聞いてみるのが一番だと思い…

北海道札幌市 T.H様

神奈川県横浜市 Y.Y様

他の見積もりサイトを利用することはありませんでしたが、ソ…

神奈川県横浜市 Y.Y様

奈良県上牧町 M.O様

太陽光発電の設置を考えているなら、見積依頼をするといいと…

奈良県上牧町 M.O様

千葉県 CSP様

相見積もりも含め、色々な業者さんから話を聞くのは、混乱す…

千葉県 CSP様

 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2018年12月10日更新)

2018年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電