【誰でもわかる】太陽光発電2019年問題とは結局なにが問題なのか?

2019年問題とは?

ご注意ください
「モニター価格」「工事代無料」
「~棟限定のキャンペーン価格」

上記のような魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。
このようなご案内を聞いている方は複数社からのお見積りを比較してみることを強くお勧めします。

実はほとんどの方にとって問題でもなんでもない2019年問題

太陽光発電市場では少し前から2019年問題が騒がれはじめており、実際に2019年が近くなるにつれ、メディアで取り上げられる事も多くなってきています。

しかし2019年問題の何が問題なのでしょうか?

2019年問題とは、2009年11月に開始した余剰電力買取制度(10年間は余った電気を高く買い取りますという制度)の固定買取期間10年間が満了する方が出てくる事を指しています。

別にこれ自体は当初からわかっていた事ですので殊更騒ぐことではありません。

また、固定価格買取期間が終了したあとの買取価格がまだ確定していない事が「問題」のように思われがちですが、この点はすぐに明らかになることでしょう。

2019年問題の一番の問題点は固定価格買い取り期間終了後の売電価格の想定が、当時は24円kWhだったのに対して、実際には11円/kWh程度に下がる見込みだということです。

とはいっても、この2009年問題、実はほとんどの方にとっては関係のない話です。詳しく解説させていただきます。

2016年度以降に太陽光発電を導入する方は2019年問題は関係ありません

まず、これから導入する方も含め、2016年度以降に太陽光発電を導入する方は2019年問題とは全く無関係です。

2016年度以降、経済産業省は11年目以降の想定売電価格を11円(電力卸売市場並み)と資料に明記しており、業者が用意する収支シミュレーションでも11円で計算する事が通例化しています。 そのため検討者は、あらかじめ11年目以降の売電価格を想定して、導入の判断をすることができます。

関連記事 solar-partners.jp

ちなみに、近頃では11年目以降の売電価格低下を見越して、太陽光発電と同時に蓄電池をセットで購入する方も増えています。

10kW以上を設置している方も2019年問題は関係ありません

既に設置している方でも、10kW以上の太陽光発電システムを設置している方は関係ありません。(厳密には2012年7月以前に設置した10kW以上の方は関係ありますが、ほとんど対象の方がいらっしゃらないと思います)

10kW以上の太陽光発電システムは固定買取期間が住宅用の倍の20年となっていますので、あえて言うならば2032年問題となります。まださすがに先の話ですし、今回の2019年の対応から予測できることですので今から気にする話ではありません。

2009年11月以前に設置した方は関係はあるが大きな問題ではない

2009年11月以前に太陽光発電の設置をした方は、そもそも今の余った電気を高く買い取るという制度を前提として購入されていないはずです。 その当時は現在の制度とは違うRPS法のもとでの売電でしたので、買電単価と同じ約24円でした。

その後2009年11月に余剰電力買取制度がスタートし、それ以前に設置されていた方も、幸運なことに10年間42円の売電単価に跳ね上がったという経緯があります。

仮に2019年11月から売電単価が11円に再度変更になったとしても購入した当初の24円がずっと続いていた時よりもメリットは大きくなります。

そのため、売電価格の下落によって損をすると考えるよりも、むしろ2009年11月からの10年間、固定価格買取制度の対象となったことがラッキーだったととらえるべきでしょう。

2009年11月~2015年1月までの間に住宅用太陽光発電を契約した方が関係あり

2009年11月~2015年1月までの間に10kW未満の住宅用太陽光発電システムを契約した方が今回のいわゆる2019年問題に関係してくる方々です。

なぜなら、このときには11年目以降の売電価格は買電価格と同等の24円でシミュレーションするのが通例であり、現在想定される11円と比べて大きな差があるからです。

当然、当時に設置した方からすると「なぜ11年目以降の売電価格を24円で計算するのが通例だったのか」と憤りに似た疑問を持たれるかと思います。

その理由は、2009年以前は電力会社が買電単価とほぼ同じ24円/kWhで買い取ることが一般的であり、2009年11月以降もそれまでと同じく方法で売電価格を決定する、と経済産業省が回答していたためです。

当然私たちも、当時は11年目以降の売電価格について質問を受けた際には、24円が有力であると回答していました。

ちなみに、現在経済産業省が想定している11円という価格は電力卸売市場の価格を基に算出されており、「太陽光発電が再生可能エネルギーであることを加味して、 売電価格には若干の上乗せをするべきではないか」との考えもあります。

しかしその場合にも、残念ながら24円ほど高額に設定される可能性は低いでしょう。

本当の2019年問題、解決策は自家消費

まとめると、この2009年11月~2015年1月の間に10kW未満の住宅用太陽光発電システムを契約した方が当初の想定と比べて11年目以降の収支が悪くなるという事が「本当の2019年問題」です。

売電価格下落を軽減する方法として、有効なのが電気の自家消費です。当然、売電をする分の電力を自家消費すれば、売電価格下落の影響はありません。

自家消費割合を増やすための方策としては以下の3つがあげられます。

  • 蓄電地の導入
  • エコキュートの昼間利用
  • 電気自動車への充電

今年度よりZEH関連として蓄電地も補助金の対象となります。買替需要も含めて、エコキュート市場も再加熱することが予想されます。

こちらの記事でもFIT期間終了後の対策について記載があります solar-partners.jp

電気自動車の盛り上がりはご存知の通りです。

ネガティブな印象の強い「2019年問題」ですが、売電中心から自家消費を中心とした「本当のエコ」へ、太陽光発電が新しいフェーズに突入した証と言うこともできます。

蓄電池やエコキュートについては当社ネットワークでもご提案可能ですので、「売電価格が下がるのであれば自家消費割合を増やしてエコな暮らしをしたい!」とお考えの方はお気軽にご依頼ください。

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング



お客様の声
実際どれくらいお得なの?

埼玉県久喜市 T.M様

価格だけではなく施工の品質も含めて考えた時に不安を感じる…

埼玉県久喜市 T.M様

愛知県豊田市 T.F様

的確な業者さんをご紹介頂けるので、初めて検討する場合でも…

愛知県豊田市 T.F様

愛知県名古屋市 S.W様

太陽光発電の設置に興味を持ったら、一度利用してみる価値は…

愛知県名古屋市 S.W様

静岡県 アス様

多くの会社に出会うために、既に見積もりがあっても利用した…

静岡県 アス様

北海道千歳市 ms様

電話で詳しく説明して頂けるので、安心して本格的な検討に進…

北海道千歳市 ms様

兵庫県加古川市 H.N様

他の見積もりサイトも利用しましたが、ソーラーパートナーズ…

兵庫県加古川市 H.N様

 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

[PR]メーカーインタビュー

img-bbd-sharp_interview-13_banner.png

人気記事ランキング

(2018年6月18日更新)

2018年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電