ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • 売電
  • »
  • 【11/27更新 東北電力エリア】2017年度の太陽光発電 売電価格の申込期限はいつまで?

【11/27更新 東北電力エリア】2017年度の太陽光発電 売電価格の申込期限はいつまで?

関連記事
太陽光発電の売電価格 推移グラフや今後の動きは?最新情報で解説します

東北電力エリアの2017年度(平成29年度)売電価格

資源エネルギー庁の事業計画認定申請の締切発表を受けて、2017年11月に東北電力エリアが売電申込の提出期限の案内が発表されました。

資源エネルギー庁の発表内容については、こちらをご覧ください。

関連記事
2017年度太陽光発電の売電価格確保にはいつまでに申請するのか?各電力会社の申込期限のまとめ

2017年度(平成29年度)の東北電力エリアの売電価格は、以下の通りです。

東北電力エリア 2017年度(平成29年度)売電価格
10kW未満 30円/kWh
10kW以上 21円/kWh

この売電価格は、2017年度(平成29年度)中に手続きが完了している事が条件です。
まずは、売電契約に必要な手続きから整理して見てみましょう。

売電価格確保のための必要手続き

2017年12月8日(金)までに東北電力へ申込が必要

東北電力はこの2018年2月16日(金)までに「接続の同意を証する書類」を資源エネルギー庁へ提出したければ、2017年12月8日(金)までに申込をして欲しいと発表しました。

平成29年度末における低圧系統連系のお申込みに関する留意事項

つきましては、上記提出期限日までに低圧系統連系の接続契約締結を希望されるお客さまについては、平成29年12月8日(金)までにお申込み書類一式をご提出いただきますようお願いいたします。

お申込みの書類に不足や不備があった場合や連系希望地点が不明確な場合については、技術検討を開始することができませんので、書類の記入漏れや不備がないよう、お申込み前に必ずご確認をお願いいたします。
また,書類不備等が無くお申込みを受付した場合でも、連系希望地点付近の系統状況によって技術検討に長期の期間を要す場合等、認定申請にかかる接続の同意を証する書類の提出期限日前までの接続契約締結ができず、平成29年度中に認定が取得できない場合がございますので、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

再エネ特措法改正前の購入単価の適用ルールについて -平成29年度末における低圧系統連系のお申込みに関する留意事項 | 東北電力

東北電力は申込みが集中する等の理由から、申請期限より前に提出されていても受理されない場合があるそうですので、余裕をもって契約をしたほうがいいかと思います。

まとめ

東北電力への申込は設置企業が行うのですが、その申込書類の作成の時間も必要ですので、12月2日(土)・3日(日)の週末がご契約の実質締め切りとなるかと思います。

12月8日(金)までに契約を済ませば良いと勘違いしてしまうと、非常にもったいないことになりますのでご注意ください。

それでも、急ぎながらも慎重に、検討を進めるようにしてください。