ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

東芝が240Wの太陽光パネル販売を2013年1月31日をもって終了

12月の上旬に、東芝から250Wの太陽光パネルが発売になることをお伝えさせて頂きました。
そして、年末に入ってきた情報の中に、
東芝が240Wの太陽光パネルの販売を、1月31日をもって終了するという案内がありました。

一気に攻勢をかけてきた感があります。

東芝とパナソニックの競争はどうなる?

前回この場で
「おそらくはパナソニックのHIT233W/HIT240Wと同じ感じで、東芝の250Wの値段は高くなると思います」
と書かせて頂きましたが、実は蓋を開けてみると250Wの値段は高くなく、代わりに240Wの値段を下げるという戦略を東芝は取ってきていました。

ですので「もしかすると東芝の240Wは近々売らなくなるかも…」とは思っていましたが、まさかこんなに早く動くとは正直思いませんでした。

これでパナソニックと東芝の同価格帯での性能対決は

パナHIT233W 対 東芝240W

という構図だったものが、

パナHIT233W 対 東芝250W

となってしまいました。

まとめ

前回も書きましたが、やはりサンパワー社恐るべし。
対抗するパナソニックの今後の反撃にも注目です。