ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

ソーラーフロンティアの太陽光パネルは影の影響を受けない?

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

今日の太陽光発電相談事例

埼玉県の方から太陽光発電の相談を頂きました。

先週のブログでの私のコメント『背中押して欲しい方はお電話ください。ドンと押します。』を見て、背中を押してもらおうと電話をしてきたとの事でした。

嬉しい限りです。

検討していたのはソーラーフロンティアの太陽光発電システムとオール電化のセットでした。

日中は家にご家族の方が誰もいないため、そもそも電気代が少ない上に日中電気使用割合はゼロに近いという、太陽光発電には最適なお宅。

また逆にガス代は非常に高く、それもガスストーブなどを使用しているわけではないとのこと。
ガスコンロと給湯のみでかなりの高額になっているようで、これまたオール電化には最適のお宅。

これは背中押しすぎて首痛めてしまうかなと最初は思っていました。

むち打ちにならない程度にドンと押そうと思いながらお話を伺っていると、
…………あれ?………ん??……うん???

結果として前に出ようとしていた方を思いっきり引き止めるという事になってしまいました。

相談の途中でぽろっと、
「ソーラーフロンティアは影に強いんですよね?」
とおっしゃった時からおかしくなりました。

太陽光パネルに影がかかる事に対して、ソーラーフロンティアは確かに他メーカーよりは強いのですが、話を聞いている限りですと、どうもある一定の時間、完全にマンションの日陰に入ってしまうとのことでした。

ソーラーフロンティアが影に強いというのは、影がパネルの一部や系統の一部にかかった時にシリコン系に比べて出力の低下が少ない、というもので、パネルが完全に日陰に入ればさすがに発電をしません。

住所を伺ってグーグルマップで拝見させて頂いてびっくり!

影の伸び方から見ておそらく正午くらいだと思うのですが、完全にマンションの影が家の半分を覆っていました。

どの時間帯も、マンションの影が向きを変えて必ず屋根に影を落とす感じになると思います。
これはさすがにやめた方が良いのではないでしょうかという話をしました。

この方もやはり、影がかかっているのに本当にこんなに発電するのだろうかと思ったらしく、販売会社に質問をしたのですが、90%の出力保証がメーカーによってなされているので大丈夫ですという回答をされ、それであれば大丈夫かと安心していたとの事でした。

とんでもない話です。

太陽光パネルメーカー各社が行っているパネルの出力保証はあくまで、太陽光パネル全面に日が当たって稼働していた場合に最大出力の90%以下の出力になったら無償で交換をするというものです。(厳密には最大出力の81%以下ですが)

なのにこの販売会社は『影がかかっていても、影がかかっていない時の90%以上は出力する事をメーカーが保証している』という説明をしていたのです。

車のリッター何km走るという燃費性能も特定の条件においてという話です。
まさか沼地を走った時にも同じ燃費で走れるなんてことではありません。

この駆け込み需要を見越して、最近鳴りを潜めていた悪い訪問販売会社たちが急に動き出しているのを明確に感じます。
価格相談の価格も明らかに高額になり始めました。

急ぎながらも焦らずに、購入検討して頂くようお願い致します。