ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

カナディアンソーラーは国産ですか?

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

高知県の方から太陽光発電についての相談を頂きました。
「カナディアンソーラーは国産と営業の方に言われたのだが自分が調べた感じではそんな表記は無いのだが実際はどこで製造されているのか?」
アパートのオーナーさんで1億5千万円規模の太陽光発電システムの設置提案を受けていらっしゃいました。
カナディアンソーラーはカナダの会社ではありますがその製造はほぼ中国工場で行っているため中国メーカーの代表というような感じがあります。
ですのでカナダ製ではないの?という質問はいまだによくありますが、国内製なの?という質問は正直はじめてのような気がします。
その後この営業の方を問い詰め、嘘であった事を認めさせお詫びとして1千万値引きを要求しているようです。
よくよく聞いたら契約前との事なのでさすがにそんな無茶な要求は通らないと思いますが。

国内メーカーの海外工場製と海外メーカーの国内工場製

今回の話は販売店が全くの無知だった、という話だったようなのですが、じつは、カナディアンソーラーは昨年東北で工場建設を計画していると発表しました。
その後まったく音沙汰無しですので立ち消えてしまったのかもしれません。
仮にカナディアンソーラーの国内工場製の太陽光パネルがあったとして、どのくらいのユーザーの方々のイメージが変わるのか想像がつきません。
なんとなくの安心感が国産というものなのではと思っています。
国産ではなく国内メーカーに対しての方が安心感が強いと感じます。
車を買う時もトヨタの車がどこで作られているかは特段私は気になりません。
どこで作ろうとトヨタがしっかり生産管理しているのだろうと思うからです。

現在国内メーカーの中で国内で太陽光パネルを製造している主要メーカーは、

  • シャープ
  • 京セラ
  • 三菱
  • ソーラーフロンティア

です。
東芝はみなさんご存知の通りアメリカのサンパワーから仕入れています。
パナソニックは滋賀とハンガリーとマレーシアでしたが、ハンガリー工場の閉鎖を先日発表していますので今はメインはマレーシアの工場製になります。
じゃあパナソニックのパネルに対して不安を抱くかというとそんな話はやはりほとんど聞いた事がありません。

まとめ

コラムの方にも書きましたが、熊本で製造していた太陽光発電メーカーのホンダソルテックが会社を解散することになりました。
国内、国産メーカーが1つ、いなくなってしまいました。

あくまでご相談には中立に乗るように心がけています。
ただ太陽光発電は日本のお家芸でした。
日本人としてやはり国内メーカーに頑張って欲しいと思うのは自然の事だと思います。
ホンダソルテックの91名の従業員の事を思うととても寂しくなります。