ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

神奈川県横浜市の太陽光発電 設置工事みまもりレポート

他の企業さんの見本になるような素晴らしい施工内容でした

神奈川県横浜市の太陽光発電 設置工事に立ち会ってきました

先日、ソーラーパートナーズを通じて太陽光発電を購入された方の設置工事みまもりサービスを行ってきました。

他の企業さんのお手本になるレベルのすばらしい施工内容でしたので、紹介したいと思います。

設置工事みまもりサービスとは?

QCDS+H
ソーラーパートナーズ独自の管理方針QCDS+H

『設置工事みまもりサービス』は施工会社と設置者以外の第三者であるソーラーパートナーズ本部の施工スタッフが設置工事に立会うことで、施工品質を担保するソーラーパートナーズ独自の取り組みです。
※設置工事に立会うのは任意で選択された一部の工事です。

立会い時には『QCDS+H』の観点から作成されたチェックシートに基づき、安心できる工事が行われているかをチェックしています。
設置工事みまもりサービスについてはこちら »

高品質・高ホスピタリティ施工

今回の『みまもり』は神奈川県横浜市のM.S様邸。

天候にも恵まれ、屋内の電気工事から屋根上のパネル設置など全体の『みまもり』となりました。
特に屋根上工事が素晴らしかったので屋根上工事についてご紹介いたします。

今回の施工内容を一言で言うと、
高品質・高ホスピタリティ施工
でした。
施工のポイントとなったのは以下の通り。

  1. 精度の高い工事に対するこだわり
  2. 最高水準の防水処理
  3. 安心できる作業環境への配慮

独自の取り組みで高い施工品質を実施しつつも、施主様へはもちろん、近隣の方への配慮も欠かさず工事を行っていました。

精度の高い工事に対するこだわり
正確な下穴空け

この認定企業さんは架台を固定するためのビスの位置をより正確にするために、徹底的にした処理を行っていました。

架台を屋根に固定する際は、ドリルで屋根材(今回はスレート)に下穴をあけた後に架台を当て、ビスを打ちこみます。

この認定企業さんは、先に細いドリルで穴を開けて位置決めをし、次にビスが入る太いドリルで穴を開けていました。

架台1
先に細いドリルで穴を空け…
架台2
規定の太いドリルに切り替えて穴空け。

いきなり太いドリルで穴あけを行うと、穴の位置や方向がズレてしまう可能性があります。
そのため、一度小さな径のドリルで穴を開けてドリルの進行方向を確定させてから、木ねじが通るドリルの径で穴あけを行っていました。

1つの金具に穴が4箇所必要な場合、小さなドリル系で4回、木ねじが通るドリル径で4回と倍の工数がかかります。

最初から推奨系のドリルで穴あけを行っても良いのですが、より精度と品質が高い工事をお客様に提供しようという屋根工事チームのホスピタリティの表れだと思います。

架台3
穴空け位置がメジャーと一体になったオリジナル工具
架台4
よりスピーディーかつ正確に下穴空けを実施できます

ちなみに穴を空ける位置決めを早く確実に行うために、オリジナル工具を作って使っていたのには驚きました。

5%の施工会社しかやらない真の防水処理
3つの工程で切り屑を完全に除去

先ほど説明した下穴を開けると、必ず切り屑が生まれますが、一般的には、表面に出た切り屑を集塵機で吸い取った後、コーキング(防水材)を注入します。

この認定企業さんは、切り屑を集塵機で吸い取った後、穴の中に残っている切り屑をブロワー(空気が勢いよくでる機器)で吹き飛ばし、さらに屋根材のすき間から出た切り屑を集塵機で吸い取っていました。

防水処理1
集塵機で大きな屑を吸った後…
防水処理2
ブロワ―で穴の中の屑をきれいにします
防水処理3
切り屑がない状態で防水処理

なぜこのような工程を踏んでいるのか理由をきいたところ、下記3点の回答を頂きました。

  1. ブロワ―で切り屑を吹き飛ばした方がコーキング(防水材)の密着性が高まる
  2. いきなり大きな切り屑を飛ばしてしまうと、洗濯物を乾かしている周辺住民の方々にご迷惑をおかけしてしまう
  3. 少しでも切り屑を出さないために、2回目の集塵機をかけている

特に『1.コーキングの密着性が高まる』ことは、施工会社の間でも意外と知られていない技術で、過去に行ったみまもりでも、たった5%程度の施工会社さんしか、この方法を行っていません。

当然手間はかかるのですが、太陽光発電で一番不安な屋根の防水の部分で、最高品質ともいえる施工方法を取っていることは素晴らしいことです。

また、わざわざ集塵機で切り屑を吸い取ってからブロワ―で吹き飛ばす工程も、太陽光設置するお客様だけなく、周辺住民の方のことまでも考慮している、素晴らしいポイントです。

安心できる作業環境への配慮
道具の落下防止対策

太陽光発電の施工場所は基本的に屋根になりますが、陸屋根は除くほとんどすべての屋根には傾斜がついています。
何か工具を置く際は、どうしても傾斜面に物を置く形となり、平面と比較しすると落下する危険性が高くなってしまいます。

この認定企業さんは屋根上に台座を置くことで傾斜が無い工具置き場を作っていました。

1
木の台で作られた傾斜用の道具置き場
2
台の下もスペースが有効活用されています

安心して物がおける場所があることで、より作業に集中でき、施工品質が高まります。

施工スタッフの作業環境を整え、危険をできるだけ排除し、施工品質を少しでも高めようという取り組みを感じます。

ソーラーパートナーズ施工スタッフからのコメント

この認定企業さんの施工は、本当にお手本のような素晴らしい内容でした。

ここでは紹介できなかった細かい取り組みもたくさん行っていましたので、他のパートナー企業さんにも共有して、ネットワーク全体で施工品質を上げていきたいと思います。

太陽光発電を検討中の方へ

ソーラーパートナーズは安心かつ低価格の太陽光発電を提供する工事会社ネットワークです。

安心への取り組みとして、この記事のように本部の施工スタッフが立会うことで工事の品質をチェックする『設置工事みまもりサービス』を行っています。
※設置工事に立会うのは任意で選択された一部の工事です。

安心かつ低価格で太陽光発電を設置されたい方は、見積り依頼をしてください。
地元で最も評判の太陽光業者をご紹介します。

見積り依頼はこちら
\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?