ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

勘違いしてませんか?オール電化(エコキュート)と太陽光発電でガス代・電気代が下がる理由

勘違いしてませんか?オール電化(エコキュート)と太陽光発電でガス代・電気代が下がる理由

こんにちは!
「太陽光発電と蓄電池の見積サイト『ソーラーパートナーズ』」の中村です。(蓄電池専用ページはこちら

徳島県の方から太陽光発電の相談を頂きました。

「太陽光発電を検討しており、同時にオール電化を薦められているのだが、できればガスはそのまま使いたい。
一緒にオール電化を導入した方が良いのか。
ガスは残しても良いのかを教えてほしい

というものでした。

太陽光発電は電気代を下げる商品・オール電化はガス代を下げる商品

なんか久々にオーソドックスな質問で嬉しくなります。
最近マニアックなものが多いので、こういう質問は原点回帰というか、一番得意な部分ですので自然と笑みがこぼれます。

まず第一に理解しなければいけないのが、
太陽光発電は電気代を下げる商品ですが、オール電化はガス代を下げる商品であるという事です。

オール電化には『電化』という言葉がついているので、どうしても電気代を下げる商品のような気がしてしまいます。
この勘違いを利用して、今回のような無理にオール電化も売りつける会社が後を絶たないわけです。

オール電化とはそもそも何をすることか

次にそもそもオール電化というのは何なのかという事ですが、オール電化というのは、ガス給湯器を『エコキュート』という商品に変えて、ガスコンロを『IHクッキングヒーター』という商品に切り替えることです。

オール電化にした方が良いかという質問は言い換えると、
「オール電化にした方が光熱費が下がるのか」
という質問です。

まず、『IHクッキングヒーター』には光熱費を下げる効果はありません
おおざっぱに考えれば、『IHクッキングヒーター』にしてもガス代が電気代に移行するだけと考えてもらって構いません。
したがって『IHクッキングヒーター』を導入するメリットは光熱費を下げる事ではなく、

  • 五徳(ごとく)がなくなり平面になる事による掃除のしやすさ
  • 火を扱わない事による火事リスクの低下
  • デザインのスタイリッシュさ

などです。

光熱費を下げる効果は主に『エコキュート』が担っています。

オール電化で光熱費が下がる理由

ここまで見て頂けるとお分かりになると思いますが、オール電化を導入したら確実に電気代は上がります
『IHクッキングヒーター』と『エコキュート』は電気で動くわけですから今までなかった電気代がかかるようになります。
これだとガス代がそのまま電気代に移行しただけになってしまいます。

光熱費が下がる理由は4つあります。

  1. エコキュートがガス給湯器に比べて圧倒的に効率的にお湯を沸かす事ができるから
  2. エコキュートはお湯をためる事ができるから
  3. 電力会社がオール電化普及の為に時間帯別料金コースを用意しているから
  4. ガス代の基本料金が無くなるから

つまり、お湯をためる機能を利用して、時間帯別料金コースに切り替えて大幅に電気代が安くなった深夜帯に一日分のお湯を効率的に沸かしきってしまい、かつ、ガス代の基本料金がかからなくなるから光熱費が下がるわけです。

じゃあみんなオール電化にした方が良いのか

この話だけを聞くと皆さんオール電化を導入したくなるかもしれません。
ただここで考えなくてはならないのが一番最初にお伝えした、オール電化はガス代を下げる商品であるという事です。
つまりガス代が高くないとお得にはならないのです。

しかしここも1点ポイントがあります。
ガスストーブなどを使っていてガス代が高い方は例外という点です。

今まで書いてきたように、オール電化はガス給湯器をエコキュートに代えることによってメリットが出ます。
ガスストーブで暖房をしていた方はその分をエアコンで暖房する事になります。
つまりガス代が電気代に移行するだけなのです。

オール電化を導入する事によって光熱費削減メリットが出るのはあくまで、

  • ガスコンロとガス給湯器以外にガスを使用する製品を使っていない
  • オール電化導入前のガス代が高い

という方です。

そしてオール電化を導入するべきガス代の目安は、ざくっと10,000円です。
私たちもガス代が10,000円を超えているという事であればオール電化導入をお勧めします。
9,000円位ですと交換時期次第で提案をします。
8,000円ですと正直無理に導入しなくて良いのではないかという話をします。
7,000円ともなればなぜオール電化にしたいと考えているのですかと逆に質問をします。

まとめ

今回の質問とは違いますが、太陽光発電とオール電化を同時に導入しないとメリットが出ないと勘違いしていらっしゃる方がいます。
今まで書いてきたようにそんな事はありません。

ただ、太陽光発電システムとオール電化は相性が良いのは間違いありません。
なぜなら時間帯別料金コースに切り替える事によって深夜帯は大幅に電気代が安くなりますが、日中は今までよりも電気代が高くなるからです。
でも太陽光発電を導入していれば日中の電気代は太陽光発電で賄えますのでそのことを気にしなくて済みます。(当然雨や雪などの発電していない日は無理ですが)

そしてもちろん、太陽光発電システムとオール電化を同時に導入した方が、別々に導入するより工事代などもお安くなったりするという事もあります。

実際は太陽光発電システムの導入金額と導入メリットとの合算での比較をして、一緒に導入するべきか最終的には考えていきます。
太陽光発電ほどではないですが、オール電化についても意外と詳しいのでいつでもご相談ください。

ちなみに今回の方はガス代が6,000円と驚異的な安さでしたので太陽光発電システムだけの導入にしましょうという話になりました。

勘違いしてませんか?オール電化(エコキュート)と太陽光発電でガス代・電気代が下がる理由 への4件のコメント

  1. 迷える小太り より:

    電気温水器を使っているからガスは台所だけなのでオール電化(IH)は見送ろうと思いました。

    • ソーラーアドバイザー中村雄介 より:

      コメント有難うございます。
      参考になったようで幸いです。

  2. エコ初心者 より:

    電気温水器をエコキュートに変えるだけで、電気代は下がると思うが?

    • ソーラーアドバイザー中村雄介 より:

      エコ初心者様

      コメントありがとうございます。
      ガス給湯からエコキュートにするのと同様で電気代は下がりますね。

      あとは本文に書いているように元々かかっている金額がいくらかという事が大事ですね。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?