ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

三菱のエコキュート相場価格・特徴

三菱 エコキュートの相場価格

シリーズ 給湯タイプ 型番 相場価格
(工事代・税込)
APF 給湯水圧 容量
Pシリーズ ハイパワー
追い炊き
フルオート
大容量
SRT-P552UB オープン価格 3.0 290kPa 550ℓ
ハイパワー
追い炊き
フルオート
SRT-P462UB オープン価格 3.6 290kPa 460ℓ
SRT-P372UB オープン価格 3.8 290kPa 370ℓ
追い炊き
フルオート
大容量
SRT-P552B オープン価格 3.0 180kPa 550ℓ
追い炊き
フルオート
SRT-P462B オープン価格 3.6 180kPa 460ℓ
SRT-P372B オープン価格 3.8 180kPa 370ℓ
Sシリーズ ハイパワー
追い炊き
フルオート
大容量
SRT-S552U 45.1万円 3.0 290kPa 550ℓ
ハイパワー
追い炊き
フルオート
SRT-S372U 42.0万円 3.4 290kPa 370ℓ
追い炊き
フルオート
大容量
SRT-S552 44.1万円 3.0 180kPa 550ℓ
追い炊き
フルオート
SRT-S462 42.6万円 3.4 180kPa 460ℓ
SRT-S372 41.0万円 3.4 180kPa 370ℓ
フルオート SRT-S182 オープン価格 3.1 180kPa 180ℓ
Aシリーズ 追い炊き
フルオート
大容量
SRT-W552 43.8万円 3.0 180kPa 550ℓ
追い炊き
フルオート
SRT-W462 42.0万円 3.3 180kPa 460ℓ
SRT-W372 40.4万円 3.3 180kPa 370ℓ
SRT-W372D 40.6万円 3.3 180kPa 370ℓ
SRT-W302D オープン価格 3.0 180kPa 300ℓ
フルオート SRT-W182 オープン価格 3.1 180kPa 180ℓ
SRT-W182D オープン価格 3.1 180kPa 180ℓ
セミオート SRT-C462 40.3万円 3.2 180kPa 460ℓ
SRT-C372 38.9万円 3.2 180kPa 370ℓ
セミオート
コンパクト
SRT-C20D オープン価格 3.1 180kPa 200ℓ
給湯専用 SRT-N552 41.7万円 3.0 180kPa 550ℓ
SRT-N462 39.9万円 3.2 180kPa 460ℓ
SRT-N372 38.3万円 3.2 180kPa 370ℓ
給湯専用
ライト
SRT-N182D オープン価格 2.8 180kPa 180ℓ

三菱 エコキュートへの取り組み

三菱電機はエコキュートシェア第2位(2014年現在)の人気メーカーです。

最上位モデルの省エネ性能が日立・パナソニックに次いで高く、相場価格も他社同等モデルに比べてお手頃であることが人気の理由のようです。
また、大家族向け550ℓの大容量モデルや寒冷地向けモデルも用意されています。

ただ、耐塩害仕様は受注生産品となり、オーダーが必要になりますので沿岸地域にお住まいの方は注意が必要です。

三菱 エコキュートの特徴1
三菱にしかない機能がある

マイクロバブル機能

三菱独自の目玉機能として、二つのマイクロバブル機能があります。

バブルおそうじ

一つ目は約0.1ミリのマイクロバブルでおふろ配管を洗浄するバブルおそうじ。
入浴後に浴槽の栓を抜くだけで、微小な汚れを吸着するマイクロバブルでふろ配管を自動で洗浄する機能です。

ホットあわー

二つ目は約0.01ミリのマイクロバブルを入浴中に発生させるホットあわー。
より微細な泡で全身を包み込むことで、湯冷めしにくく、湯上り後のお肌も乾燥しにくい効果があります。

耐震クラスS対応

三菱のエコキュートは地震対策として、脚部に幅広の「タフレッグ」という幅広脚を採用することで、3本脚の施工しやすさを変えることなく耐震クラスS対応を実現しています。

ダブル追いだき(マイルド追いだきと急速追いだき)

三菱の追い炊き機能には2種類あり、状況によって使い分けができるようなっています。

マイルド追い炊きは、一定の速さで追い炊きをするため、優しい暖め方で徐々にお湯の温度を上げます。
入浴しながら温度を上げたいときなどにうれしいモードです。

急速追い炊きは素早く暖めなおしたいときに便利です。
最大能力で一気に設定湯温まで暖めるので、すぐに温かいお湯につかりたいときに助かるモードです。

三菱 エコキュートの特徴2
業界トップクラスの年間給湯保温効率

三菱エコキュートのもう一つの魅力として、APF(年間給湯保温効率)が良いことがあげられます。

プレミアムシリーズの370ℓモデルでは3.8の年間給湯保温効率を実現し、Sシリーズでも3.4を達成しています。

給湯保温効率というのは数値が高いほど省エネになります。
3.8という数値は日立の最上位機種の3.9に迫る業界トップクラスとなり、エコキュート主要6メーカーのうち、第3位の数値です。

エコキュート メーカー別APF(最上位機種)
メーカー APF
370ℓ 460ℓ
日立 3.9 3.8
パナソニック 3.8 3.7
三菱 3.8 3.6
東芝 3.6 3.6
コロナ 3.3 3.3
ダイキン 3.3 3.3

東芝の最上位機種は3.6、ダイキン、コロナの最上位機種は3.3ですので、比較すると省エネ性能の高さがわかります。

三菱 エコキュートの特徴3
大家族向けモデルでも高い省エネ性能

三菱のエコキュートには、省エネ性能の良い大家族向け550ℓモデルが用意されています。

大容量タンクモデルは一般的に省エネ効率が悪くなりますが、三菱は550ℓモデルでもAPF3.0という高い省エネ性能を実現しており、これは大家族世帯にとって嬉しい点でしょう。

ちなみに大家族向けモデルを展開している4メーカーの中で、三菱は日立に次ぐ数値で、東芝と並んで2位となります。

エコキュート メーカー別APF(大容量機種)
メーカー APF
560ℓ
日立 3.1
三菱 3.0
東芝 3.0
パナソニック 2.8

三菱だけ560ℓではなく550ℓタンク

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?