訪問販売から長州産業の太陽光発電の宣伝工事の募集を受けました

Q
お客様からのご質問

訪問販売の業者が来宅し、宣伝工事の募集ということで工事費はすべて業者負担ということで見積りをもらいました。

機器は三洋電機のCS-230SJ13×15枚(3.45kW)で税別217万円(補助金含まず)ということでした。

営業マンが言うには、あまり値引きはありませんが、メーカー保証期限後も無期限無料点検を実施し(年1回の訪問と4年毎のパネル清掃)、機器の故障や定期交換の際にも機器の実費のみで対応しますとのことでした。

以上の内容で、この金額は妥当と言えるでしょうか?

A
ソーラーアドバイザーからの回答
回答者
中村雄介

CS-230SJ13ということは、長州産業製として販売される三洋電機のOEM製品ではないかと思います。3.45kWで税別217万円ということは、1kWあたり単価は税別628,986円ということになります。国の補助金制度で定められている上限価格(税別60万円以下)を少し上回っていますが、おそらくカラーモニターの価格を除くことで、ちょうど上限価格内におさまる提案ではないかと思います。
ご自宅の屋根が陸屋根などで通常よりも費用がかかる場合であれば別ですが、この価格は「工事費をすべて業者負担にした宣伝工事」と言えるほどの安い金額ではないと思います。
また、メーカー保証期限後も無期限無料点検があるとのことですが、このご時世に「無期限」のアフターフォローを約束できる会社はなかなかないのではないかと思います。その会社が本当に今後20年、30年に渡って対応してくれる誠実な会社か、じっくりご判断されることをお勧めいたします。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組