発電量が3分の2に!?なぜ起こる太陽光発電の配線忘れトラブル

ご注意ください
「モニター価格」「工事代無料」
「~棟限定のキャンペーン価格」

上記のような魅力的な営業トークを使って、実際には非常に高額な提案をする悪徳企業が増えています。
このようなご案内を聞いている方は複数社からのお見積りを比較してみることを強くお勧めします。

Spirals of Wire by Jeremiah and Reagan Kemper, on Flickr

発電量シミュレーションより全然発電していない

茨城県の新築の方からご相談を頂きました。

「新築を建てた際に太陽光発電を導入して1年が経過したが、どうも発電量が少ない。」
発電量シミュレーションの3分の2程度しか発電していなかったそうです。

色々調べてみると驚きの事実が発覚したとのことでした。

太陽光パネル18枚のうち12枚分しか電気がきていない

ご相談者様は電気関係のお仕事をされているとのことで、接続箱にあるブレーカーで直流の電圧を確認して回路ごとの比較をしてみることを思いつき試してみたそうです。

するとなんと、3系統のシステム構成のはずがブレーカーには2系統しかきていないことがわかったそうです。

ちなみに設置していたパネルはパナソニック244Wを18枚の4.39kW。
施工図を確認しても6枚×3系統で間違いない…。

改めて、工務店と電気工事店に点検に来てもらって調べてもらうと、屋根から建屋内まで配線されていたものの、室内側への通線途中で放置状態になってしまっており、そのまま気づかずに竣工してしまっていたとのこと。

もちろんすぐに接続してもらい、発電量はシミュレーション通りの値になったとのことです。

なぜ配線忘れが起きるのか?

このような配線ミスはそうそう起こることではありません
大失態と呼んでいいと思います。
しかし今回、なぜこのようなミスが起こってしまったのでしょうか。

一つ考えられることとしては太陽光発電の屋根工事と電気工事が別々の会社で、うまく連携がとれていなかったのではないかと思われます。

屋根工事と電気工事を別の会社が行うということは決して珍しいことではありません。
両社の関係性が希薄であったために情報の行き違いが生じてしまったということはあり得るかと思います。
(それにしても太陽光の業者の管理があまりにもずさんだったと思いますが。。。)

発電されていなかった期間の収入は補償されるのか?

さて、相談者からの質問はここからがメインです。
配線ミスにより損なった売電収入の補償を要求することはできるのか教えてほしい」とのこと。
これは難しい問題です。

本来得られるはずだった利益の損失は『逸失利益(いっしつりえき)』というのですが、ここで重要なのは工事会社が加入している工事保険に、この『逸失利益』の賠償が含まれているか、ということです。
もし工事保険で『逸失利益』も補償対象になるということであれば、問題なく補償を受けられるはずです。

しかし、一般的には太陽光発電の工事会社が加入している工事保険は『逸失利益』については補償していないことがほとんどです。
まずは一応工事保険を確認いただいたほうが良いと思います。

逸失利益の補償が工事保険に含まれていなかった場合には、施工会社と話し合うことになります。
もし話し合いが決裂してしまった場合、裁判ということも考えられます。

今回のケースでいうと明らかな施工ミスになりますので、施主様が裁判で負けるということは考えにくいと思いますが、5~6万円程度の売電収入の損失のために裁判費用をかけることが得策とは到底思えません。

ご相談者様からするとなかなか納得しにくいところだと思いますが、当事者間で話し合ってお互いの妥協点を探るしかないと思います。

接続されていなかった太陽光パネルの寿命は問題ないのか?

ご相談者様は配線されないまま発電を続けたパネルの寿命についても気にされていました。

これに関してはメーカーであるパナソニックに確認をとってみましたが、寿命には何ら影響はないので心配はいらないとのことでした

念の為、弊社の工事担当者にも確認をとってみましたが、同じく寿命への影響はないとの回答でした。

まとめ

ここまで初歩的なミスはなかなか珍しいですが、販売店、屋根工事会社、電気工事会社と関わる企業が増えれば増えるほど連携ミスが起こる可能性は高くなります

私が以前頂いたご相談でも、
「家電量販店に太陽光発電設置を依頼したところ、担当営業マンと下請け企業の連携ミスにより、誤った設置工法で取り付けをおこなった結果、屋根全面を葺き替えるはめになった」
というお客様のお話を聞いたこともあります。

今回の配線ミスに限らず、担当者がシステム構成から取り付け工事まで、包括的な知識を持っていれば、単純なミスは事前に防ぐことができます

担当者が太陽光発電の包括的な知識を持っているかは、お客様が工事についてわからないことを質問したときに、回答がすぐに的確に帰ってくるかで判断できると思いますので、ぜひたくさん質問していただきたいと思います。

太陽光発電を設置するリスクを極力回避するためには、販売から工事までをワンストップで対応してもらえる自社施工の会社を選ぶことが重要だと、今回改めて感じました。

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング



お客様の声
実際どれくらいお得なの?

広島県廿日市市 K.T様

複数の業者さんを比較することができて良かったです。

広島県廿日市市 K.T様

神奈川県座間市 J.A様

業者さん同士の相見積もり、メーカーごとの相見積もり、それ…

神奈川県座間市 J.A様

大阪府 INA様

価格や業者選びで悩んだときに相談できたので、とても頼もし…

大阪府 INA様

北海道札幌市 T.H様

色々と比較、検討し、実際に話を聞いてみるのが一番だと思い…

北海道札幌市 T.H様

神奈川県横浜市 Y.Y様

他の見積もりサイトを利用することはありませんでしたが、ソ…

神奈川県横浜市 Y.Y様

奈良県上牧町 M.O様

太陽光発電の設置を考えているなら、見積依頼をするといいと…

奈良県上牧町 M.O様

 

非公開マル秘メーカーランキング表は、インターネット上に掲載できる内容ではないため、 見積り依頼を頂いた方限定でお渡ししています。
あらかじめ、ご容赦ください。

見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2019年1月15日更新)

2019年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

メーカーインタビュー

もっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電の導入成功ガイド

導入成功ガイドをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電