カナディアンソーラー

2022.11.11

カナディアンソーラーの太陽光発電パネルCS1VL-210MSの特徴を教えてください。

特徴は3つあります。 ①サイズが小さい ②別モジュールとの混載が可能 ③新技術により受光面を最大化した
2022.10.21

「2018年は世界の太陽光発電の転換期」カナディアン・ソーラーの価値はどう変わるか

怒涛の追い上げのカラクリ「OEMの宿命」 中村 これまでのお話しをお伺いしていて […]
2022.10.21

1年後の無償点検まで付与するカナディアン・ソーラー新商品PLATINUMの自信

新住宅用パッケージ「PLATINUM」 中村 では改めまして、今回発表されました […]
2022.10.21

発電量や耐久性、カナディアン・ソーラーの品質の高さを裏付ける2重の安心

国内メーカーは「なんとなく」安心? 中村 ここまでお伺いして私自身も、国内メーカ […]
2022.10.21

「最新技術『PERC』を日本企業は作れない」カナディアン・ソーラー研究開発の原資

日本メーカーに追いついた技術力 中村 先日、新住宅パッケージ「PLATINUM」 […]
2022.10.21

「1位はあえて狙わない」倒産リスクを回避するカナディアン・ソーラーの戦略

1位になると破たんのリスクが上がるのはジンクスか? 中村 コモディティ化※した市 […]
2022.10.21

「カナディアン・ソーラーが撤退することは100%無い」世界戦略的にも重要な日本市場

日本市場からの撤退は100%無い 中村 今日はよろしくお願い致します。 山本社長 […]
2022.10.21

世界第3位、日本での海外メーカーNo.1カナディアン・ソーラー

カナディアン・ソーラー・ジャパン代表取締役 山本豊 氏にインタビュー ソーラーパ […]
2023.04.04

カナディアンソーラー(CS6V-245MS)の性能は?価格が安く性能がいい太陽光パネル

カナディアンソーラー(CS6V-245MS)の性能は? カナディアンソーラーはカ […]
2024.02.06

【2024年】カナディアン・ソーラー太陽光パネルの特徴と相場価格、メリットデメリットも詳しく解説

2001年にカナダで設立された太陽電池の総合メーカーです。現在カナダに1ヶ所、中国に7ヶ所生産拠点を持っています。生産能力は年1GWを超え、グローバルスタンダード化によるコストパフォーマンスとフレームだけで1枚あたり700kgの静圧荷重に耐える耐荷重性能で積雪地の多い日本には適しています。
2022.11.11

カナディアンソーラーCS6P265Mで7.95kWが334万円は見積金額として妥当でしょうか?

北海道在住ですが太陽光発電をいずれは付けたいと思って昨年家を新築した者です。 現 […]
2022.11.11

カナディアンソーラーは国産ですか?

高知県の方から太陽光発電についての相談を頂きました。 「カナディアンソーラーは国 […]
2022.11.11

カナディアンソーラー1.14kWで太陽光発電を導入するべきか?

今日の太陽光発電相談事例 埼玉県の方からの太陽光発電とオール電化の相談でした。 […]
2022.11.11

三菱電機がカナディアンソーラーにパワコンをOEM供給

太陽光&エコ情報あれこれ 三菱電機が「パワーコンディショナー」を、カナディアンソ […]
閉じる
ソーラーパートナーズ
お問い合わせ先