ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電の点検時に塗装を勧められたら要注意!

太陽光発電の点検

太陽光発電の点検時に外壁塗装の提案が増えている

ソーラーパートナーズでは太陽光発電の経験を活かして、外壁塗装パートナーズという塗装専門の姉妹サイトを運営しております。

外壁塗装パートナーズでは、お陰様で毎日多くのお客様から塗装のご相談をいただいているのですが、外壁塗装が気になり始めたきっかけを聞くと、最近あるケースが非常に多いことに気づきました。

それは、「太陽光発電の点検の時に外壁塗装を勧められたので、そろそろしないといけないのかなと思いまして…」というケースです。

確かに以前に比べて太陽光発電を設置しているお宅が増えました。

相談時はグーグルマップでお客様のお宅を拝見するようにしているのですが、5回に1回は「太陽光発電がついているお宅でお間違いないですか?」と言っている気がします。

そのようなお宅は、高確率で点検をしてくれた太陽光発電の会社から、塗装のお見積が出ているのです。

太陽光発電屋から出る外壁塗装の価格は高い

太陽光発電の会社から出ている外壁塗装の見積もりは、得てして相場よりかなり高い価格です。

太陽光発電という同じ畑出身の者として、太陽光業者が頑張っていること自体は是非応援したいのですが、閉口したくなるようなビックリ価格で出ていることが本当に多いです。

弊社は太陽光発電の専門会社としてスタートしていますので、
なぜ今太陽光発電の会社が点検時に塗装を勧めるのか、そして
なぜその会社の塗装は値段が高いのか
じっくりと考察してみたいと思います。

太陽光発電の点検は販売時に約束した無料点検のため

そもそも太陽光発電の会社は、なぜ点検にくるのでしょうか?

ほとんどの場合、太陽光発電の契約時に点検を約束しているからです。

なぜ点検を約束しているかというと、ズバリ太陽光発電の契約を取るために強力な武器となるからです。

今は落ち着きつつありますが、太陽光発電は国の政策の後押しもあり、一時期は多くの業者が乱立しました。

競争が激しくなった太陽光発電業界で、業者は価格を下げつつも一定の利益を確保するため、
「うちは設置後1ヶ月後・1年後・4年後・8年後に無料点検をお付けします」
などの提案をすることが増えました。

そしてこの無料点検の提案は、太陽光発電が比較的新しい商品であることも相まって、「何が起こるかわからない」という多くのお客様の不安を和らげる非常に選ばれやすいアフターサービスとなりました。

その時の点検の約束が、今頃になって動きだしているのではないかと推測されます。

太陽光発電の点検で販売店がかけている費用

無料点検はお客様にとって嬉しいことですが、実際にはもちろんコストがかかっています。

一人の職人が動いて電圧チェック、その他端子のゆるみや腐食がないかなどを調べれば半日作業になりますので、交通費を含めれば1件25,000円程度のコストです。

それを仮に4回も無料でつければ、25,000円×4回=10万円です。

業者が乱立していた時代には、「毎年無料点検します!」というような、「本当にできるの!?」と思わず疑ってしまう無茶な提案をしている会社もよくありました。

そのような会社は業界が淘汰されていく中で残念ながら倒産していますが、それでも当時、無料点検を武器に契約をたくさん取った会社はまだまだあります。

太陽光発電の会社は無料点検を営業のチャンスにしている

ほとんどの場合、他社との差別化のために提案していた無料点検ですので、点検をすればするほど赤字です。
もちろん、最初から点検費用を見込んで資金繰りをしているちゃんとした会社もあります。

そうすると、その点検にビジネスチャンスはないだろうか、と業者は考えます。

点検時に勧めやすい商品として、主に以下3つが考えられます。

  • 蓄電池
  • オール電化
  • 外壁塗装

蓄電池、オール電化に関しては太陽光発電と同じく電気に関する商品ですので、イメージしやすいかと思います。

しかし外壁塗装は、太陽光発電とは全くの別物です。

太陽光発電の会社は外壁塗装を外注し高額に提案する

そもそも、太陽光発電を生業としている業者は大きく以下4種類に分けられます。

  1. 販売だけして工事は全て下請けの業者(外注施工)
  2. もともと屋根工事がメインで太陽光発電工事もできるようにした業者(自社施工)
  3. もともと電気工事がメインで太陽光発電工事もできるようにした業者(自社施工)
  4. 太陽光発電をつけるために施工班を作った太陽光専門業者(自社施工)

1~4、すべて塗装とはほぼ無関係なことがわかります。

2の屋根工事メインの会社がもともと塗装もできる、ということはたまにありますが、可能性としては低くなります。

つまり太陽光発電を主軸としている業者の場合、塗装に関しては外注施工になる可能性が極めて高いのです。

外注施工ということは、「中間マージンがかかり高額になりやすい」、「そもそも塗装の知識がないので提案力がない」といったデメリットがあります。

さらに「無料点検」で来ている業者ならば、その無料分を取り返そうと利益を多めにのせて提案することは想像に難くありません。

まとめ

数年前に設置した太陽光発電、当時の業者が無料点検で塗装を勧めてきたら要注意です。

上述のように、塗装の提案がどうしても高くなりやすい構造になっているのです。

餅は餅屋というように、塗装なら塗装の専門業者にお願いするのが一番お得です。

先日電話相談でお話しさせていただいたお客様は、太陽光の点検きっかけで勧められた塗装工事で、相場より100万以上高かったです。

塗装工事は太陽光発電以上に相場がわかりづらい業界ですので、信じられない高額でも契約を取る営業のうまい会社があるのです。

太陽光発電の点検から塗装のお話を聞いている方は、もちろんご相談無料ですので、是非お気軽に外壁塗装パートナーズへご連絡ください。

必要があれば、あなたのお宅近くの塗装専門店で見積もりの手配をいたします。

屋根塗装・外壁塗装の詳しい情報はこちら
\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?