ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

SANYOが世界一のセル変換効率の太陽光パネルの量産化を発表

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

太陽光&エコ情報あれこれ

三洋電機が世界トップのセル変換効率となる太陽光発電モジュールの量産化を発表しました。来年2月からまずヨーロッパで売り出すそうです。
モジュール変換効率は19.0%の最大出力240Wのパネルです。日本の住宅向けとしては後はこれがいくらで販売されるのかという所ですね。
補助金がもらえる上限設定を超えてではないと買えない高値の花となるのかどうかが一番の関心どころです。

SANYOが世界一のセル変換効率の太陽光パネルの量産化を発表 への1件のコメント

  1. 松田裕治 より:

    三洋(パナソニック)の太陽光6.45kW(215W)タイプを取り付ける予定ですが、新型が出ると言うので、今戸惑ってますが、国内販売が何時になるか知りたいのですが、3月以降なら、新型諦めようと思いますが、教えて貰えないでしょうか。