シャープが人工衛星用の太陽電池で世界最高の変換効率を達成

地元の太陽光業者を探す
▼ 都道府県を選択 ▼
▼ 検討しているのは? ▼

シャープが昨日変換効率43.5%と世界最高の電池セルを開発したと発表しました。
住宅とかでは使えるものではなく、人口衛星の動力源などでの実用化を探るというものです。
ガリウムインジウムなどの複数の化合物太陽光電池にレンズで太陽光を集める集光型を合わせたものです。

昨年3月に米ソーラー・ジャンクション社が達成した記録に並んだという内容なので単独1位ではないようです。
12年度内に45%を目指すとありますので是非単独1位を取って頂きたいと思います。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組