ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

シャープが化合物接合型太陽電池セルで世界最高の変換効率36.9%を達成

太陽光&エコ情報あれこれ

シャープが太陽電池を3層に積み重ねた化合物接合型太陽電池で世界最高の変換効率を達成しました。
シャープは、光吸収層を3層に積み重ねて効率を高める「化合物3接合型」と呼ぶ太陽電池を2000年から研究しており、2009年には、シリコンを支持基板にインジウム・ガリウム・ヒ素を底の層に置き、中間層にガリウム・ヒ素、上の層にインジウム・ガリウム・リンを効率的に積み上げる独自技術を開発し、35.8%まで変換効率を高めていました。
今回新たにそれぞれの層を直列につなぐための接合部分の抵抗を低減させることに成功し、36.9%の変換効率を実現したそうです。
衛星とかに使うものなので住宅用には直接関係はありませんが、ときめく数字です。