ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

  • 太陽光発電
  • »
  • 蓄電池
  • »
  • 蓄電池後付けに対応 パナソニックの新型パワコン パワーコンディショナRとは

蓄電池後付けに対応 パナソニックの新型パワコン パワーコンディショナRとは

蓄電池後付け可能!パワーコンディショナRとは

「せっかく太陽光発電を設置するのなら蓄電池も導入したい。しかし蓄電池を導入すると予算オーバーになってしまう」そんなお悩みをお持ちではないですか。

今回ご紹介させていただく、パナソニックのパワーコンディショナRは業界で初めて蓄電池の後付けを可能にした太陽光発電のパワーコンディショナです。

ご予算の都合で太陽光発電と蓄電池セットでの導入を見送っていた方にとっては、まさに待望の商品です。

従来のパワーコンディショナは蓄電池の後付けができなかった

太陽光発電の導入を見送ると売電価格が下がる

「太陽光発電と蓄電池をどちらも導入したいが、セットで買うには予算が足りない」という方の中には、「資金が貯まってからまとめて購入しよう」という方が少なくありませんでした。

太陽光発電は毎年固定買取価格が低下するため原則的には早く購入していただいたほうがお得になりやすい商品です。
そのため、太陽光発電のことだけを考えれば、蓄電池はあとから設置するにしても、太陽光発電は先に導入することがお勧めです。

蓄電池後付けはパワーコンディショナの交換費用が発生していた

しかし、太陽光発電を設置して、あとから蓄電池を導入する場合には、太陽光発電専用のパワーコンディショナからハイブリッドタイプに変更が必要となり、交換費用が発生するというデメリットがあります。

ちなみに、資源エネルギー庁の資料によると、パワーコンディショナの標準的な交換費用は20万円とされており、なかなか痛い出費と言えるでしょう。

いずれにしてもデメリットがあった

つまり「太陽光発電と蓄電池をどちらも導入したいが、セットで買うには予算が足りない」という方にとっては、

  • 太陽光の導入も先送り=売電価格が低下
  • 太陽光だけ先に導入=パワコン交換費用が発生
と、いずれにしても何かしらのデメリットを引き受ける必要がありました。

パワーコンディショナRによって、太陽光発電を先に導入するデメリットはなくなった

img_lifestyle2 パナソニック 住宅用創蓄連携システムRタイプ

しかし、今回発売のパワーコンディショナRによって、太陽光発電のみ先に導入するデメリットはなくなりました。

前述したとおり、パワーコンディショナRはパワーコンディショナの交換を必要とせずに蓄電池を増設することができる画期的な商品です。

これによって「パワーコンディショナの交換費用を気にせず、高い売電価格を確保しながら、無理なく太陽光発電のみを先に設置する」という、予算に制限のある方にとっては理想的な選択肢が生まれました。

パワーコンディショナR 蓄電池後付け以外の主な特徴

蓄電池後付けができることが最大の特色といえるパワーコンディショナRですが、純粋に太陽光発電のパワーコンディショナとしても優秀です。

電力変換効率が従来品より0.5%向上

パナソニックの従来のパワーコンディショナは電力変換効率96%でしたが、パワーコンディショナRは電力変換効率96.5%と、太陽光発電パネルが発電した電気をより無駄なく変換できるようになりました。

各回路ごとの枚数をあわせる必要のないマルチストリング型

パワーコンディショナは大きく集中型、マルチストリング型の2種類があります。

集中型が各回路ごとの枚数を揃える必要があり設計に制限がある一方、マルチストリング型は枚数を揃える必要がありません。

パナソニックは台形パネルやハーフパネルの取り扱いもあり複雑な設計になることも珍しくないため、マルチストリング型である点は大きなメリットです。

パワーコンディショナR ご検討にあたっての注意点

接続できる蓄電池はパナソニック製のみ

接続できるのはパナソニック製の蓄電池だけです。
将来的に他メーカーの蓄電池を設置したいと考えている方は対応ができないのでご注意ください。

おそらくパナソニックも、将来的な蓄電池の販売につながると踏んで、このように気の利いたパワーコンディショナの販売に踏み切ったのでしょう。

蓄電池設置時には「充放電コンバータ」の設置が必要

蓄電池と連携するためには充放電コンバータ(希望小売価格195,000円)の導入が必要になります。

それでも従来型のパワーコンディショナ(5.5kW、マルチストリング型、希望小売価格445,000円)と比べると、かなり割安です。

まとめ

パナソニックの新製品パワーコンディショナRの主な特色は以下の通りです。

  • 蓄電池の後付けが可能になり、パワコン交換の無駄なコストが消滅。
  • 電力変換効率も従来品に比べて0.5%アップ。
  • 接続できる蓄電池はパナソニック限定。他メーカーの蓄電池希望の方は注意。

パワーコンディショナRは2018年2月21日の発売予定ですが、既に受注は開始しています。

もちろん当社の工事会社ネットワークでも提案可能ですので、ご興味をお持ちの方は是非お見積り依頼ください。

関連記事
パナソニック太陽光発電 パワコンの特徴と価格 施工説明書、取扱説明書一覧も