スマホよりも薄い!ソーラーフロンティア新製品ソラシス・ネオ(Solacis neo)の実物を見てきました

地元の太陽光業者を探す
▼ 都道府県を選択 ▼
▼ 検討しているのは? ▼

ソーラーフロンティアの世界最軽量CIS太陽光パネル「Solacis neo」発表

ソーラーフロンティアは23日(火)、世界最軽量CIS太陽光パネル「Solacis neo」を発表しました。
先週24日(水)から26日(金)に開催された太陽光発電の展示会PVジャパンに合わせた格好です。

厚さ6.5mmという圧倒的な薄さや、約8.0kgという従来よりも40%減の軽さを実現したとあります。

世界最軽量CIS太陽光パネルです

事前に断っておくと、ソーラーフロンティアさんが嫌いな訳では全くなく、むしろ国内メーカーとして頑張って欲しいと心から応援している位のメーカーです。
その上でどこも知恵を絞るなと思うわけです。

このタイトル読んだらほとんどの日本人は世界最軽量のパネルをソーラーフロンティアが開発したと勘違いすると思います。
勘違いと書いた通りで、これはCIS太陽光パネルという種類の中で世界最軽量のパネルを作ったという事です。
決して世界最軽量というわけではありません。

PVジャパンで実物見てきました

26日(金)にPVジャパン行って実物見てきました。

まず感想としては「確かに薄い!」

パンフレットにスマホと比較した写真が載っているのですが、あれは偽りなく本物です。

でも載せる架台が当然のように変わらずがっしりしているので、屋根に乗せた時の見た目としてはほとんど変わらないなという印象です。
あとよく考えたらソーラーフロンティアのパネルは、もともと他の結晶シリコン系パネルと比べて30%位重かったので、従来より40%軽くなったという事は20%位軽くなったという事です。

最軽量と言えばフジプレアム

各社パネルの大きさが違うので、軽さは平米あたりの重さで比較しなければなりません。

メーカー ソーラーフロンティア パナソニック 東芝 三菱
ワット数 170W Solacis neo
(95~100W予定)
240W 250W 220W
単位面積当たりの
重量(kg/㎡)
16.3 10.2 11.7 12.1 11.3

主力商品で一番軽いのは京セラのSAMURAIの10.8kgです。
ですからこの「Solacis neo」、軽いと言えば確かに軽いんです。

ただ軽さで言ったらフジプレアムの希シリーズには勝てません。
単結晶シリコンパネルですが平米あたりの重さはなんと6.3kg!

実際にこのパネルも展示会ではいつもあるので実際に持ってみると本当に軽いです。
平米あたりではなくてパネル1枚の重さも9.5kgと本当に軽いです。(通常15kgほど)


2013年7月30日のその他の記事

『「売電価格42円で契約」と言われたのに、土壇場で設置不…』今日の太陽光発電相談事例
『スマホよりも薄い!ソーラーフロンティア新製品「Sola…』太陽光&エコ情報あれこれ
『第二種電気工事士の技能試験を受…』三児のパパで相撲好きソーラーアドバイザーの日常

スマホよりも薄い!ソーラーフロンティア新製品ソラシス・ネオ(Solacis neo)の実物を見てきました への2件のコメント

  1. hiranokunio より:

    屋外太陽光発電の工事進行中350KWぐらいです。電気主任技術者(3種)管理費用は年間どのくらいかかりますか、おしえてください

  2. ソーラーアドバイザー中村雄介 より:

    hiranokunio様

    コメントありがとうございます。

    お近くの電気保安協会にお問い合わせ頂くのが一番ですが、
    およそ年間で40万円~50万円位ではないかと思います。

    地域等によっても違うようですので正確には電気保安協会にお問い合わせください。

ソーラーパートナーズ
閉じる
ソーラーパートナーズ独自の取組