2030年までの太陽光発電導入目標64GWを半分まで到達!

2019年6月12日の日経・NHKへの解説はこちら solar-partners.jp
カテゴリ: 売電

太陽光発電導入件数 目標の半分を達成!

資源エネルギー庁は、現在直近3か月の再生可能エネルギーの導入状況を発表しています。
最新は平成28年12月末段階のデータとなっています。
2016年末の段階で、太陽光発電の新規認定分の導入が3,200万kW(32GW)を超えました。

32GW達成

固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト | 資源エネルギー庁

2030年の太陽光発電の導入目標は6,400万kW(64GW)

2015年6月に発表された、2030年度のエネルギーミックス案で掲げられた太陽光発電の導入目標は、全電源のうちの7%で容量にして6,400万kWです。

関連記事 solar-partners.jp
カテゴリ: エネルギー全般

そのうちの半分である3,200万kW(32GW)を現在の固定価格買取制度がスタートしてからの新規導入で達成しました。

あと13年ありますので、余裕で目標は達成できる見込みです。

太陽光発電の導入合計は既に3,697万kW(36.97GW)

3,200万kWは、現在の制度になってから新規導入された太陽光発電の導入量ですので、実際はもっと多いのです。
なぜなら、現在の制度は2012年(平成24年)7月からスタートしておりますので、それ以前に導入されている太陽光発電は加味されておりません。

2012年6月末までに、すでに導入されていた太陽光発電は497万kW(4.97GW)あります。

32GW達成

固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト | 資源エネルギー庁

ですので合計すると、すでに3,697万kW(36,97GW)が現在導入されております。
目標値に対して57.7%のところまで既に来ております。

住宅用太陽光発電だけでも目標達成は可能

目標期限の2030年まで、あと13年。
問題となっている未稼働案件が、どの位最終的に失効になるか次第で残りの導入目標量が変わってきますが、おそらく仮に非住宅用の太陽光発電が0になったとしても住宅用の太陽光発電だけで十分達成できるレベルだと思います。

なぜならこれから新築住宅ではますますZEHが増え、太陽光発電は標準搭載の動きになっていくからです。

関連記事 solar-partners.jp

まとめ

非住宅用でボリュームを稼いだ太陽光発電ですが、少し乱暴な設計でしたので未稼働案件という大きな負債を抱えました。
目下4月から改正FIT法の施行により、これらを一掃するべく動いているところです。

関連記事 solar-partners.jp
カテゴリ: 買取制度全般

この未稼働案件が一掃された後は、非住宅用の太陽光バブルの影に少し隠れていた感がある住宅用太陽光発電が再度主役に躍り出る時代になります。

2019年問題も控えておりますので、蓄電池の併用もこれから益々増えていくと思います。
よりシステムが複雑化していくことが予想されますので、今まで以上に一般の方には理解しづらくなる可能性があります。

わかりやすく、詳細な情報提供を心がけていきたいと思います。

太陽光発電全般に関する情報に関連する記事

人気記事ランキング


 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2019年4月19日更新)

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電